« 【北・ミサイル】麻生首相「我々は戦うべき時は戦わねばならない。その覚悟を持たなければ、国の安全守れぬ」[06/07] | トップページ | 【日韓】日本のアニメソング歌手に熱狂する韓国のファンたち 「JAM Project」韓国公演[06/07] »

2009年6月 8日 (月)

【日韓】日本の大学へ向う韓国の学生たち 日本政府「外国人留学生30万人」目標、奨学金や生活支援を掲げ全国の高校でPR[06/07]

【日韓】日本の大学へ向う韓国の学生たち 日本政府「外国人留学生30万人」目標、奨学金や生活支援を掲げ全国の高校でPR[06/07]

1 :はるさめ前線φ ★:2009/06/07(日) 11:10:16 ID:???
日本の大学へ向う韓国の学生たち

「外国人留学生30万人」を目標、奨学金や生活支援を掲げ全国の高校でPR
就職・創業支援も

 チョン・ジュヒョンさん(19)は今年2月、京畿道安山市の東山高校を卒業し、すぐに早稲田大へ
進学した。昨年1年間にチョンさんを含め、同校の生徒7人が日本の大学から合格通知を受け取った。
なお、同校には特別な留学クラスはない。

 同校のキム・ジェヨン教頭(55)は「3年前から毎年、早稲田大の関係者たちが本校を訪れ、
入学説明会を開いている。日本の大学へ進学する卒業生は、2000年に一人が進学して以来、
毎年増え続けている」と話す。

 早稲田大は07年、東山高との間で、毎年二人の生徒の推薦枠を付与する協定も締結した。
キム教頭は「韓国に事務所すらない早稲田大の職員たちが、日本と韓国を行き来しながら、
韓国の優秀な高校生たちを集める様子を見て驚いた」と話している。少子・高齢化が進む中、
海外の優秀な人材を確保するための国家レベルの競争が本格化している。
研究員や技術者だけでなく、今や高校を卒業したばかりの若者たちまで攻略の対象としている。
こうした取り組みに最も積極的な姿勢を見せているのが、韓国の隣国である日本だ。

 日本政府は2008年、「外国人留学生を30万人誘致する」をいう計画を発表した。
現在は11万8000人程度となっている日本国内の外国人留学生を、20年までに30万人まで
増やすという計画で、文部科学省、外務省、経済産業省、厚生労働省などが共同で発表した。

 出生率が低下し、就学年齢の人口が減少しているため、海外から若いエリートを呼び込み、
日本経済の再生に向けた原動力にしていこうというわけだ。計画では▲外国人留学生が日本に
入国していなくても、母国で入学手続きを行うことができるよう、出入国制度を見直す
▲入国後1年間、留学生たちが住む場所を提供する▲留学生たちが学業を終えた後、
日本企業に就職したり、日本で起業できるよう支援していく-といった案が盛り込まれている。

 現代経済研究院のイ・ブヨン実体経済室長(40)は「1990年代、“失われた10年”といわれる
長期不況とそれに伴う賃上げの凍結で、人材の流出が深刻化した日本が、
再起をかけて海外の人材の獲得に乗り出している。理工系離れの深刻化や学齢人口の減少に
悩んでいる日本では、数学や物理、化学といった分野で日本よりも学力が高い韓国の人材は
魅力的に感じられるようだ」と指摘した。

 実際、教育科学技術部の資料によると、語学研修を含め、日本の大学で学んでいる
韓国人留学生の数は、06年の1万5158人から、昨年は1万7274人に増えた。
大学に留学中の韓国人学生数の順位を見ると、日本は06年、米国、中国、イギリス、
オーストラリアに次いで5番目だったが、昨年はイギリスとオーストラリアを抜き、
米国・中国に次ぐ3位となった。

 日本では政府だけでなく、民間企業の取り組みも際立っている。日本の大学は韓国の優秀な
学生を獲得するため、韓国の大学に挑戦状を叩きつけるほどの積極的な動きを見せている。

 「済州外国語高・大静女子高(6日)、釜山外国語高(7日)、浦項製鉄高(8日)、
大邱外国語高(14日)、釜山国際外国語高・釜山国際高(15 日)、麗水忠武高(18日)…」。
ソウル・江南駅近くのビルにある、立命館アジア太平洋大(APU)のソウル事務所の壁には、
全国の高校14校の名前がぎっしりと書かれた「5月の予定表」が掲げられていた。
APUソウル事務所のユン・チャンボム部長(40)は、「韓国の優秀な学生たちを獲得するため、
全国の高校を回って説明会を開いている。先月は20校を回った。1年間では200校の高校を
回っている」と話した。

 APUは、京都にある名門・立命館大が大分県別府市に設立した大学で、世界中から留学生を
受け入れ、また教員の約半数が外国人というのが大きな特徴だ。ソウル事務所を開設したのは
1998年だが、入学の問い合わせが大幅に増えたのはここ数年間のことだ。日本の大学が
韓国の学生を呼び込む上で最も貢献しているのは「奨学金」だという。日本の文部科学省は
07年から、経済産業省や14の企業、地方自治体などと共同で「グローバル・ビジネス・リーダー
育成プログラム(GBL)」を展開している。日本企業で働くことを希望している外国人留学生の
学費を免除し、生活費を毎月12万6000円ずつ支給するというものだ。

 APUソウル事務所のユン部長は「大学内外から支給される奨学金を目当てに日本の大学へ
進学する韓国の学生のうち、65%は奨学金を受け取っている。日本の大学へ進学しようという
学生たちのレベルも毎年上場の一途をたどり、出願する学生たちのTOEIC
(国際コミュニケーション英語能力テスト)の成績は850点に達している」と話す。
さらにユン部長は「今年APUを卒業した韓国人学生約100人のうち、大学院に進学した学生
(約40人)を除き、残る60人中57人が、パナソニックや富士通などの大企業に就職した」と付け加えた。

 在韓日本大使館によると、APUのほかにも、現在日本の大学4校がソウルと釜山に事務所を
置いている。これらの大学は日本政府や大学本部と協力し、韓国語のホームページを開設して、
日本語教育や奨学金の案内だけでなく、日本での就職の支援まで行っている。

 ソウル大入学管理本部のキム・ギョンボム研究教授(44)は「昨年、早稲田大を訪問したとき、
韓国人の学生が500人を超えるという話を聞いて驚いた」と語った。その上でキム教授は
「留学生たちが卒業後に韓国へ帰ってくれば、韓国経済の活力の源になり得るだけに、
海外の大学への進学について、一方的に“人材の流出だ”と批判することはできない。
各国が優秀な人材をより多く獲得しようと競争を繰り広げている今、韓国も海外の優秀な人材を
呼び込む取り組みをしていくべきだ」と話している。

http://file.chosunonline.com//article/2009/06/07/534325718429331973.jpg
今月4日、立命館アジア太平洋大学のソウル事務所(ソウル市江南区駅三洞)のスタッフたちが、
秋学期の入学願書を整理している。/写真=イ・テギョン記者

パク・スチャン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2009/06/07 10:46:41
http://www.chosunonline.com/news/20090607000011
http://www.chosunonline.com/news/20090607000012
http://www.chosunonline.com/news/20090607000013

関連スレ
【韓国】私たちが育てた若い人材、日本が奪っていく [05/15]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1242465070/
【日中・外務省】中華人民共和国への無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する交換公文署名式について[06/04]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1244175656/

« 【北・ミサイル】麻生首相「我々は戦うべき時は戦わねばならない。その覚悟を持たなければ、国の安全守れぬ」[06/07] | トップページ | 【日韓】日本のアニメソング歌手に熱狂する韓国のファンたち 「JAM Project」韓国公演[06/07] »

国内」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34207796

この記事へのトラックバック一覧です: 【日韓】日本の大学へ向う韓国の学生たち 日本政府「外国人留学生30万人」目標、奨学金や生活支援を掲げ全国の高校でPR[06/07]:

« 【北・ミサイル】麻生首相「我々は戦うべき時は戦わねばならない。その覚悟を持たなければ、国の安全守れぬ」[06/07] | トップページ | 【日韓】日本のアニメソング歌手に熱狂する韓国のファンたち 「JAM Project」韓国公演[06/07] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ