« 【韓国】 韓国語の学術論文が0点の時代~ユ・ジェウォン韓国外大教授「言語差別は人種差別だ」[07/10] | トップページ | 【韓国】「孔子はどの国の人なのか」 趙東一教授「漢文・儒教・仏教は共有財産、東アジア圏が共に作り上げたもの」[07/11] »

2010年7月11日 (日)

【韓国】「フランダースの犬」主題歌の盗作を暴露「アニメも主題歌も全て日本の文化商品だったのか」と驚きの声[07/10]

【韓国】「フランダースの犬」主題歌の盗作を暴露「アニメも主題歌も全て日本の文化商品だったのか」と驚きの声[07/10]

1 :壊龍φ ★:2010/07/10(土) 22:58:08 ID:???
韓国の人気歌手イ・スンファンが、自身のヒットソング「フランダースの犬」は日本のアニメの主題歌を盗作
したものだったと告白し、韓国で波紋が広がっている。

 
盗作が明らかになったのは、イ・スンファンが1990年代に発表した「フランダースの犬」。1975年に日本で放映
され人気を集めたテレビアニメ「フランダースの犬」の主題歌「よあけのみち」(作詞:岸田衿子、作曲:渡辺
岳夫)を、ほぼまることコピーしたものであったという。

 
イ・スンファンは7月1日と8日、SBS放送のラジオ番組に主演し、「『フランダースの犬』は韓国の作曲家の
名前で登録されていたが、実は日本のアニメの主題歌をそのまま盗作したものであった」と自ら盗作の事実を
暴露。また、盗作であるため日本側に著作権の費用を支払ったが、その後はあまり歌わなくなったことも告白
した。
 
日本のテレビアニメ「フランダースの犬」は韓国でも高い人気を集め、TBCが1976年8月から11月にかけて
放送しているほか、KBSやEBS、SBSでもそれぞれ放送している。
 
「ラララ~ラララ~」というメロディーが印象的なこの歌は韓国内でもよく知られ、今回の盗作騒動に「始め
て知った」「アニメも主題歌も全て日本の文化商品だったのか」と驚きの声が多く寄せられている。

(編集担当:新川悠)
 
 
サーチナ 2010/07/10
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0710&f=entertainment_0710_005.shtml

韓国のパクリなんていつもそんなもん。

« 【韓国】 韓国語の学術論文が0点の時代~ユ・ジェウォン韓国外大教授「言語差別は人種差別だ」[07/10] | トップページ | 【韓国】「孔子はどの国の人なのか」 趙東一教授「漢文・儒教・仏教は共有財産、東アジア圏が共に作り上げたもの」[07/11] »

朴李」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント


チ ン ポ食われてんじゃね!?ってぐらいスゴイ締めつけ!!
もー気持ちよすぎて何回出したか分かんねwwwww(^^;)

しかもこんな極上のマ ヌ コ味わって7万もらったし!
最近の女の子どうなってんのマジでwwwwww
http://vl8a3ug.tida.psyrents.net/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/35711139

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】「フランダースの犬」主題歌の盗作を暴露「アニメも主題歌も全て日本の文化商品だったのか」と驚きの声[07/10] :

« 【韓国】 韓国語の学術論文が0点の時代~ユ・ジェウォン韓国外大教授「言語差別は人種差別だ」[07/10] | トップページ | 【韓国】「孔子はどの国の人なのか」 趙東一教授「漢文・儒教・仏教は共有財産、東アジア圏が共に作り上げたもの」[07/11] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ