« 【参政権】日本共産党「OECD加盟の30カ国で二重国籍も地方参政権付与もしてないのは日本だけ!被選挙権も与えるべき!」[02/10] | トップページ | 【韓国】「朝鮮海」表記のオープニングムービー修正へ ネトゲ「大航海時代」[02/11] »

2010年2月12日 (金)

【韓国】崇礼門の復元(金剛組の支援は記事にありません)[02/10]

【韓国】崇礼門の復元(金剛組の支援は記事にありません)[02/10]
1 :春夏秋冬白發中φ ★ :2010/02/11(木) 10:26:39 ID:???
08年2月10日夕方、多くの国民は「火はすぐに消える」という気持ちで、燃える国宝第1号を見守った。
この「まさか」は、崇礼門(スンレムン)の懸板が落ちた時、胸に溢れる恐怖に変わり、2階の楼閣が崩れた
時は、不吉に変貌した。

放火犯のチェ某氏が、「土地再開発の補償金への不満から、腹立ちまぎれに火をつけた」と言った時、
大きな怒りを感じた。

◆国が栄えるには、混乱があってはならない。儒学では、混乱をなくすには「仁義礼智信」の五常の徳を
備えなければならないと強調する。
そのため、朝鮮王朝を開いた李成桂(イ・ソンゲ)は、
漢陽(ハンヤン)都城の東大門(トンデムン)を弘仁門(ホンインムン)、
西大門(ソデムン) を敦義門(トンイムン)、
南大門(ナムデムン)を崇礼門(スンレムン)、
北門        を粛清門(スクチョンムン=智ではなく清を使った。現在の粛靖門)、
都城中央の鐘楼を普信閣(ポシンカク)と命名した。
「仁義礼智信」から取ったのだ。

正門の崇礼門は、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で日本軍が漢陽に入城した際、加藤清正に攻められ、丙子胡乱の時は
太宗が出入りするなど、戦乱を経験したが、朝鮮王朝(505年)より長い610年も持ちこたえた。
にもかかわらず、


韓国人によって崩れたのだ。



◆日本と欧州にある城は、周囲に掘りを設けて、大きな石で頑丈に建てられており、威圧感を与える。
平地にある韓国の城は堀がなく、小さな石で築造されており、弱い感じだ。
韓国は、山城を建て、戦乱が起これば山城に移って抗戦したため、平地の城は頑丈に建てられなかった。
漢陽城は、戦乱の備えというよりも、政治と生活空間としての比重が大きく、世界的にも珍しく柔和な姿となった。


崇礼門が燃えた時、日本の新聞は1面で報じた。それだけ、崇礼門の象徴性が大きかった。
10日、崇礼門の復元工事が始まった。火災の時に崩れなかった部材はそのまま使用し、燃えた部分だけ新たに作る。
このため、金剛松を切り、鍛冶作業場を作って、朝鮮時代のものと同じ釘やちょうつがいを作る。
文化財庁は、崇礼門に連結する城壁の一部を復元し、ソウル市は西大門も蘇らせる予定だ。

日本の3大名城とされる大阪城と熊本城の天守閣は、近年復元され、多くの観光客を集めている。
復元された崇礼門とソウルの城郭が観光資源になり、世界文化遺産に登録されることを望む。


そうしてこそ私たちの自尊心を取り戻すことができる。


李政勲(イ・ジョンフン)論説委員 hoon@donga.com

引用元 東亜日報 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2010021161588
FEBRUARY 11, 2010 09:26

依頼 389
国宝を腹立ち紛れで放火したから、ものめずらしくて日本で記事になっただけじゃ。
まあ、読んだ人間はあっそ程度だったと思うけど

« 【参政権】日本共産党「OECD加盟の30カ国で二重国籍も地方参政権付与もしてないのは日本だけ!被選挙権も与えるべき!」[02/10] | トップページ | 【韓国】「朝鮮海」表記のオープニングムービー修正へ ネトゲ「大航海時代」[02/11] »

その他」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34206613

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】崇礼門の復元(金剛組の支援は記事にありません)[02/10]:

« 【参政権】日本共産党「OECD加盟の30カ国で二重国籍も地方参政権付与もしてないのは日本だけ!被選挙権も与えるべき!」[02/10] | トップページ | 【韓国】「朝鮮海」表記のオープニングムービー修正へ ネトゲ「大航海時代」[02/11] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ