« 【朝鮮学校】朝鮮学校無償化、埼玉・上田知事「極めて問題だ」 「日本の国民から集めた税金は日本国民のために使うべきだ」[03/19] | トップページ | 【日韓】 「外国人地方参政権、必ず実現されるだろう。それは日本人と認めることだ」~原口一博総務相インタビュー[03/19] »

2010年3月21日 (日)

【韓国】 パク・チョンヒ教授「朝鮮通信使を歓迎する儀式茶礼、次第に非礼に。朝・日国力の変化を反映」[03/19]

【韓国】 パク・チョンヒ教授「朝鮮通信使を歓迎する儀式茶礼、次第に非礼に。朝・日国力の変化を反映」[03/19]
1 :壊龍φ ★:2010/03/21(日) 00:52:38 ID:???
http://photo.hankooki.com/newsphoto/2010/03/16/l391204201003162242200.jpg
http://photo.hankooki.com/newsphoto/2010/03/16/l391204201003162242201.jpg

外交儀式は当事の国同士の力関係を反映する。1607年から1811年まで9回派遣された朝鮮通
信使を迎える日本側の儀式変遷を見ればその力学が明確にあらわれる。東アジアの文化宗主国
を自負した朝鮮と新たな強者に浮上した日本の間でパワーゲームの様相がはっきり見られる。

茶文化研究者のパク・チョンヒ(53)円光(ウォングァン)大東洋学大学院客員教授は著書<17~18
世紀通信使に対する日本の儀式茶礼>(民俗院発行)で朝鮮通信使に対する日本の外交儀礼の
変遷過程を分析した。「儀式茶礼」とは外国使節を接待する公式儀式を意味する。朝鮮の対中国
外交と比較すると対日外交資料は貧弱なことこの上ないが、朝鮮通訳官のガイドブック的役割を
した「通文館志」(1720)と「?正交隣志」(1802)、日本側資料の「対馬宗家文書」などをていねいに
見て回った。

パク教授は「壬辰倭乱直後までも日本は単なる交隣関係に見えないほど朝鮮を親切丁寧にもて
なしたが順次同等な礼を求め始め、ついに朝鮮より優位に立とうと考えた」と分析する。朝鮮通信
使の使行は対馬から始まって京都、江戸(東京)へと続いたが、パク教授は使行を迎える対馬の島
主らの出迎え位置の変遷に注目してこう結論した。例えば1607年、通信使らが壬辰倭乱後、初め
て使行を再開した時まで、島主らは宴会が開かれる楼閣の外、中門まで出てきて使節らを出
迎えたが、順次石段の上(1617年、1624年)、石段の下(1636年)、階段の上(1655年)、大庁の上
(1682年以後)と出迎え位置が変わるなど傲慢になった。

儀式中最も重要な手続きの書契(国書)伝達の過程でも時間が経つほど日本の非礼が目立った。
1607年には島主が来て先に最初の挨拶をした後、通信使らが書契を伝達したが、その後は首席通
訳官が島主の家に行って書契を伝達する形(1636年)に変わった。通訳官が書契を伝達すれば、
当日または翌日、島主一行が感謝の挨拶をしたが、18世紀になると早ければ7~10日を過ぎて
から島主が挨拶しにくるほどになった。

パク教授は「初期に朝鮮通信使らは日本側の欠礼に対し、叱ったが後には不満を表わさないで
順応するようになった点も注目すべきだ」と言う。彼女は「この現象は丙子胡乱を体験した後、清の
侵略脅威に直面していた朝鮮が日本と平和を維持するよう努めていた点、このような朝鮮の境遇
を利用して立場を強化しようとした日本の外交的計算がかみって明らかになったことだ」と分
析した。彼女はまた通信使の地位についても「当時の江戸幕府は朝鮮通信使を琉球(沖縄)の朝
貢行列と同列に置こうとするなど朝貢国の臣下概念で見ようとした側面もある」と付け加えた。

本来パク教授は外交史ではなく風俗史研究者。茶の文化が日本ほどなかった朝鮮で、なぜ通信
使らの国書伝達儀式を「書契茶礼」と表現したのだろうか、という点が気になって外交関係全域に
関心を広げたという。彼女は「行茶など表面に見える点に集中した既存の茶道研究から進んで、
茶道文化を歴史、哲学、産業的脈絡と関連させて研究したい」と話した。

ソース:韓国日報(韓国語) パク・チョンヒ教授"儀式茶礼の逆転、朝・日力の変化反映"
http://news.hankooki.com/lpage/culture/201003/h2010031622422484210.htm

28 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2010/03/20(土) 15:57:40 ID:lnyYaHvq

■1分30秒でわかる朝鮮通信使の歴史


江戸幕府(徳川)が日本を平定すると、朝鮮は1607年(朝鮮出兵を恐れ)朝貢使として朝鮮通信使を派遣する。
幕府は、朝鮮通信使を「朝貢使」として、大名や民衆に見せることで、幕府の権威付けに利用した。


江戸時代、街道を通って江戸に向かう行列はたくさんあったが、幕府が敬意を払うべき対象とみなした
行列に対しては一般庶民は行列に対し土下座をして行列の通過を待つ義務があった。
それらは例えば
大名行列
皇室からの勅使の行列
日光例幣使(毎年、徳川家康の命日に東照宮に幣帛を奉献するための行列)
お茶壷道中(将軍に献上するお茶を運んだ行列)  
等々である。

では朝鮮通信使に対してはどうだったか? 
道端の庶民でさえも通信使の行列に土下座どころか、腕組み、指差しをして笑いながら見ていたことが
当時の浮世絵にたくさん描かれている。

つまり朝鮮人が如何様に言い繕うとも、幕府にとっては朝鮮通信使は属国からの朝貢使であって
日本の一般庶民などに幕府の権威をみせびらかす為のセレモニーにすぎなかったというのが真相w
だから庶民も通信使の行列を指差し、「ほら属国の朝鮮人が通るぞ。なんて奇妙な連中なんだ。」と
笑っていたw

ttp://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin/077.html
ttp://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin/elements/077.JPG


1764年4月6日、対馬藩の通訳、鈴木伝蔵に通信使崔天宗が難癖をつけ、袋叩きにするも、逆に殺される。
当然朝鮮は抗議するが、通信使は特に利用価値もなくなっていたので江戸幕府にシカトされる。

以後、朝鮮通信使は江戸まで行けなくなり、1811年に対馬まで行って最後になる・・w


+         +     +      +          .  ┃
+                Π                   ┃
.        ∧_∧  +.  ⊂二⊃ ウルサイニダ!   + ∧_∧∩泥棒を捕まえろ!
ニワトリカエセヨー ( ´Д`)     <`田´ヽ> rァ         ⊂(・ω・`)/
(つ  つ     (つ  つ' {            \   )
.     +   ( ヽノ      ( ヽノ <彡}    +       ( ( 〈
し(_)      レ(_フ,i,i,'             し(_)
∧_∧
と⌒^つ゚д`)つ


鶏を盗んで、町人と喧嘩をする朝鮮通信使
『朝鮮人来聘記』 京都大学 所蔵

ttp://blog-imgs-11.fc2.com/s/o/r/sora1975/20061104116262499627841000.jpg




« 【朝鮮学校】朝鮮学校無償化、埼玉・上田知事「極めて問題だ」 「日本の国民から集めた税金は日本国民のために使うべきだ」[03/19] | トップページ | 【日韓】 「外国人地方参政権、必ず実現されるだろう。それは日本人と認めることだ」~原口一博総務相インタビュー[03/19] »

その他」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34206475

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】 パク・チョンヒ教授「朝鮮通信使を歓迎する儀式茶礼、次第に非礼に。朝・日国力の変化を反映」[03/19]:

« 【朝鮮学校】朝鮮学校無償化、埼玉・上田知事「極めて問題だ」 「日本の国民から集めた税金は日本国民のために使うべきだ」[03/19] | トップページ | 【日韓】 「外国人地方参政権、必ず実現されるだろう。それは日本人と認めることだ」~原口一博総務相インタビュー[03/19] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ