« 【韓国】「日本は歴史を直視し、不幸な過去を繰り返す愚を犯してはならない」李大統領が建国60周年演説[08/15] | トップページ | 【朝日新聞/社説】終戦から63回目の夏―「嫌日」と「嫌中」を越えて[08/15] »

2008年8月16日 (土)

【朝日新聞/社説】終戦から63回目の夏―「嫌日」と「嫌中」を越えて[08/15]


【朝日新聞/社説】終戦から63回目の夏―「嫌日」と「嫌中」を越えて[08/15]

1 名前:■依頼頂きました。@ケツすべりφ ★[sage] 投稿日:2008/08/15(金) 03:29:39 ID:???
北京五輪第3日の10日、柔道会場に日の丸が揚がり、君が代が流れた。日本人金メダル
第1号、内柴正人選手の表彰式だ。

中国人の観衆はどう反応するだろうか。一抹の不安を覚えながら、テレビの中継画面に
見入った人もいたに違いない。観衆の多くは起立し、メダリストたちの健闘に拍手を送った。


だが、わずか4年前にはこんなこともあった。中国で開催されたサッカーのアジア杯。
日本代表の試合では観衆の大半が相手チームの応援に回り、ブーイングが浴びせられた。
中国との対戦となった決勝では、試合後、日本選手団のバスは群衆に囲まれた。

■生々しい傷跡の体験

3年前に中国各地で起きた激しい反日デモの嵐も、まだ記憶に新しい。

そんな嫌日感情がまたいつか噴き出すことはないのか。五輪で繰り広げられる熱戦を
楽しみつつも、そんな不安がなかなかぬぐえない。

中国の人々の嫌日感情が戦争の記憶に根ざしているのは言うまでもない。

万里の長城に近い河北省張家口。都内で勤務する看護師の三瓶久美子さん(29)が
青年海外協力隊員として派遣され、この街の病院で働き始めたのは3年前の冬だった。
日中戦争時代、この街は戦略的要衝として日本軍に占領され、その支配は8年間に及んだ。

「日本人がここに何をしに来た」。自己紹介を終えるやいなや、病室のベッドに
横たわっていた老人たちからあがった怒声を、三瓶さんは今でもはっきり覚えている。

「日本軍の兵隊がおれに何をしたか知っているか」。ある老人はそう言って右手と右足に
残る刀傷を見せた。「日本兵は赤ん坊を刀で突き刺し、女たちに手を出したんだ」

いくつもの病室で、老人たちから向けられた怒りに満ちた視線。戦争のことを知識としては
学んできたつもりだった。だが、その心の傷の深さは想像をはるかに超えるものだった。

それでも日々の仕事をしつつ、老人たちから当時の話を聞き続けた。次第に彼らの表情が
和らいできた。2年後に帰国する際、老人たちが心底別れを惜しんでくれたように思えたという。

■抽象化する戦争の記憶

戦争についての直接の記憶を持つ世代は、どんどん減りつつある。代わって中国社会の
中心を担うのは、彼らの子や孫、ひ孫である。そうした世代の嫌日とは何なのか。

3年前、東京大学と北京大学の学生が「京論壇」と名づけた討論フォーラムを立ち上げた。
反日デモの激しさをまのあたりにした双方の学生たちが「日中関係をどうすればいいのか、
本音で語り合おう」と呼びかけ合った。

「日本人はよく軍部の独走などといった逃げ口上を用いるが、われわれから見れば日本は
日本、別物ではない」「戦前と戦後の日本の体制は連続しているのではないか」「日本企
業は質の悪い製品を中国に輸出している」


過去2回の討論会で、中国人学生からこうした発言が出たという。昨年の討論に参加した
山形宏之さん(25)は、中国側には思いこみや誤解も少なくないと痛感した。しかし、
決して単純な嫌日一色ではないことを知ったのも大きな収穫だったと話す。

かつての軍国主義を恨むと話す学生が、戦後日本の経済発展に対する羨望(せん・ぼう)を
語る。靖国神社について批判的な意見が多い中で、戦争で亡くなった肉親を思う遺族の
感情には理解を示す学生もいた。

戦後世代、とりわけ若者たちにとって戦争の記憶とは、多くがメディアや教育などを
通じてもたらされる。それだけに抽象的で、時として現実離れした理解をうんでしまう面も
免れない。その時その時の政治的要請を反映しやすくもなる。

中国の5大学の学生を対象にした06年度の世論調査では、「日本を主導する政治思潮」を
聞く質問に対し、53%が軍国主義と答えた。自由主義は18%、平和主義は9%しかなかった。

■若い世代の取り組み

日本社会の嫌中感情にも、似た側面があるのかもしれない。中国の現実よりも、思いこみや
毒入りギョーザのような「事件」に影響されやすいのは事実だろう。
大国化する中国への
反感と閉塞(へい・そく)感から抜け出せない日本自身へのいら立ち。嫌中と嫌日は今の
日中関係を映して、合わせ鏡のように共鳴しあっているのかもしれない。

互いの「嫌」感情を、どう乗り越えるか。今秋の「京論壇」第3回会合の準備に走り回る
北京大学の張一さん(19)は「自分たちが学校で受けた教育や家庭での影響などを
お互いがさらけ出し合ってはどうか。無理をして歩み寄るよりも、なぜ歩み寄れないのかを
知ることが大事だと思う」と語る。

認識がどこでずれていくのかを探り、柔軟な心で双方の「違い」に向き合っていく。
回り道のようだが、それが結局、信頼と友情を手にするための王道なのだろう。時代とともに、
そうした違いの中身も急速に変化していくとなれば、なおさらだ。

中国と日本との間ではこれからもさまざまな摩擦があろう。だが、嫌日と嫌中が
ぶつかり合うのは不毛である。

終戦から63回目の夏。五輪が象徴する中国の台頭は、日中関係にも新たな発想を迫っている。
若い世代の取り組みにそのひとつの芽を見る。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html



中国人の観衆はどう反応するだろうか。一抹の不安を覚えながら、テレビの中継画面に
見入った人もいたに違いない。観衆の多くは起立し、メダリストたちの健闘に拍手を送った。



139 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2008/08/15(金) 07:59:34 ID:/pofchph
>>1
> 柔道会場に日の丸が揚がり、君が代が流れた。
> 観衆の多くは起立し、メダリストたちの健闘に拍手を送った。

ttp://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1780.html
「司会者の“国歌斉唱。皆さま、ご起立ください”の声で、選手やその家族、JOC関係者らは一斉に立ち上がりました。
記者席は会場の最後部に用意されていたんですが、もちろん、記者も席を立ちましたよ。でも、1人だけ、
座ったままの記者がいました」(現場に居合わせた記者)」と。足組みしたまま、座っている記者の写真が掲載されている。

ttp://blog-imgs-21.fc2.com/s/p/e/specialnotes/asahi20080807shincho.jpg
週刊新潮誌の記事(8月7日号)

 云く、「それは、朝日新聞編集委員の岩井克己氏です。60歳を過ぎても皇室担当をしている名物記者ですよ」とある。
「困ったちゃん」世代の1人である。



日本企業は質の悪い製品を中国に輸出している


笑うところですか?



日本社会の嫌中感情にも、似た側面があるのかもしれない。中国の現実よりも、思いこみや
毒入りギョーザのような「事件」に影響されやすいのは事実だろう。


事件のせいなどにするとかどれだけ脳みそ腐ってるんだと
中国の現実を見た結果がそうなったことを自覚したら。事件だって現実でしょ
現実的に中国の傲慢な態度などが浮き彫りになって嫌がってるんでしょ。

朝日らしい気持ち悪い文章でした。

« 【韓国】「日本は歴史を直視し、不幸な過去を繰り返す愚を犯してはならない」李大統領が建国60周年演説[08/15] | トップページ | 【朝日新聞/社説】終戦から63回目の夏―「嫌日」と「嫌中」を越えて[08/15] »

中国」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34204602

この記事へのトラックバック一覧です: 【朝日新聞/社説】終戦から63回目の夏―「嫌日」と「嫌中」を越えて[08/15]:

« 【韓国】「日本は歴史を直視し、不幸な過去を繰り返す愚を犯してはならない」李大統領が建国60周年演説[08/15] | トップページ | 【朝日新聞/社説】終戦から63回目の夏―「嫌日」と「嫌中」を越えて[08/15] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ