« 【韓国/食】「韓国料理はデザイン、食べる礼法も重要」 韓国-アセアン首脳会議で提供した昼食を担当したアン・ジョンヒョンさん[06/07] | トップページ | 【韓国芸能】時代考証なしの韓国ドラマが他国の反韓感情生む 安易な設定が歪曲へ[06/07] »

2009年6月 8日 (月)

【日韓】 日本の「マツリ(祭)」の由来は「マッドゥドリ」~イ・ナムギョの日本語源流散歩22[06/03]

【日韓】 日本の「マツリ(祭)」の由来は「マッドゥドリ」~イ・ナムギョの日本語源流散歩22[06/03]
1 :蚯蚓φ ★:2009/06/07(日) 16:36:51 ID:???

人々は日本を「マツリ(祭)天国」とも言う。一年中日本のどこかでマツリが行われているからだ。こうい
う「マツリ」は規模の大小を問わず地域の人々の心を一つにして、人生の楽しみを感じさせるうえで大
きく寄与する長所を持っている。こういう生活の楽しみを一ヶ所に集めて、人生の大きな幸福に編み
出そうとする日本人の人生の姿勢から来る「マツリ」。

怠惰になりがちな単調な毎日に変化をつけて、また人生に活力を呼び込んで村の団結を追求するに
あたって、絶対に必要な「マツリ」の語源はどこからきたのだろうか?

古代には政治と祭事が同じ性質を持っていた。民を治めるということは、神に祈り、豊作になって飢え
をなくし、また病気がはやく完治するように祈ること等で、これは政治をする人、すなわち天皇の最も
大きな役割だった。このため、政の漢字の意味は「祭=マツリ」を内包しており、祭と政を一緒に行う時
には必ず祭を先に書いて「祭政一致」とし、政よりも祭をさらに重視したことが分かる。したがってマツ
リの起源は本来は神を楽しくさせるための一つの「祭祀儀式」であったが、これが順次変質して、人々
どうしで楽しむ祭りになったのだ。

後漢書「東夷伝」を見れば、満州一帯を支配した夫余族は毎年11月頃に各部族がみな一ヶ所に集ま
って、天に祭祀を行って酒を飲んで歌う「迎鼓」という習俗があったという。「迎(ヨン)」は韓国語で「マ
ッタ(合う・一致する)」」であり、「鼓(コ)」とは「プク(太鼓)」という言葉で、日本語では「ツツミ」で、日本
古代語の万葉仮名では太鼓を「トゥトゥミ」と記録している。「マッドゥドリダ(たたく)」の日本語は「タタ
ク」で、これも「トゥドリギ→トゥドギ→タタク」に変わったものであり、この「トゥドリダ」の「トゥドリ」が変わ
って「トゥトゥミ」になったのだ。「迎鼓」という漢字を韓国語にすれば「マッドゥドリ(合って差し上げる)」
になり、これが「マッドゥドリ→マッドゥリ→マツリ」に変形されたのだ。したがって日本のマツリに太鼓
は必需品だ。


また一つ、私たちの「マジ(迎)、マズリ(合う)」が変わった祭礼型マツリがある。これは祭りとは違って
神社で行う祭礼儀式の「マツリ」だ。昔、田舎で正月や小正月ならば小さな明かりを持って月の浮かぶ
小山に上がり、敬けんな気持ちで迎えた「月見」、田舎の若い女性の慎ましい美しさを感じさせる「春
の迎え」のような風習は私たちの古くなった美風良俗だ。

このような敬けんな意味が内包されている「マジ」は日本に行って祭りの「マツリ」ではなく、神社の「マ
ツリ」、すなわち祭事の「マツリ」へと続いて、今日日本の神社でなされる厳粛な祭礼儀式になったのだ。

慶一大総長・イ・ナムギョ
http://www.imaeil.com/news_img/2009/column/20090602_151028000.jpg

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩22]マツリ(祭)の由来
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=24848&yy=2009

関連スレ:【日韓】みこしの“ワッショイ”の掛け声は、韓国語の語源の“ワッソ”★2〔11/29〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1133271367/

寝言は寝て言え

関連
[李南教の日本語 源流 散歩] 悲しみの語源は韓国語のガーナシミー(貧乏民)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=23567&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] イソハラ (磯原) → 対馬・磯原の語源は韓国語の「オムワン」
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=22275&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 日本語の「恨み」の語源は韓国語の「泣く」
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=21099&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 大伽揶の山笠→邪馬台国、大和の語源は韓国語の「土台」。スサノオノミコトは新羅の神様。
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=19080&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩 15] ソウルと早良→福岡県早良区の由来はソウル。アマテラスオオミカミはソウルの女王
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=16858&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] モメン(木綿)とヤナギ(柳)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=15674&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 日本語の「楽しい」の語源は韓国語の「端午」
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=12182&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩]日本語の「幸せ」の語源は古代韓国語の「シワッオ(米)」。日本の神社の神は皆韓国人
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=11000&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] イネとタンポポ→鋤、鎌、肥、鍬、菜、束・・・日本の農耕用語は韓国語
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=9866&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 「さらさら」「パタパタ」などの擬態語は韓国起源。日本語は笑いの表現が少ない
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=8718&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 「いらっしゃい」は慶尚道のアクセント。日本語の「ありがとう」は古代韓国語に由来
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=6401&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 「見舞い」は古代韓国の厄除けに由来
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=3855&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 唾'が変形されて「ちちんぷいぷい」に。古代医術の韓国伝来説を立証
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=3204&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 「ワッショイ」は渡来人が新天地に無事に到着した喜びの歓呼の声
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=2014&yy=2009
[李南教の日本語 源流 散歩] 「せーの」「甘い」「たまご」「我孫子」などはすべて韓国語が起源
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=886&yy=2009



« 【韓国/食】「韓国料理はデザイン、食べる礼法も重要」 韓国-アセアン首脳会議で提供した昼食を担当したアン・ジョンヒョンさん[06/07] | トップページ | 【韓国芸能】時代考証なしの韓国ドラマが他国の反韓感情生む 安易な設定が歪曲へ[06/07] »

捏造」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34207791

この記事へのトラックバック一覧です: 【日韓】 日本の「マツリ(祭)」の由来は「マッドゥドリ」~イ・ナムギョの日本語源流散歩22[06/03]:

« 【韓国/食】「韓国料理はデザイン、食べる礼法も重要」 韓国-アセアン首脳会議で提供した昼食を担当したアン・ジョンヒョンさん[06/07] | トップページ | 【韓国芸能】時代考証なしの韓国ドラマが他国の反韓感情生む 安易な設定が歪曲へ[06/07] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ