« 【歴史】日本の明治維新を可能にしたのは、朝鮮の朱子学者・退渓の思想だった … 韓国紙 [03/07] | トップページ | 【韓国歴史】 写真でイメージが歪まされた大韓帝国~朝鮮皇室侮辱の意図、日本が緻密に計算[03/07] »

2009年3月 9日 (月)

【歴史】日本の明治維新を可能にしたのは、朝鮮の朱子学者・退渓の思想だった … 韓国紙 [03/07]

【歴史】日本の明治維新を可能にしたのは、朝鮮の朱子学者・退渓の思想だった … 韓国紙 [03/07]

1 :犇@犇φ ★:2009/03/07(土) 20:18:48 ID:???
■士大夫(ソンビ)精神・韓国精神

「低く暮らし、高く考える。」 生活は質素にするが心は風雅で悠悠自適にするのが
真の人間の高潔な生活である、という士大夫精神の極致が、「敬」思想だ。「敬」は
学問の一方法として、真理を理解して道徳的主体を確立する門だと考えられていた。
退渓李滉に至って、この「敬」の概念が世界観・人間観を含んだ哲学体系の核心に
なり、「敬哲学」として成立した。退渓は「敬哲学」を確立することで、儒学をより個性
ある実践哲学・士大夫精神として集大成した思想家だと言える。<中略>

東京大学の阿部吉雄教授は言う。「朝鮮の退渓李滉の敬思想は、徳川政権のイデ
オロギーに大きな影響を与えた。また、明治維新の原動力になった山崎闇斎学派、
横井小楠や元田永孚などは、退渓を神様のように尊敬していた。こうした事実を、
今日の日本人たちは決して忘れてはなるまい。これを忘れては、日本文化が依って
立っている精神的基盤を完全に見失うことになるからだ。」

明治維新は、退渓の敬思想が教育を通じて普及することで可能だった。西洋文明が
潮のさすように押し寄せる明治初期には、孔孟の教えを排斥する一方で国粋主義・
復古主義が起きた。そんな両極端の間で天皇を補佐したのが元田永孚だった。教育
を直さねば日本の将来は無いと考えた天皇は明治12年、元田に「教学大旨」を下す
ように命じた。この「教学大旨」が明治23年に「教育勅語」として公布され、退渓の
敬思想が日本の近代教育に具体的に導入されるに至った。

歴史学者の韓永愚(ハン・ヨンウ)は最近、光化門文化フォーラムでこう語った。「過去100
年間、西欧化が進んで物質的豊かさを得たが、精神的自信感は喪失した。ある時は
歴史の全面に出て火のような精神で時代に号令し、ある時は田舎に蟄居して深みの
ある思索で時代を支えた士大夫たち。天が崩れても原則を守って民の生を抱きしめ、
道徳と良心のために全ての栄誉を未練なく捨てた士大夫精神が、今こそ必要だ。」

私たちは今、政治・経済・教育の価値体系が動揺して浅薄な権謀術数・腐敗が蔓延
する偽装時代に生きている。大義のために命をかけて欲を捨てる士大夫精神、即ち
韓国精神を、切望する。 【コ・ジョンイル / 小説家】

▽ソース:文化日報(韓国語)(2009-03-07 09:30)
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2009030701032237191002
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=021&aid=0001984645
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2009030709170947716&newssetid=517
影響を与えた割には本国はあれか。

« 【歴史】日本の明治維新を可能にしたのは、朝鮮の朱子学者・退渓の思想だった … 韓国紙 [03/07] | トップページ | 【韓国歴史】 写真でイメージが歪まされた大韓帝国~朝鮮皇室侮辱の意図、日本が緻密に計算[03/07] »

電波」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34208256

この記事へのトラックバック一覧です: 【歴史】日本の明治維新を可能にしたのは、朝鮮の朱子学者・退渓の思想だった … 韓国紙 [03/07]:

« 【歴史】日本の明治維新を可能にしたのは、朝鮮の朱子学者・退渓の思想だった … 韓国紙 [03/07] | トップページ | 【韓国歴史】 写真でイメージが歪まされた大韓帝国~朝鮮皇室侮辱の意図、日本が緻密に計算[03/07] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ