« 【日朝】20世紀に「植民」した日本 朝鮮の伝統酒を廃絶へ追い込む 侵略戦争と酒 [04/18] | トップページ | 【韓国】日本は韓国に対する「恩恵の意識」を持たねば普遍的文明国家への発展困難~パク・ミョンニム延世大教授[04/18] »

2011年4月19日 (火)

【日韓】「建築のノーベル賞」プリツカー賞、日本は受賞者が4人(※)もいるのに韓国が受賞できない理由は [04/18]

【日韓】「建築のノーベル賞」プリツカー賞、日本は受賞者が4人(※)もいるのに韓国が受賞できない理由は [04/18]

1 [―{}@{}@{}-] Korean Monkeys (韓国猿)@動物園φ ★ :2011/04/19(火) 04:14:37.05 ID:???
 
日本は受賞者4人のプリツカー賞、韓国が受賞できない理由は(1) 
 
http://japanese.joins.com/upload/images/2011/04/20110418170303-1.jpg 
 
世界で韓国建築の位置づけはどれほどか。 
 
最近「建築のノーベル賞」と呼ばれるプリツカー賞(Pritzker Prize)の受賞者が 
発表され、韓国建築の現実を振り返ろうという声が高まっている。 プリツカー賞はすでに33回に 
わたり受賞者を選定してきたが、韓国人の受賞者は一人もいない。 今年の受賞者であるエドゥアルド 
・ソウト・デ・モウラ氏を含めてポルトガルではすでに2人が受賞し、日本でも安藤忠雄氏、妹島 
和世氏ら4人が受賞しているのとは対照的だ。 
 
韓国から受賞者が出ない理由は何か。 これに対する分析が必要な時期だ。 プリツカー賞のためで 
なくとも、韓国建築をアップグレードする契機にするという点でだ。 建築は居住・事務環境はもち 
ろん都市環境など国民の生活と直結しているだけに、関連環境の改善が切実だという意見が多い。 
 
◇プリツカー賞(Pritzker Architectural Prize)=毎年、人類と 
環境に大きく貢献をした建築家に授与される賞。 建築分野の最高権威の賞に選ばれる。 ハイアット 
ホテルチェーンを所有するハイアット財団の元会長ジェイ・プリツカー氏(1922-99)夫妻が 
1979年に設立した。 オスカー・ニーマイヤー氏、ルイス・バラガン氏、フランク・ゲーリー氏、 
アルヴァロ・シザ氏、ピーター・ズントー氏、レム・コールハース氏、ザハ・ハディッド氏ら著名な 
建築家が受賞している。 日本では丹下健三氏(1913-2005)をはじめ、93年に槇文彦氏 
(83)、95年に安藤忠雄氏(70)など計4回も受賞している。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139250&servcode=300 
 
日本は受賞者4人のプリツカー賞、韓国が受賞できない理由は(2)
 
   ◇地方自治体の豪華庁舎の陰=国内の専門家らは韓国の建築の潜在力を認めている。 成長と
活力の経済が底辺にある。 しかし建設を越えた建築の花が咲かない劣悪な条件は変わっていない。
  建築に対する社会全般の認識不足のため、「建築はなく建設だけがある」という風土が形成された
との批判が出ている。
 
   建築家のスン・ヒョサン氏は「国民はもちろん、政府もまだ建築と建設を区別できない。 一言で
準備ができていないということだ」と述べた。 スン氏は「政府と地方自治体が建築を文化だと
考えていれば、公共建築物を‘工場’を印刷するようにターンキー(設計から施工まで一括にして
入札で発注する方式)契約で処理するだろうか」と反問した。 城南(ソンナム)市庁・竜仁(ヨン
イン)市庁など最近批判の対象となった豪華庁舎もターンキーと密接に関係しているという。 設計
デザインを施工会社の業務の一部と見なしている点でだ。
 
   スン氏は「設計は外観を華麗にデザインする作業ではない。 新しい空間に生じる、さまざまな
プログラムを考慮するのが基本だ。 エネルギー効率と空間の活用を同時に考慮する総体的な作業だが、
華麗な外観を前面に出した鳥瞰図を選定して税金を注ぎ込んでいる」と主張した。
 
   建築家のファン・ドゥジン氏(48)は「誤った発注システムのため、韓国の多くの公共建築が
‘作者未詳’として残っているのも大きい問題」と指摘した。 市民がデザインに関心を持って責任を
問うのを難しくしているということだ。 外国では市庁などの官公署はもちろん、公立図書館・博物館
・列車駅などを建設する際、建築家の選定を最も優先的に考慮する。 建築家の役割をオーケストラの
指揮者のように考えているからだ。 例えば独ベルリンのノイエ・ムーゼウムの建築家(デビッド・
チッパーフィールド)選定はドイツ国民の大きな関心事だった。 建築的美学と市民の便宜性をともに
生かした米シアトルの公立図書館の場合、オランダ建築家レム・コールハース氏がスポットライトを
受けた。 ファン・ドゥジン氏は「ターンキー制度は建築家が仕事をする機会を奪うだけでなく、市民
から良い空間を享受する機会をはく奪し、良い建物を子孫に譲る機会までもなくしてしまう」と主張した。
 
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139251&servcode=300§code=300
※注:日本人の受賞者は正しくは5人

ノーベル症に続いてプリツカー症か

« 【日朝】20世紀に「植民」した日本 朝鮮の伝統酒を廃絶へ追い込む 侵略戦争と酒 [04/18] | トップページ | 【韓国】日本は韓国に対する「恩恵の意識」を持たねば普遍的文明国家への発展困難~パク・ミョンニム延世大教授[04/18] »

韓国」カテゴリの記事

コメント

賞がどうのこうのと言う前に、「床が抜けるビル」「落ちる橋」等々デザイン以前の問題ありありの韓国朝鮮の建築レベルだろうが。相変わらず現実と実力のギャプがあり過ぎるので願望だけが膨らむバカチョン。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/39668338

この記事へのトラックバック一覧です: 【日韓】「建築のノーベル賞」プリツカー賞、日本は受賞者が4人(※)もいるのに韓国が受賞できない理由は [04/18] :

« 【日朝】20世紀に「植民」した日本 朝鮮の伝統酒を廃絶へ追い込む 侵略戦争と酒 [04/18] | トップページ | 【韓国】日本は韓国に対する「恩恵の意識」を持たねば普遍的文明国家への発展困難~パク・ミョンニム延世大教授[04/18] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ