« 【韓国】「金剛山に日帝が打ち込んだ鉄杭を全て抜くのが希望」 25年間全国で280本を抜いたソ・ユンハ氏[05/24] | トップページ | 【韓国】 フィンランド紙「ソウルはアジアのニューヨーク」~韓国食、ヨーロッパで健康食品として浮上[05/23] »

2009年5月25日 (月)

【在日】「7歳で日本に来て、62歳で初めて鉛筆を持った」ハルモニたちが日本語学び15年「青春学校」が記念の集い-八幡西区[05/24]

【在日】「7歳で日本に来て、62歳で初めて鉛筆を持った」ハルモニたちが日本語学び15年「青春学校」が記念の集い-八幡西区[05/24]
1 :イマジンφ ★ :2009/05/24(日) 11:42:52 ID:???

貧困や家庭の事情で小中学校に通えなかった在日コリアンや日本人が、日本語の読み書きなどを学ぶ
八幡西区鷹の巣の自主夜間学校「青春学校」が開校15周年を迎え23日、教室を開いている穴生市民
センターで15周年の集いを開いた。

学習者のお年寄りたちや、講師役を務めるボランティアの大学生や経験者など約100人が出席し会食の後、
スライドを見ながらこれまでの歩みを振り返り、学習者一人一人が決意表明し、15周年を祝った。

世話人代表の北九州市立大の稲月正教授は「『私には青春がなかった』というハルモニ(おばあさん)の思い
から始まった青春学校。なぜハルモニが日本語を学ぶのか、なぜこの歳で学校に通うのかを考え、これから
も歩を進めましょう」とあいさつした。

開校当時から参加している小倉北区日明、田中礼子さん(76)は「7歳で日本に来て、62歳で初めて鉛筆を
持った。これからはもっと漢字を覚えていきたい」と、決意を表明。講師の福岡教育大3年前田沙希さん(20)
は「一緒に頑張りましょう」と声をかけた。

青春学校は北九州市立大の教授らを中心に1994年に開校。現在、同大や福岡教育大の学生や社会人
ボランティア講師となり、約20人が学習している。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20090524/200905240007_000.jpg
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/97614
ソース:西日本新聞
不法にわたってこない限り、あの時代の日本・半島は義務教育受けれたと思いますが。

« 【韓国】「金剛山に日帝が打ち込んだ鉄杭を全て抜くのが希望」 25年間全国で280本を抜いたソ・ユンハ氏[05/24] | トップページ | 【韓国】 フィンランド紙「ソウルはアジアのニューヨーク」~韓国食、ヨーロッパで健康食品として浮上[05/23] »

在日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34206005

この記事へのトラックバック一覧です: 【在日】「7歳で日本に来て、62歳で初めて鉛筆を持った」ハルモニたちが日本語学び15年「青春学校」が記念の集い-八幡西区[05/24]:

« 【韓国】「金剛山に日帝が打ち込んだ鉄杭を全て抜くのが希望」 25年間全国で280本を抜いたソ・ユンハ氏[05/24] | トップページ | 【韓国】 フィンランド紙「ソウルはアジアのニューヨーク」~韓国食、ヨーロッパで健康食品として浮上[05/23] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ