« 【台湾】 どうして日本人はクリスマスにフライドチキンを食べるのが習慣なのだろう?とメディア [12/25] | トップページ | 【神奈川】 反日教育を強化している朝鮮学校への補助金支給は違法だとして市民団体が返還求め提訴[12/24] »

2010年12月26日 (日)

【音楽】回顧・平成22年、日本に「KARA」「少女時代」などK-POP旋風…新人部門の上位独占、女性ファンが支え。「一過性」の危惧も[12/25]

【音楽】回顧・平成22年、日本に「KARA」「少女時代」などK-POP旋風…新人部門の上位独占、女性ファンが支え。「一過性」の危惧も[12/25]

1 :諸君、私はニュースが好きだφφ ★:2010/12/25(土) 15:21:25 ID:???
 今年の音楽界は、「KARA」「少女時代」など韓国発のK-POPガールズグループの上陸で大いに盛り上がった。今年になって
彼女たちがブレークしたのはなぜだろうか。K-POPブームの行く末は? その背景と展望を探った。(竹中文)
 
 ◆新人部門の上位独占
 
 K-POPガールズグループの躍進は、市場調査会社「オリコン」が19日に発表した今年の音楽ソフト年間ランキングの新人部門
にも顕著に表れている。
 
 今年のCDやミュージックDVDなどの売上総計が最も多かった新人に贈られる「新人部門 アーティスト別売上金額ランキング」
では、5人組ガールズグループ「KARA」と、9人組ガールズグループ「少女時代」が日本人アーティストを抑えて1、2位を占めた。
 
 8月に日本デビューしたKARAは、シングル2作、アルバム5作、DVD1作の計8作の総売上金額が13億円。「新人部門 
作品別アルバム売上金額ランキング」でも1、2位だ。8月に初来日した少女時代は、シングル2作、アルバム6作、DVD1作の
計9作の総売上金額が8億8千万円。今年の日本レコード大賞の新人賞を受賞した。
 
 KARAのメンバー、ハラ(19)は「韓国にいても日本の知人から『KARAの話題がテレビに出ているよ』と知らせてもらえるように
なってきた。いろんな方に応援してもらっているんだなと感じます」とコメントした。
 
 ◆女性ファンが支え
 
 K-POPガールズグループブームが今年起きたのはなぜだろうか。
 
 ラジオDJなどを務め、K-POPに詳しい古家正亨(まさゆき)氏(36)は「ガールズグループの人気を支えているのは、実は韓国の
人気ボーイズグループ『東方神起(とうほうしんき)』や5人組のダンスボーカルグループ『BIGBANG』などのファンたちだ」と指摘する。
 
 女性アイドルには男性ファンが多いのが普通だが、業界関係者によると、日本ではKARAなどのファンの半数以上は女性が占める。
昨年、K-POPボーイズグループではBIGBANGが日本でメジャーデビューし、東方神起には解散の危機がささやかれるなど、
女性ファンの耳目を集める話題が多かった。その時期に韓国ではガールズグループがブームに。ユーチューブなどの動画配信サイトに
アクセスすれば、日本から彼女たちの情報を先駆けて入手できた。「ガールズグループは来日前に動画配信サイトで注目され、既に
ブレークの“下地”ができていた」(古家氏)
 
 ◆「一過性」危惧も
 
 今年になって彼女たちが来日すると、ファンがイベントに殺到。この現象をメディアが取り上げ、ファンの裾野はさらに広がった。
古家氏は「(FM放送の)J-WAVE開局時(昭和63年)の洋楽ブームに似ている。当時、『洋楽を知っていると格好良い』という
風潮があったのと、K-POPは同じでは」という。
 
 人気が高まる一方で、ブームの行く末を懸念する声もある。K-POP関係者は「実際に一部のファンはもう飽き始めている。
このままだとK-POPはブームとして終わってしまうのでは」と危惧する。
 
 K-POPは一つのジャンルとして生き残れるのか。古家氏は「ロックやR&Bなどと同じように定着するためには、K-POPに
多様性があることを知らしめる必要がある」と話す。「そうすれば、日本のアーティストたちとも幅広い交流が育まれるはず。音楽の
ボーダーレス化が進めば日本の音楽の価値も高まるのでは」
 
(以下略。全文はソース元でどうぞ)
 
ソース(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/101225/msc1012250757001-n1.htm
写真=オリコンの売上総額で新人部門1位になった「KARA」
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/101225/msc1012250757001-p1.jpg
写真=華やかなステージを見せる「少女時代」
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/101225/msc1012250757001-p2.jpg
図表=今年の音楽ソフト年間ランキング(新人部門)
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/101225/msc1012250757001-p3.jpg

来年にゃ消えてるんじゃない。
で、別の韓国人をごり押しで売りまくるという気持ち悪い番組が相変わらず続くんだろうけど。

« 【台湾】 どうして日本人はクリスマスにフライドチキンを食べるのが習慣なのだろう?とメディア [12/25] | トップページ | 【神奈川】 反日教育を強化している朝鮮学校への補助金支給は違法だとして市民団体が返還求め提訴[12/24] »

寒流」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/38218398

この記事へのトラックバック一覧です: 【音楽】回顧・平成22年、日本に「KARA」「少女時代」などK-POP旋風…新人部門の上位独占、女性ファンが支え。「一過性」の危惧も[12/25]:

« 【台湾】 どうして日本人はクリスマスにフライドチキンを食べるのが習慣なのだろう?とメディア [12/25] | トップページ | 【神奈川】 反日教育を強化している朝鮮学校への補助金支給は違法だとして市民団体が返還求め提訴[12/24] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ