« 【格闘技】 「韓国では天使-日本では悪魔」秋山成勲(チュ・ソンフン)の「二つの顔」なぜ?[07/22] | トップページ | 【韓国】「母親姉妹が生んだ暴力」(光州)[07/23] »

2008年7月23日 (水)

【竹島問題】「我が国(韓国)も教科書に『対馬は韓国領土だ』と書いて、倭人が怒りでわめき叫ぶ様子を見て楽しもう」[07/22]


【竹島問題】「我が国(韓国)も教科書に『対馬は韓国領土だ』と書いて、倭人が怒りでわめき叫ぶ様子を見て楽しもう」[07/22]

1 :犇@犇φ ★ :2008/07/23(水) 00:56:46 ID:???
■向かい火作戦
   --- 尹ボンチュン(Fairfield Trade 代表)

日本の中学校学習指導解説書に、独島を日本領土として教えるようにするという内容が明記
され、韓日関係がまたもや揺らいでいる。

日本が韓国政府に外交文書を送って独島が日本領土だと主張したわけでもないが、韓国では
非常に興奮しているようだ。

人間社会では、力の強い者が自分より弱い者に訳もなく嫌がらせをすることが茶飯事だ。倭人
たちは国力が韓国より上だから、退屈ならば近くの韓国に余計なお節介をして、韓国人の心境
を逆なでするのだ。
倭寇たちは高麗時代から朝鮮王朝の壬辰倭乱(訳注:秀吉の朝鮮出兵の
こと)まで朝鮮半島を苦しめてきたし、今の定番メニューは慰安婦問題と独島問題だ。韓国の
教育科学技術部と国史編纂委員会は苦心しているが、私たちも対応する資料を捜して歴史
教科書に載せ、韓国の若者たちに正しい歴史観・価値観の定立のために自負心を植え付けて
あげねばならない。

筆者が小学校時代に国史の時間に習った、李従茂(イ・ジョンム)が対馬島(テマド)を征伐した(訳注:
応永の外寇のこと)という断片的記述が今も記憶の中に残っていて、その時どうして対馬島に
植民をしないで撤収したのかと残念に思った記憶もある。

我々の歴史を見れば、3回にわたって対馬島を征伐した事実があって、不毛の地だから撤収
したが朝鮮に服属して朝貢をした歴史の実録がある。

現在韓国の各新聞には様々な処方箋が出ていてこの問題を扱っており、韓国のある議員が
対馬島を我が国の領土だと力説したという記事があった、その程度では私たちの気が済まない。
対馬島の高い場所からは釜山港の明りが見えることからも分かるように、地理的にも日本より
韓国の方が近くの距離にある。

一つ質問しよう。大韓民国の教育科学技術部の教科部が、対馬島は我が国の領土だと韓国の
教科書に記述したら、どこが咎めるか? 山火事が起きたときは向かい火を放って火を消す。
韓国ドラマにも、夫が浮気をすると妻がまったく同じ浮気をして夫に復讐する通俗的内容が多い。
「目には目を、歯には歯を」式に、「対馬島は我が国の領土だ」と韓国の教科書で向かい火を
放とう。そして、わめき叫ぶ日人たちの様子を見て楽しもうではないか。


▽ソース:米州韓国日報(韓国語)(2008/07/22 05:43)
http://ny.koreatimes.com/article/articleview.asp?id=463000
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=20080722054305414j5&newssetid=1352



>日本が韓国政府に外交文書を送って独島が日本領土だと主張した
毎年のように抗議してるわけだけど。

こういう嫌がらせをしてホルホルしてやるって意図だけは日本人にはまね出来ない神経。

« 【格闘技】 「韓国では天使-日本では悪魔」秋山成勲(チュ・ソンフン)の「二つの顔」なぜ?[07/22] | トップページ | 【韓国】「母親姉妹が生んだ暴力」(光州)[07/23] »

竹島・対馬・日本海」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34209018

この記事へのトラックバック一覧です: 【竹島問題】「我が国(韓国)も教科書に『対馬は韓国領土だ』と書いて、倭人が怒りでわめき叫ぶ様子を見て楽しもう」[07/22]:

« 【格闘技】 「韓国では天使-日本では悪魔」秋山成勲(チュ・ソンフン)の「二つの顔」なぜ?[07/22] | トップページ | 【韓国】「母親姉妹が生んだ暴力」(光州)[07/23] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ