« 【朝日新聞/社説】「防衛計画の大綱」の年内改定に「中国が武力侵攻を起こすとは考えにくい」[12/09] | トップページ | 【日韓】「請求権協定、日帝被害補償は不十分」…韓日弁護士協会がきょう共同宣言[12/11] »

2010年12月11日 (土)

【芸能】2010エンタメ総括、韓国ガールズグループ旋風で市場拡大…韓流に染まった母親世代の影響を受け、K-POPにはまる娘たち[12/10]

【芸能】2010エンタメ総括、韓国ガールズグループ旋風で市場拡大…韓流に染まった母親世代の影響を受け、K-POPにはまる娘たち[12/10]

1 :諸君、私はニュースが好きだφφ ★:2010/12/10(金) 23:09:09 ID:???
 映画『シュリ』(01年)やドラマ『冬のソナタ』(03年)の影響で、以前より熱狂的なファンを生んでいた韓国エンタメ。その効果は
音楽にも波及し、 08年の東方神起の大ブレイクという波へ繋がる。そして2010年、それまでは一部のコアファンによるムーブメント
に過ぎなかったものが、ライトユーザーも巻き込み大きなマーケットへと変化を遂げた。契機となったのは、韓国ガールズグループの
相次ぐ日本上陸である。
 
2010年 年間ランキング(暫定版)TOP100にランクインした韓国アーティスト作品
http://biz-m-cdn.oricon.co.jp/news/data/img/542-1.jpg
 
 まず先陣を切ったのは、5月に日本デビューシングルをリリースした、5人組グループ4Minute。その後、劇団ひとりがファンを
公言したKARA、セクシーな“小生意気ダンス”で人気を得ていたブラウン・アイド・ガールズが8月に、9月にはスタイルの良さも
話題を集めた9人グループ少女時代が続く。 KARAのデビュー作「ミスター」は初動2.9万枚で5位に初登場。少女時代の
「GENIE」は、初動4.5万枚で4位を記録し、海外女性アーティスト(ソロアーティストも含む)のデビューシングルとしては、
歴代最高の初登場順位となった。
 
 国内メディアでは大きな露出がなかったにもかかわらず、YouTubeなど、ネットではすでに注目され話題の存在だった彼女たちは、
デビューコンベンションから多くのファンを集めた。その多くは彼女たちと同年代の若い女性層。背景には、韓国ドラマや韓流スターの
ファンである母親世代の影響を受け、娘が K-POPにハマるという、二世代を巻き込んだブームの形成があるという。主に男性ファン
が支え、「可愛らしさ」が求められる日本のアイドルシーンにあって、「ビジュアルのよさ」「切れのいいダンス」をウリにした彼女たちの
登場は画期的だった。同世代の女性が“自分もこうなりたい”と憧れる女性アイドル、近年空席だったその場所にピッタリはまったのだ。
 
 ガールズグループの好調を受け、いま韓国男性グループの上陸が続々と日本デビューを果たしている。2011年には、さらに韓国
アーティストたちの活躍が続くに違いない。
 
ソース(ORICON BiZ) http://biz-m.oricon.co.jp/news/data/542.shtml

全く身近には一人もK-POP最高とかそういうのはないわけだが。
はやらせたくて必死で、既成事実にしたいわけか。

« 【朝日新聞/社説】「防衛計画の大綱」の年内改定に「中国が武力侵攻を起こすとは考えにくい」[12/09] | トップページ | 【日韓】「請求権協定、日帝被害補償は不十分」…韓日弁護士協会がきょう共同宣言[12/11] »

国内」カテゴリの記事

寒流」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

韓流スターにしても、本当にブームならそれはそれでいいのだが、公私共に周囲でそういう声は聞かないので、全く実感がない(棒)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/38037409

この記事へのトラックバック一覧です: 【芸能】2010エンタメ総括、韓国ガールズグループ旋風で市場拡大…韓流に染まった母親世代の影響を受け、K-POPにはまる娘たち[12/10]:

« 【朝日新聞/社説】「防衛計画の大綱」の年内改定に「中国が武力侵攻を起こすとは考えにくい」[12/09] | トップページ | 【日韓】「請求権協定、日帝被害補償は不十分」…韓日弁護士協会がきょう共同宣言[12/11] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ