« 【東京】石原都知事、「仙谷という官房長官は言葉の使い方知らないんじゃないか」…なぜか中国に敬語連発の仙谷長官の姿勢を批判[11/6] | トップページ | 【韓国】女子高前で下半身を露出、41歳無職男を書類送検→「自分自身、統制がきかない状態だった」と大目に見てくれるよう求める[11/8] »

2010年11月 7日 (日)

【中国】ネチズン逆ギレ…「小舟がなぜ故意に大きい船に衝突する必要がある?」「映像は日本の俳優が演じているに違いない」[11/06]

【中国】ネチズン逆ギレ…「小舟がなぜ故意に大きい船に衝突する必要がある?」「映像は日本の俳優が演じているに違いない」[11/06]

1 :はらぺこφ ★:2010/11/07(日) 02:35:53 ID:???
中国船の不法行為の証明に中国側は逆ギレ-。尖閣ビデオの流出映像について中国外務省は5日、「真相を
変えることはできず、日本側の行為の違法性は隠せない」との談話を発表した。これまで「巡視船からぶつかってきた」
と主張してきた官製メディアも勢いを増し、中国国民の反日感情は一層高まっている。

 
 「小舟がどうして故意に大きい船に衝突する必要があるのだ!?」
 
 「(映像は)日本の俳優が演じているに違いない!!」
 
 中国のインターネット上には、こうした日本非難の書き込みが相次いでいる。「信憑性を問えば問うほど、本物と
証明された場合には、自分たちの首を絞める結果になる」との冷静な意見も散見されるが、大多数は日本への罵詈
雑言だ。

 
 中国ジャーナリストの富坂聰さんは、「政府から一般国民まで、事件に対する彼らの思想は『あくまで領海侵犯した
憎き日本巡視艇を、勇敢なる同志漁船船長が体当たりして懲らしめた』というもの。独善的思想が支配する以上、
映像流出も日本政府の陰謀としか映らず、もっと強烈な証拠映像を突きつけても反応は変わらない」と話す。
 
 また、YouTubeでは、流出映像をコピーした中国人が再投稿したとみられる動画のアクセスが急上昇。タイトルは
英語で、《日本の船が中国の船を攻撃》とされている。日本と中国の区別がつかない欧米人に、日本の悪質さを
訴えかけるために、わざと中国漁船と海保の巡視船の立場を入れ替えたとみられる。

 
 沈静化しつつあった内陸部の反日デモが再燃する兆しがある。中国政府は、国際法を守るよう求めた米国政府に
対しても「何の根拠もない」と反論。「関係ない第3国が口をはさむことを希望しない」と態度を硬化させている。
 
ソース(ZAKZAK) http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20101106/dms1011061240010-n1.htm
写真=動画サイト「YouTube」に投稿された尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像。
(上から下へ)海上保安庁の巡視船「よなくに」(左)に中国漁船が衝突し、離れていく
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20101106/dms1011061240010-p1.jpg
 

どうしてぶつけたなんて本人しか分からんだろ。
俳優使ったとしたらそりゃすごいな。ここまでやるのか(笑

« 【東京】石原都知事、「仙谷という官房長官は言葉の使い方知らないんじゃないか」…なぜか中国に敬語連発の仙谷長官の姿勢を批判[11/6] | トップページ | 【韓国】女子高前で下半身を露出、41歳無職男を書類送検→「自分自身、統制がきかない状態だった」と大目に見てくれるよう求める[11/8] »

中国」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

電波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/37563241

この記事へのトラックバック一覧です: 【中国】ネチズン逆ギレ…「小舟がなぜ故意に大きい船に衝突する必要がある?」「映像は日本の俳優が演じているに違いない」[11/06]:

« 【東京】石原都知事、「仙谷という官房長官は言葉の使い方知らないんじゃないか」…なぜか中国に敬語連発の仙谷長官の姿勢を批判[11/6] | トップページ | 【韓国】女子高前で下半身を露出、41歳無職男を書類送検→「自分自身、統制がきかない状態だった」と大目に見てくれるよう求める[11/8] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ