« 【中国ブログ】言葉が違うだけで『日本のコピー』?…日本の色彩が色濃く漂う韓国ソウル [10/04/18] | トップページ | 【韓国】 現職国会議長による初の竹島訪問。「確固たる韓国領土であることを知らしめるため」 [04/18] »

2010年4月19日 (月)

【日中】 日本人男性は傲慢・無礼・けち・亭主関白のうえに性暴力…日中国際結婚は半数が失敗 [04/18]

【日中】 日本人男性は傲慢・無礼・けち・亭主関白のうえに性暴力…日中国際結婚は半数が失敗 [04/18]

1 :夏髪φ ★ :2010/04/18(日) 19:27:38 ID:???
2010 年4月17日、新華網は記事「半数が離婚する日中国際結婚に注目集まる」を掲載した。
2008年、日中の国際結婚は1万3223組。一方で離婚もほぼ半数に当たる5946組に達した。
日本の国際結婚といえば、かつては欧米人男性と日本人女性が主流だった。
その後、日本人男性とフィリピン人女性の組み合わせが増えたが、
今では日中間の国際結婚が主流となっている。1993年に配偶者として
永住権を取得した中国人(大半は女性)は3万人。2009年にはその数は10万人を超えた。

日中の国際結婚の多くは、嫁不足に悩む日本の農村、漁村の男性と中国農村の女性との結婚。
外国人と会ったことすらないような田舎に住む中国人女性が、大きな一軒家と高級車、
ロマンチックなナイトライフなど豊かな日本の生活にあこがれて、日本にやってくる。

しかし現実は仲介業者の甘い言葉とは異なる。

国際結婚の障害は第一に言葉の壁。第二に生活習慣の違い。そして第三に夫婦関係だという。
日本人との結婚に失敗した中国人女性の多くは、夫は傲慢、無礼、けち、亭主関白だったと話し、
また性生活にも耐えられなかったと話している。

日本人と離婚した趙さん。もともと先進国の生活は中国よりずっと良く、何も辛いことはないと考えていた。
ところが日本での生活は想像と全く違った。極めつけは夫の「文化的暴力」と「性暴力」。
もはや離婚するしかなかったと話した。
ソース レコードチャイナ 2010-04-18 16:02:01
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=41462

>大きな一軒家と高級車、 ロマンチックなナイトライフなど豊かな日本の生活にあこがれて、日本にやってくる。

この時点でいろいろ間違ってるだろ。
目的がそういう目的じゃ結婚しても長続きするわけ無いじゃん。

« 【中国ブログ】言葉が違うだけで『日本のコピー』?…日本の色彩が色濃く漂う韓国ソウル [10/04/18] | トップページ | 【韓国】 現職国会議長による初の竹島訪問。「確固たる韓国領土であることを知らしめるため」 [04/18] »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/34293102

この記事へのトラックバック一覧です: 【日中】 日本人男性は傲慢・無礼・けち・亭主関白のうえに性暴力…日中国際結婚は半数が失敗 [04/18]:

« 【中国ブログ】言葉が違うだけで『日本のコピー』?…日本の色彩が色濃く漂う韓国ソウル [10/04/18] | トップページ | 【韓国】 現職国会議長による初の竹島訪問。「確固たる韓国領土であることを知らしめるため」 [04/18] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ