« 【サッカー】 韓日サッカー戦争史…「相手の顔に唾吐き、クギで刺して…」[10/11] | トップページ | 【日中】仙谷官房長官「媚中派という言い方はもうやめたほうがいい」「柳腰外交、わが党の政権になってからはできてる」[10/14] »

2010年10月14日 (木)

【毎日新聞】記者の目:日中の道 身近にいる若者たちに反日意識を感じたことは全くない、反日デモを起こすのは少数の若者[10/14]

【毎日新聞】記者の目:日中の道 身近にいる若者たちに反日意識を感じたことは全くない、反日デモを起こすのは少数の若者[10/14]

1 :はるさめ前線φ ★ :2010/10/14(木) 06:48:58 ID:???
記者の目:日中の道=斎藤文男(南京大日本人教師)

 前略。新聞記者を定年退職後、中国・南京大学で日本語の作文指導をして、いつの間にか10年目になりました。
この間、日中間には「靖国」、そして今回の「尖閣」などぎくしゃくもありました。しかし、私は、身近にいる
日本語を学ぶ若者たちに反日意識を感じたことは全くありません。時折、反日デモを起こすのは、
日本語や日本をほとんど知らない少数の若者たちです。
むしろ、若者の多くは、日本文化に強い関心を持っています。

時間のかかる道かもしれませんが、気長で地道な文化交流こそが両国のしなやかで力強い互恵関係のカギに
なるのではないでしょうか。

 まずは、読者が多分抱いておられるであろう疑問に答えます。その名を冠した「大虐殺事件」、
そしてその記念館まである南京の地で、中国の学生たちはなぜ日本語を勉強するのか、ということです。
私も疑問でした。だから、01年10月、同大日本語科専家(外国人教師)として赴任して以来、
毎年学生に「なぜ日本語を選んだのか」を聞いてきました。当初の答えは「英語科を希望したが、
日本語科に回された」「親に勧められた」などでした。改革・開放政策から20年ほど経過し、
物質的豊かさが市民にもやや実感できるころに入学した学生たちです。
それにしては、大学での専攻を決めるのにあまり自主性がないと感じたことを覚えています。

 ◇漫画やアニメに高まる関心

 それが、03年ごろからは「日本の漫画やアニメが好きで、日本語で読んだり見たりしたい」など
自主的に選択する学生が増え、07年ごろには、「親や友人からは反対されたが、
日本をもっと知ろうと思い自分で決めた」と言い切る学生も出てきました。

 もちろん、テレビをつければ現在も抗日戦争ドラマが連日放送されていますし、
毎年7月7日(盧溝橋事件)、9月18日(柳条湖事件)、12月13日(南京大虐殺事件)の節目には、
新聞、テレビが、事件の概要や新たな証拠などを大々的に報道しています。

 それでも学生たちは、日本語を学びたいと言うのです。日本のアニメや漫画、映画、雑誌といった
サブカルチャーに魅力があるからです。アニメでは宮崎駿(はやお)監督の「となりのトトロ」(88年)
「千と千尋の神隠し」(01年)、映画では岩井俊二監督の「四月物語」(98年)、漫画では「ドラえもん」
「名探偵コナン」などが大好きなのです。好きこそものの上手なれではありませんが、
「中国語に訳されたものではなく、原語で理解したい」という知的要求に転化もするし、
「自ら翻訳家になりたい」という職業選択にもつながっているのです。
この若者たちの自然で健康な日本への関心をもっと深め、もっと広げられないか、と思うのです。

 数年前、「千と千尋の神隠し」を教材に作文を書いてもらいました。アニメに登場する人物の
「それぞれの立場ならどう見える?」という趣向だったのですが、23人の学生のうち8人が
「カオナシ」を選んだのには驚きました。

 「カオナシ」は、「他人とうまくコミュニケーションが図れず、金によってのみ興味を引き、
意のままにならないとキレて襲い掛かる」(キネ旬ムック「『千と千尋の神隠し』を読む40の目」)存在と
されています。多分、宮崎監督は日本を意識されたのでしょうが、中国の学生たちは、逆に自分たちの国に
「カオナシ」的なもの、特に現代中国にはびこる「金銭万能主義」を感じ取ったようです。
日本語を学び、日本文化を理解することは、同時に母語と母国を顧みることにつながる、
ということを学生たちが実感してくれた、と思います。
 ◇「急がば回れ」の精神が大切  

 また、ある学生は、日本語を勉強して、漢字の逆移入があることを知り驚きました。
中国人が何気なく使う「任命、主義、生産、資本、経済、電話、電報、電車、解放、労働者、胃潰瘍(かいよう)」
などが日本製だったのです。中国人には、日本は中国が文化を教えた「文化の弟」との意識が強くありますが、
実は、相互の文化が歴史とともに融合し成長してきた、ということをその学生は理解してくれたようです。

 若者たちは互いに交流すれば、すぐにも理解し合うことが可能です。考えが柔軟で相手の文化を
受け入れようとする好奇心があるからです。ただその機会を作ってやればいいだけです。
日中交流2000年の歴史を土台に、この際、目標を3000年のかなたにおき、若者たちを軸にした
文化交流を質、量ともに増やしてみてはいかがでしょうか。こういう時こそ、両国のことわざにある
「急がば回れ」(「欲速則不達」=功を急げば目的を達することができない)の精神だと思います。
再見(ツァイチェン)!


毎日新聞 2010年10月14日 0時04分
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20101014k0000m070139000c.html

関連スレ
【中国】上海 庶民は至って穏やか 尖閣衝突事件、13億人すべてが関心を示しているわけではないようだ(中日新聞・世界の街から)[10/06]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1286398977/

若者がどうだろうと、政府が反日を主導でやってることが問題だろ。
日本語を学ぶようなやつが反日してるとか意味がわからない。
日本にいて反日活動するやつはいっぱいいるけどね。

« 【サッカー】 韓日サッカー戦争史…「相手の顔に唾吐き、クギで刺して…」[10/11] | トップページ | 【日中】仙谷官房長官「媚中派という言い方はもうやめたほうがいい」「柳腰外交、わが党の政権になってからはできてる」[10/14] »

中国」カテゴリの記事

変態新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/37226898

この記事へのトラックバック一覧です: 【毎日新聞】記者の目:日中の道 身近にいる若者たちに反日意識を感じたことは全くない、反日デモを起こすのは少数の若者[10/14]:

« 【サッカー】 韓日サッカー戦争史…「相手の顔に唾吐き、クギで刺して…」[10/11] | トップページ | 【日中】仙谷官房長官「媚中派という言い方はもうやめたほうがいい」「柳腰外交、わが党の政権になってからはできてる」[10/14] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ