« 【映画】韓国の大統領が日本の首相にキムチと焼肉のもてなしを受けながら“和食”自慢をされると…[06/05] | トップページ | 【日本海名称】 ウィーン大教授「帝国主義批判の観点から‘東海表記’広報を・・・‘韓日海’はどうか」[06/03] »

2009年6月 6日 (土)

【韓国芸能】チョン・ジヒョン「ラストブラッド」、日本でも歓迎されなかった理由[06/05]

【韓国芸能】チョン・ジヒョン「ラストブラッド」、日本でも歓迎されなかった理由[06/05]
1 :東京ロマンチカφ ★:2009/06/05(金) 14:55:49 ID:???
チョン・ジヒョンの海外進出作で関心を集めていた「ラストブラッド」(原題 BLOOD THE LAST VAMPIRE)が
4日、記者試写会を通じていよいよ国内で初公開された。

日本で5月29日に公開され、第1週週末ボックスオフィスでは10位圏内にも入らなかったが、
チョン・ジヒョンの初の英語での演技を見るために多くの取材陣が集まった。

上映時間86分の分量だった。長編映画が平均100分以上であることを勘案すれば15分ほど
短かった。上映時間が相対的に短く、ドラマがすべて現れることなく中間で切られるような感じを与えた。

バンパイアハンター、サヤを演じたチョン・ジヒョンは、最初から最後まで刀を振り回すアクション演技を
見せた。雨降る通りで、突如現われたバンパイアのような人間たちと争い、バンパイアから気持ちの
悪い獣に突然変身した化け物と対決した。バンパイアあるいは妖怪(字幕は妖怪と表現)の親分である
オニゲン(小雪)との終盤の対決も険難な旅程に比べ、長くなかった。

アクションは、表は派手に見えてもリアリティーに欠けた。チョン・ジヒョンの重要なアクションシーンは
大部分スローモーションで処理された。ワイヤシーンが多く、やや不自然にも見えた。多くの妖怪たちを
一振りで斬り倒すがやや無理があるようにも見えた。

チョン・ジヒョンの英語のセリフはそれなりに良かった。セリフ1行を100回練習したという言葉も納得
できた。しかしあまり発音にばかり気を使ったあげく、機械的で断絶的だった。感情移入まで期待する
のは難しかった。

ひとまず今回はチョン・ジヒョンの海外挑戦に意を置かなければならないようだった。日本で非常に
有名なアニメーションの巨匠である押井守の原作というプレミアムがあっても日本で興行に成功でき
なかったのは、すべてそれだけの理由があるようだった。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=116265&servcode=700&sectcode=730


【韓国芸能】チョン・ジヒョン、「サヤは日本人?韓国代表という覚悟で臨んだ」[06/04]
こんな姿勢の奴がやってるからでしょ。

« 【映画】韓国の大統領が日本の首相にキムチと焼肉のもてなしを受けながら“和食”自慢をされると…[06/05] | トップページ | 【日本海名称】 ウィーン大教授「帝国主義批判の観点から‘東海表記’広報を・・・‘韓日海’はどうか」[06/03] »

その他」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34207805

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国芸能】チョン・ジヒョン「ラストブラッド」、日本でも歓迎されなかった理由[06/05]:

« 【映画】韓国の大統領が日本の首相にキムチと焼肉のもてなしを受けながら“和食”自慢をされると…[06/05] | トップページ | 【日本海名称】 ウィーン大教授「帝国主義批判の観点から‘東海表記’広報を・・・‘韓日海’はどうか」[06/03] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ