« 【韓国】F1コリアグランプリD-50、「サーキットラン2010」行事開催[09/04] | トップページ | 【日韓】 「対馬は私たちの領土」示すこれだけの根拠[09/04] »

2010年9月 6日 (月)

【朝鮮学校問題】朝鮮学校―日本社会の度量を示そう --朝日新聞社説--[09/05]

【朝鮮学校問題】朝鮮学校―日本社会の度量を示そう --朝日新聞社説--[09/05]

1 :どす狼こい喫茶-ジュテーム-φ ★ :2010/09/06(月) 01:35:46 ID:??? (p)?PLT(14500)
朝鮮学校―日本社会の度量を示そう

 在日朝鮮人の若者たちが「なぜ自分たちだけ取り残されるのか」と、つらい思いで2学期を迎えている。

 朝鮮高級学校をめぐり、文部科学省の専門家会議が、授業料無償化の学校にふくめるかどうか判断するための基準を
つくった。高校の無償化は4月に始まったが、朝鮮学校は「日本の高校課程に類する」ことを確認できないとして、
先送りになった。

 示された案は、授業時数や教員について専修学校なみの水準を求め、支援金がすべて授業料減額に使われるよう財務の
透明化の注文もつけた。他の外国人学校とともに、文科省が定期的にチェックする仕組みもとり入れる。

 一方で、個々の具体的な教育内容は判断の基準にしない、とした。日本の学校とは異なる方針の下で教育を行うことを、
認めようという考え方だ。

 時間がかかりすぎたとはいえ、学校制度の外に置かれてきた外国人学校をきちんと位置づけ、多文化の学びを国が
支援してゆくための、客観的で公正なモノサシができたと言える。これを使い、4月にさかのぼっての無償化を速やかに
実施すべきだ。


 ところが文科省は民主党内の意見を聞くとして、またも結論を先延ばしにした。菅直人首相の指示だという。

 党内には、経済制裁を続けているのに、その北朝鮮の影響を受ける学校を支援すべきでないとの意見がある。
拉致被害者家族からも「対北朝鮮で日本が軟化したと取られる危険が大きい」と反対がある。
先送りは、こうした意見にも配慮したのだろう。

 しかし、子どもの学びへの支援と、拉致問題への対応とを、同じ線上で論じるのはおかしい。高校無償化の支援対象は
学校ではなく、生徒一人一人だ。「外交上の配慮で判断すべきでない」というのは、国会審議の中で示された政府の
統一見解でもある。


 教育内容を問うべきだとの指摘もある。確かに金正日体制への礼賛は、私たちの民主主義とは相いれない。

 だが、同じ町で暮らす朝鮮学校生に目を転じてみよう。スポーツでは地域の強豪校でもある。北朝鮮の思想を授業で
学びながらも、生徒や親の考えは一色でない。バイリンガルの能力を生かすなど、様々な分野の担い手として活躍する
卒業生もたくさんいる。

 ここは日本社会の度量を示そう。

 多くの朝鮮人が住み、北朝鮮を支持する人がいるのは、歴史的な経緯があってのことだ。祖国を大事にする価値観を尊重し、
同じ社会の一員として学ぶ権利を保障する。
そうしてこそ、北朝鮮の現状に疑念を持つ人との対話も広がり、互いの理解が
進むだろう。

 そのうえで、日本で生きる朝鮮人としてどんな教育がよいか、今の朝鮮学校でよいかどうかは、
彼ら自身に考えてもらうべきことだ。

http://www.asahi.com/paper/editorial20100905.html

歴史的な経緯?密入国ジャン。
北の学校の支援は本国がすればいい。
それでもどうしても支援したいなら、勝手に朝日が支援すればいい。

« 【韓国】F1コリアグランプリD-50、「サーキットラン2010」行事開催[09/04] | トップページ | 【日韓】 「対馬は私たちの領土」示すこれだけの根拠[09/04] »

アサヒる」カテゴリの記事

北朝鮮」カテゴリの記事

在日」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/36566350

この記事へのトラックバック一覧です: 【朝鮮学校問題】朝鮮学校―日本社会の度量を示そう --朝日新聞社説--[09/05]:

« 【韓国】F1コリアグランプリD-50、「サーキットラン2010」行事開催[09/04] | トップページ | 【日韓】 「対馬は私たちの領土」示すこれだけの根拠[09/04] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ