« 韓国の天気予報、外れるのには理由あり | トップページ | 【韓国】”ノムヒョン米”大ブレイクの予感・・・発売開始前で既に1000人の予約[10/13] »

2008年10月14日 (火)

申潤福は日本の天才画家・東洲斎写楽だった?

申潤福は日本の天才画家・東洲斎写楽だった?( by 中央日報 )

  フィクションの想像力が翼を広げる。 恵園・申潤福(シン・ユンボク)が男装女性だったという仮説に続き、申潤福が1794年に日本で活動した画家「東洲斎写楽」だったという仮説が、作家キム・ジェヒ氏の長編小説「色、写楽」(レッドボックス)に登場した。

  イ・ヨンヒ韓日比較文化研究所長が「もう一人の写楽」という本で檀園・金弘道(キム・ホンド)が写楽と同一人物だったと主張したが、今回は申潤福が小説の中で写楽として華麗に再誕生したのだ。

  写楽は1974年、日本の江戸で、10カ月間で100点を超える風俗版画(浮世絵)を残して潜伏した伝説的な画家。 当時、日本では歌舞伎が盛んに行われていたが、写楽は歌舞伎俳優の生き生きとした姿や紅灯街の女性の華麗な姿を描いた。 妓女を描いた申潤福と素材の選択で通じる。 明澄な色の版画も、大胆に色を使う申潤福と似ている。 さらに作家のキム・ジェヒ氏は、申潤福が金弘道の絵を数多く摸写したという事実に着眼し、申潤福は金弘道の弟子で、正祖の密命を受けて日本に派遣されると いう設定を加えた。

  それならキム・ジェヒ氏はなぜ金弘道ではなく申潤福を写楽と設定したのか。これについてキム・ジェヒ氏は「当時すでに50歳代 だった金弘道が写楽のように活発に活動するのは難しかった。 むしろ30歳代の申潤福が日本で写楽として活動し、自由で大胆な画風を見せたと推察した」と語った。 日本で風のように消えた申潤福はまた朝鮮に戻り、畢生の力作「美人図」を完成したという推測も加えた。

  もちろんこうした仮説はあくまでも‘仮説’にすぎず、学界の定説ではない。 ソウル歴史博物館の金右臨(キム・ウリム)館長は「申潤福が写楽だったという説は学術的に立証されたものではない」と述べた。 「金弘道=写楽」説も同じだ。 しかし漂う風のような人生がベールに包まれているため、申潤福の人生は今日の多くの芸術家がはまってもがく想像力の源泉になっている。


相変わらずファンタジー小説をベースに歴史を語る国だこと。

« 韓国の天気予報、外れるのには理由あり | トップページ | 【韓国】”ノムヒョン米”大ブレイクの予感・・・発売開始前で既に1000人の予約[10/13] »

韓国」カテゴリの記事

ウリナラファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 申潤福は日本の天才画家・東洲斎写楽だった?:

« 韓国の天気予報、外れるのには理由あり | トップページ | 【韓国】”ノムヒョン米”大ブレイクの予感・・・発売開始前で既に1000人の予約[10/13] »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

無料ブログはココログ