« 【対馬問題】 世宗実録など対馬は韓国領土証明する文献多数~「歴史的根拠は明白、積極的に返還運動を」[05/15] | トップページ | 【米国】日本語話せるか? 「YES、ミシミシ」→不正入国バレる[05/16] »

2011年5月17日 (火)

【韓国】 「福島事故は日本が全世界に加えた'テロ'だ!」~寄稿・韓国から見た福島[05/16]

【韓国】 「福島事故は日本が全世界に加えた'テロ'だ!」~寄稿・韓国から見た福島[05/16]

1蚯蚓φ ★ :sage :2011/05/17(火) 08:53:57.02 ID:???
 
次の文はキム・ジョンチョル<緑色評論>発行人が寄稿した「韓国からみた福島」全文だ(訳注:
長いので一部のみ翻訳)。5月末に発行予定の<季刊ピープルズ・プラン(People's Plan>6月号(第
54号)に掲載予定。
 
言うまでもなく、福島原発事故は日本だけの問題ではなく世界的規模の大災難だ。1986年チェル
ノブイリ事故は1期の原子炉が爆発した事故だったが、それによる放射能被害は北半球全域に及
び、その後遺症は今でも続いている。それなら、福島原発事故による被害はどの程度に達するの
か推測するのも恐ろしい。なぜなら福島では今、冷却システムが作動不能に陥った原子炉が3基
にもなるだけでなく、4基の原子炉では使用後核燃料棒の保存状態に深刻な異常が発生したと観
測されているためだ。すでに大気と海洋に放出された放射性物質も途方もないわけだが、今後も
この状況が続くことを考えれば戦慄を感じざるをえない。本意ではないが、今、日本は世界に向か
ってテロを行っているわけだ。
 
世界最高水準の技術先進国であり、過去の匠の精神がまだたくさん生きている国で知られる日本
で原発管理と地震に対する対応がどうしてあの程度のお粗末さになったのか真に理解し難い。何
より地震が頻発する国に何を考えて50基を越える原子力発電所を建設し運営してきたのかまっ
たく理解できない。その上、世界初で唯一の残酷な原爆被害をこうむった国がいくら電力生産とい
っても厳然とした核技術をどうして大きな抵抗なしで素直に受け入れてきたのだろうか。
(中略)
核技術に関する限り、軍事用と民需用の区別は事実上無意味だ。原子力発電所は潜在的な核兵
器製造工場といえるためだ。今日、様々な国家が原子力発電所を運営・拡大しようと注力している
のは決して電力需要を充足しようとする目的のためだった訳ではない。それは基本的に核兵器を
確保しようと考える国家主義的・軍事的野望に起因しているといえる。
 
日本が狭い国土の上に今50基以上の商業用原子炉を運営しているのも結局そのような国家主
義的・軍事的論理が作用しているためだろう。電力不足を埋めるために原子力発電所建設が避
けられないとはどの政府でも言う図々しい嘘だ。逆に原発を増設するために政府と関連産業界が
電力需要を人為的に作り出したり、電力需要予想値を操作する場合が多いと言える。
 
そのように見る時、日本という国家やはりこのようなトリックと嘘を持続しながら、生命と平和そして
民主主義、その何れとも両立できない原子力発電所システムを基盤にして平和産業を成し遂げて
きたとすれば、その平和は明確に偽りの平和で、その民主主義は偽物の民主主義という他ない。
実際に、戦後日本を実質的に支配してきた原理は「平和憲法」の精神とはほど遠いものだった。
 
もちろん、日本の戦後体制は戦前の軍事主義・侵略主義路線をあきらめることから出発したという
ことができる。だからと言って戦後日本が国内外に平和と民主主義的価値を宣揚して日本の政治
と経済がその路線に忠実だったとは絶対に言えない。かえって戦後日本経済が復興するために
踏み台を用意したのは何より朝鮮戦争とベトナム戦争にともなう特需であった。隣国が体験する
不幸と災難が日本にはかえって経済的跳躍の契機になったのだ。
そういう踏み台の上で展開した戦後日本の経済成長パターンは、簡略に言えば、国内的には食
糧自給政策の放棄の上で独立自営農民と地域経済の自立性を押しつぶし、対外的には貿易と原
材料確保という名目の下で開発途上国の貧しい民衆の生存・生活基盤を奪ったり損傷させること
で一貫してきた。これはグローバル資本主義体制が草の根民衆の自律的生存能力に加える全面
的な攻撃と蹂躪の一環でもあった。日本が経済的に強力になるということはグローバル資本主義
体制が無慈悲に'民衆の平和'を攻撃して蹂躪するメカニズムを強化することを意味した。
 
なので、結果的に戦後日本の政治・経済システムは戦前日本の侵略主義的システムと本質的に
軌を共にすることだったと言える。ただし戦前と違ったのは露骨な武力で他国の主権と領土を蹂
躪するのではなく、平和産業と通商貿易という形態で自国と開発途上国民衆の人生の基盤を侵
食してきたという点であろう。
 
結局、戦後日本が国家的に標ぼうしてきた自分のアイデンティティが何であろうとも、日本主流勢
力はいつも自身が良い暮らしをするためには自然や社会的弱者の運命はどうなろうが関係ないと
いう姿勢を堅持してきたということができる。例えば、実際に戦後、日本が過去にアジア隣国を侵
略したり植民地として支配してきた事実について真に謙虚な反省をしたという証拠は希薄だ。
かえって日本は絶えず靖国神社や歴史教科書技術問題などで問題を起こして、隣国が眼中にも
ないように行動してきた。もちろんこれは日本の権力エリートらと保守層に関する話だ。しかし、だ
いぶ体制批判的な知識人らの場合もこの問題においては意外に鈍感な態度を表わしてきたと思
う。戦後日本の良心的知識人の間で戦争責任を問う作業は比較的活発に行われてきたといえ
る。。しかし、日本の植民地支配がアジアの隣国はもちろんで、日本自身にも、どれほど大きな害
毒を及ぼしたか、致命的な歴史的後遺症を残したかという問題について十分に徹底した認識を表
わした知識人が果たして何人にもなるかは明らかでない。
 
日本が戦後も引き続きアジア隣国を軽視してきたことは、結局アジアの一員として生きていく心が
なかったためであろう。明治初期から日本はアジアの中にありながらもいつもアジアの外にある自
身を夢想してきた。福沢諭吉が唱えた脱亜入欧の思想はまだ日本人の精神構造の根底で無意識
の内に強力な影響力を行使しているのかもしれない。それなら、日本は太平洋戦争の敗北で歴史
的な教訓を学習できなかったというほかはない。もしかしたらその学習の欠乏が今の福島事態と
いう未曾有の災難で明らかになったことかもしれない。
 
戦前に日本がアジア隣国らを侵略した時、それはよく「人口が多くて資源乏しい」日本として生きる
道を企てるための方法だと弁護されたことがある。戦後日本経済が国内外的に自然環境と草の
根民衆の自立的生活基盤を破壊してきたのも同じ論理で正当化されてきた。しかし、こういう論理
が果たして妥当なものと評価できるだろうか。福島事態によって国土の相当部分を喪失する危機
に瀕した今、日本が本当に真剣に訊ね答えなければならないのはこの質問だ。
 
 
/キム・ジョンチョル<緑色評論>発行人
 
ソース:プレシアン(韓国語) "福島事故、日本が全世界に加えた'テロ'だ!"[寄稿]韓国でみた福島
http://www.pressian.com/article/article.asp?article_num=50110516121948§ion=05&t1=n
 

後半なんて関係ない文章だな。長いだけで。
で、全世界に売春婦をゆっしゅつしてるようなテロやら、サイバーテロを頻繁に行って、テロリストを英雄として祭り上げてるような国がこんな批判してもな。

« 【対馬問題】 世宗実録など対馬は韓国領土証明する文献多数~「歴史的根拠は明白、積極的に返還運動を」[05/15] | トップページ | 【米国】日本語話せるか? 「YES、ミシミシ」→不正入国バレる[05/16] »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/40021236

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】 「福島事故は日本が全世界に加えた'テロ'だ!」~寄稿・韓国から見た福島[05/16]:

« 【対馬問題】 世宗実録など対馬は韓国領土証明する文献多数~「歴史的根拠は明白、積極的に返還運動を」[05/15] | トップページ | 【米国】日本語話せるか? 「YES、ミシミシ」→不正入国バレる[05/16] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ