« 【北・核問題】「韓国も保有するのが北に放棄させる道」 韓国政界に「核主権論」急浮上[05/28] | トップページ | 【長崎】「日本人はアジアを侵略した事実をきちんと理解し記憶することが必要」…北の核実験は悲しい フライゼさんが平和発信[05/28] »

2009年5月29日 (金)

【韓国】アニメ一つで世界の子どもたちのハートをキャッチ フランスで視聴率47%、世界90カ国で放送の韓国アニメ「ポロロ」[05/28]

【韓国】アニメ一つで世界の子どもたちのハートをキャッチ フランスで視聴率47%、世界90カ国で放送の韓国アニメ「ポロロ」[05/28]

1 :はるさめ前線φ ★ :2009/05/29(金) 06:51:07 ID:???
アニメ一つで世界の子どもたちのハートをキャッチ

 今月15日午後、ソウル市衿川区加山洞の情報技術(IT)キャッスル第2タワー18階にある、
(株)アイコニックス・エンターテインメントのスタジオ。約 132平方メートルの事務所2カ所では、
子ども用アニメ『ポロンポロン・ポロロ-シーズン3』の制作が進められていた。
ポロロは2004年、フランスの放送局TF1で視聴率47%という驚異的な記録を打ち立て、
世界90カ国で放送されている韓国の大ヒットアニメーションだ。

 ランニングタイム5分のアニメーション1編は、コンピューターグラフィック(CG)デザイナー20人が
力を合わせて取り掛かっても大変な作業だ。絵コンテ→デザイン→3D→カラー→アニメーション→合成
という複雑な工程が必要なため、チームワークが何よりも大切だ。まずシナリオを基に4コマ漫画形式の
絵コンテを作り、キャラクターと背景の画面、小道具を描く。次にここで描かれた絵を、3Dグラフィックに描き直し、
1秒当たり30フレームが動くアニメーションにする。現在、韓国をはじめ、中国や東南アジア、ヨーロッパ、南米の
子どもたちが『ポロンポロン・ポロロ-シーズン3』を首を長くして待っている。

http://file.chosunonline.com//article/2009/05/28/325090481964133542.jpg
「世界の子どもたちが喜んでいるということだけで無限の喜びと希望を感じる」と話すアイコニックスの
ポロロ制作チーム。写真左からファン・ウジュン・プロデューサー、チェ・ヒョンミョン課長、
キム・ジヨン・プロデューサー、チェ・サンヒョン課長、キム・ウォンジョン部長。/写真=イ・ジンハン記者

◆寝食を共にする「ポロロ家族」に

 「ポロロ」シリーズが世界的にヒットしたのは、制作チームのチームワークのお陰だ。
「ポロロ」制作チームは当初、グラフィックデザイナー、アニメーション監督、漫画家など、
それぞれ分野の違う専門家たちで構成されていた。しかし同シリーズがヒットするにつれ、
今では寝食を共にする「ポロロ家族」となった。共通点は、全員漫画や絵が好きな1970年生まれということだけだ。

 演出とコンテを担当しているチェ・ヒョンミョン課長(36)はアニメを制作しながら、独立映画の監督を夢見てきた。
韓国芸術総合学校に在学中、韓国アニメーション大賞で優秀賞、国際アニメーション・フェスティバルの
「ANSIフェスティバル」などで受賞した経歴を持つ。チェ・サンヒョン課長(35)は背景と小道具、
人物の質感や色などを担当している。

 「どうしてペンギンやホッキョクグマと、砂漠に住むはずのフェネックギツネが同じ村で暮らしているのか」と聞くと、
「そういう論理的な疑問を抱く必要がないのが子どもたちの世界。僕たちもアニメを作るときは童心に返る」と話す。

 少女漫画家でもあるキム・ジヨン・プロデューサー(38)は、「インターン社員として入社したが、『ポロロ』チームで
仕事がしたくてこの会社に残った。わたしたちは70年代に生まれ、当時テレビで放送されていたアニメーションを
見て育ったせいか、情緒的な共通点が多い」と話す。キム・ウォンジョン部長(36)=海外事業担当=は、
「現在のチームは『子どもたちが喜んでいる』という事実だけで喜びを感じることができる人たちで
構成されている」と話した。

◆わが子をモデルにして描いた童心の世界

 チェ・ジョンイル代表(45)も「ポロロ」シリーズの成功には欠かせない人物。「ポロロ」というキャラクーは
チェ代表が誕生させた。広告会社「金剛企画」でアニメーション・チーム長を務めていたチェ代表は、
2001年に独立し会社を設立したが、自ら手掛けた作品はすべて失敗した。

 03年に社員6人とともに「これで最後」という思いで作った「ポロロ」シリーズ。チェ代表は「これまでどうして
失敗したのか考えていたとき、まだ言葉を話せない幼児も一緒に楽しめるアニメが少ない、ということに
気がついた。そこで当時、7歳と4歳だったうちの子どもたちが遊ぶ姿を見ながらシナリオを書いてみた」と話す。
「ポロロ」は3-5歳の子どもたちの視線で世の中を見ているため、特定国家や文化の特徴を超越することが
できた。これが世界市場を攻略できる最高の武器となった。チェ代表は「制作の段階で海外への販売を
念頭に置いていた。今でも世界地図を開き、まだ攻略できていない市場を開拓している」と話した。

◆新しく開かれた付加版権市場

 世界的な成功を手にした今、キャラクター商品など付加版権という新たな収益源を確保した。
アイコニックスが「ポロロ」シリーズのキャラクターを使った玩具・子ども用品企業、食品会社などから受け取る
ロイヤルティー収入は年間100億ウォン(約7億5000万円)に上る。通常、出庫価格の4%を受け取ると考えると、
「ポロロ」のキャラクター商品の売上高は5000億ウォン(約380億円)ということになる。現在、韓国企業150社で
500種以上の商品が作られており、海外からの問い合わせも相次いでいる。また、フランス系のリゾート会社
「クラブメッド」は、インドネシア・バリやタイ・プーケット、シンガポール・ビンタン島などでポロロのキャラクターを
起用した子どもキャンプを開催した。

■『ポロンポロン・ポロロ』

 アイコニックスとオコン、SKブロードバンド、EBSが共同投資して制作した児童対象の3DCGアニメーション。
子どもペンギン「ポロロ」とホッキョクグマ、キツネ、ビーバー、恐竜の子どもたちが一緒に暮らす村の物語。
2003年11月からEBSで放送開始。

シン・ドンフン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2009/05/28 08:47:27
http://www.chosunonline.com/news/20090528000013
http://www.chosunonline.com/news/20090528000014


« 【北・核問題】「韓国も保有するのが北に放棄させる道」 韓国政界に「核主権論」急浮上[05/28] | トップページ | 【長崎】「日本人はアジアを侵略した事実をきちんと理解し記憶することが必要」…北の核実験は悲しい フライゼさんが平和発信[05/28] »

妄想」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34207555

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】アニメ一つで世界の子どもたちのハートをキャッチ フランスで視聴率47%、世界90カ国で放送の韓国アニメ「ポロロ」[05/28]:

« 【北・核問題】「韓国も保有するのが北に放棄させる道」 韓国政界に「核主権論」急浮上[05/28] | トップページ | 【長崎】「日本人はアジアを侵略した事実をきちんと理解し記憶することが必要」…北の核実験は悲しい フライゼさんが平和発信[05/28] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ