« 【韓国】ソウルの寿司屋で出された鯨肉は「日本からの密輸品だ」 米大学の研究チームが指摘[04/14] | トップページ | 【韓国】 天然記念物、王桜の遺伝子保存院建設事業「遅々として進まず」~3万本規模の王桜の森作って観光資源に[04/14] »

2010年4月15日 (木)

【日韓】「天皇の訪韓は過去清算の大きな転機に」 日本が今年、歴史を直視して総括する国会決議をすれば、歴史の清算に大きな意味[04/14]

【日韓】「天皇の訪韓は過去清算の大きな転機に」 日本が今年、歴史を直視して総括する国会決議をすれば、歴史の清算に大きな意味[04/14]

1 :はるさめ前線φ ★ :2010/04/14(水) 20:27:08 ID:???
「天皇の訪韓は過去清算の大きな転機に」

[庚戌国辱100年紙上座談会・上]韓日元老6人が100年を論ずる

◇ 歴史教科書と独島問題

--韓日関係は普段は円満であっても、歴史教科書や独島(ドクト、日本名・竹島)などの
問題が発生すれば直ちに悪化する。こうした現象から抜け出し、恒久的な友好協力関係を
作るためには何が必要か。

孔魯明(コン・ロミョン)=韓日関係の浮沈が激しい直接的な原因は歴史認識問題だ。
日本の公式立場はずっと過去を謝罪するというものだったが、韓国国民の感情を刺激する
ことがあった。日本が今年、歴史を直視して総括する国会決議をすれば、歴史の清算に
大きな意味を持つ。1995年の終戦50周年の時は、参議院の反対により内閣総理大臣の
村山談話で終結した。来年は新たな100年が始まる年であるだけに、天皇が来年訪韓すれば
新たな韓日関係定立の兆候になる可能性がある。

李御寧(イ・オリョン)=お互いがウィン-ウィンとなる大型共同プログラムを考えることもできる。
一つの目標に向かって競争と協力の関係を構築することだ。すでに「BESETO」といって
北京-ソウル-東京をつなぐ文化プログラムが多い。社会福祉関係でも社会文化が似た
アジア人の少子化・高齢化に対する共同プログラムを作ることができるだろう。

中曽根康弘=文化的に深い相互関係を築き、友邦として新しい世界と時代に発展させていく
相互協力関係を構築しなければならない。

[庚戌国辱100年紙上座談会・下]は15日掲載

中央日報/Joins.com 2010.04.14 17:48:14
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=128247

関連スレ
【日韓】「朝鮮王室文化財は韓国に帰すべきだし、韓国にある日本のものも返してもらわなければ」 日韓の元老6人が座談会[04/14]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1271231193/

【日韓】「日本、鉄の伝来を浦項製鉄で韓国に恩返し」 梅原猛氏「出雲王朝の創立者は韓国から、日本書紀の一部文書は‘韓国系’」[04/14]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1271244093/
【韓国】日本は安重根の遺骨発掘の為に資料を出せ、さもなくば天皇の訪韓に反対する-国家報勲庁[03/23]★2
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1269324344/

そもそも行くことすら検討してないのに勝手に妄想するなよ。

« 【韓国】ソウルの寿司屋で出された鯨肉は「日本からの密輸品だ」 米大学の研究チームが指摘[04/14] | トップページ | 【韓国】 天然記念物、王桜の遺伝子保存院建設事業「遅々として進まず」~3万本規模の王桜の森作って観光資源に[04/14] »

謝罪・賠償」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34235656

この記事へのトラックバック一覧です: 【日韓】「天皇の訪韓は過去清算の大きな転機に」 日本が今年、歴史を直視して総括する国会決議をすれば、歴史の清算に大きな意味[04/14]:

« 【韓国】ソウルの寿司屋で出された鯨肉は「日本からの密輸品だ」 米大学の研究チームが指摘[04/14] | トップページ | 【韓国】 天然記念物、王桜の遺伝子保存院建設事業「遅々として進まず」~3万本規模の王桜の森作って観光資源に[04/14] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ