« 【東京】侵略美化の教科書いらない、在日韓国人の立場から発言「よその国を愛しなさいというところからが教育では」-赤旗[06/19] | トップページ | 【韓国】「酒を売ってくれない・・・」~腹立ちまぎれに放火(光州)[06/21] »

2011年6月21日 (火)

【韓国】「韓流のヨーロッパ征服? ひどい誇張…まだ遠い話」“外国人韓流第1世代”カナダ人マーク・ラッセル氏談[06/20]

【韓国】「韓流のヨーロッパ征服? ひどい誇張…まだ遠い話」“外国人韓流第1世代”カナダ人マーク・ラッセル氏談[06/20]

1 :なつあかねφ ★:2011/06/20(月) 18:35:25.73 ID:???
「いったいなぜ?」。先週フランス・パリを熱くした「SMタウン・ライブ・ワールドツアー」を見な
がら、韓国人は誇りに思いながらも、こうした疑問を抱いたはずだ。 
 
文化先進国のフランスとヨーロッパの若者がなぜ韓流に熱狂するのだろうか。まずインターナ
ショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)パリ本社の文化担当エディター、タラ・マルホランド氏に
電子メールで尋ねた。マルホランド氏は「ヨーロッパのアジアブームが韓国にまで及んだようだ。
米国・英国産ポップに疲れたヨーロッパファンに新鮮な刺激になった」と伝えた。また「就職難、
暗い未来で憂うつになっているヨーロッパの若者がK-POPを何か新しい解放口のように感じ
ているようだという分析もある」と紹介した。 
 
より深層分析をするために「外国人韓流第1世代」であるカナダ人マーク・ラッセル氏(40)に
2度の電子メールインタビューを行った。米ペンシルべニア大で歴史学を勉強したラッセル氏
は1996-2009年、ソウル・大田(テジョン)などに住みながら韓流専門家になった。偶然、
韓国インディーバンドの演奏を聴いて惹かれたのがきっかけだ。その後、ニューヨークタイムズ、
ウォールストリートジャーナル、ハリウッドリポーターなどに韓国の映画・大衆音楽について
寄稿している。 
 
韓流に対する考えと知識をまとめて09年に出した『Pop Goes Korea』は、ウォールストリート
ジャーナルが「韓流について外国人が書いた最初の本で、韓国の芸能産業の理解を助ける」
と好評した。ラッセル氏は現在、ヨーロッパのスペイン・バルセロナでフリーランサー文化批評家
として活動している。 
 
   以下は一問一答。 
 
--ヨーロッパの若者がK-POPに熱狂する理由は。 
 
「逆説的だが、韓国の内需市場が小さいのが良かったようだ。内需市場だけで満足できない韓国
大手企画会社のグローバル化戦略が成功した。外国人メンバーを含めて多国籍でスタッフをそろえ、
韓国だけでなく世界を狙ったのが通用した。さらに世界大衆音楽消費者の性向も新鮮なもの、新し
い地域に対する選みが強まる方向へと変わった。また最近の若者が疎通の主要道具として使う
フェイスブック、ツイッターのようなソーシャルネットワークサービス(SNS)は各国間の疎通の障壁
を取り払った。世界各国の文化が混ざり合いながら統合されるのが大勢だ。地域はもはや重要で
ない。こうした状況でK-POPが登場し、ヨーロッパの若者も抵抗感なく、むしろ‘K-POP=新鮮’
という等式で積極的に受け入れたようだ」

 
--実際、ヨーロッパで感じられる韓流ブームはどの程度か。 
 
「SMエンターテイメントのコンサートは確かに成功した。韓国メディアが『韓流がヨーロッパを征服
した』という形で報道するのは行き過ぎた表現だ。新鮮な衝撃でK-POPを好む流れが生じている
のは確かだが、韓流の‘熱気’は感じられない。私は韓国を愛しているが、冷静に流れを分析する
必要がある。現象をよく把握してこそ、韓流を継続するのに助けになるからだ。少女時代やスーパー
ジュニアが韓国の特徴的なコンテンツだから好きだということではないと思う。‘征服’という言葉は
ひどい誇張だ。現実的に2NE1とレディー・ガガのコンサートが同時にヨーロッパで行われるとすると、
誰がより高値でより多くのチケットを販売できるだろうか。レディー・ガガだ」 

 
 --ではパリに集まった若者の熱気はどう解釈するべきか。 
 
「若者たちが積極的に自分の意思表示をする傾向を見せているのではないだろうか。スペイン
はフランスの隣国だが、ここバルセロナのカフェでK-POPが流れることはめったにない。
主流文化に積極的に編入されたわけではないという傍証だ。しかし潜在力は十分にあるという
のが今回のコンサートで証明された。少なくともヨーロッパ大衆文化のサブカルチャー(下位
文化)の一つとして堂々と定着したということだ。実際それだけでも大変な進展ではないだろ
うか」 
 
   --潜在力をさらに引き出すにはどんな努力が必要か。 
 
   「ヨーロッパの大衆音楽はポップだけでなくロック、ヘビーメタル、エレクトリックなど多様な
ジャンルで構成されている。韓国で‘韓流’というグループを見ればダンス音楽一辺倒だ。
多様性がない。
これは一日で解決する問題ではない。アイドル中心のダンス音楽でインパクト
を与えたとすれば、その流れを続けられるように多様なコンテンツが後押しされなければなら
ない。大衆音楽ファンは常に新しいものを望む。日本アニメがヨーロッパ・北米地域で80年代
に旋風的な人気を呼んだ後、今では主流文化として定着している背景には、アニメの多様な
コンテンツがある。今のK-POPのアイドルダンスグループを見れば誰が誰なのか特色が
表れていない。
YGエンターテイメントの2NE1やBIGBANGのほうがメンバー構成や音楽で
個性がさらに引き立って見える。SMエンターテイメントは10代のアイドルダンス音楽に純粋に
集中しているようだ。しかしイ・スマン代表、ヤン・ヒョンソク代表、パク・ジニョン代表のような
大衆音楽界のリーダーは今まで世界市場をよく切り開いてきた。特にパク・ジニョン代表の
ワンダーガールズが米国で収めた成果はさまざまな条件を考慮すれば注目に値する。米国
市場は他国の大衆文化により排他的な面があるからだ」
 
--多様性の向上のためにはどんな点を補完するべきか。 
 
「ピドゥルギウユ(=鳩牛乳)というチームを聞いたことがあるか。ギャラクシーエクスプレス
は知っているか。韓国人もあまり知らない韓国出身のインディーバンドだ。ともに米国の主

音楽フェスティバル‘サウス・バイ・サウス・ウェスト(別名SXSW)’で大きな反響を呼
んだ。このように自国では注目されないが、自分たちの音楽カラーを持ち続けているバンドに
希望がある。私が初めて韓国大衆文化にはまったのも偶然‘Pippi Long Stocking’や
‘セポメピンタルギッコ(=新春に咲くイチゴの花)’などのインディーバンドの公演を見て
からだった。韓国インディーバンドの音楽は創造的で新鮮だ。現在K-POPはノウハウと文化
権力を持つ大型企画会社の数人によって左右されている。アジア以外の地域で韓流を継続して
いくには非主流にもう少し関心を傾けなければならない。韓国政府もすでに成功したアイドル
ダンス音楽よりも、インディーバンドやロックグループを発掘して支援する努力をするべきだ
と助言したい」 
 
--単に音楽にだけに限られた話ではないようだ。 
 
「映画・漫画・テレビドラマなどすべての大衆文化ジャンルに通じる話だ。キム・ギドク監督
の映画『春夏秋冬そして春』は韓国では4万人の観客しか集まらなかった。しかしこの映画は
数年間、外国の韓国映画ファンが‘ナンバーワン’に選ぶ映画だった。60年代、70年代当時、
韓国大衆文化の層はもっと厚かった。個人的に最も好きなシン・ジュンヒョンや『下女』を撮影
したキム・ギヨン監督を見ても、哲学と大衆性を持つ文化の歴史がある。こうした特徴を韓国
政府がうまく生かせればというのが私の思いだ。韓国政府は扇の舞いや国楽のような伝統文化
だけを強調する傾向がある。本当の意味で文化の多様性を心得てこそ、韓流の可能性も極大化
できる」 
 
  2011/06/20
http://japanese.joins.com/article/975/140975.html?servcode=A00&sectcode=A00
 
写真
http://japanese.joins.com/upload/images/2011/06/20110620174501-1.jpg

まあ、そうはいっても、韓国じゃ征服やら、占領やら使ってホルホルするだけだから警告したところで無駄なんだろうけど。

« 【東京】侵略美化の教科書いらない、在日韓国人の立場から発言「よその国を愛しなさいというところからが教育では」-赤旗[06/19] | トップページ | 【韓国】「酒を売ってくれない・・・」~腹立ちまぎれに放火(光州)[06/21] »

寒流」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/40482320

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】「韓流のヨーロッパ征服? ひどい誇張…まだ遠い話」“外国人韓流第1世代”カナダ人マーク・ラッセル氏談[06/20]:

« 【東京】侵略美化の教科書いらない、在日韓国人の立場から発言「よその国を愛しなさいというところからが教育では」-赤旗[06/19] | トップページ | 【韓国】「酒を売ってくれない・・・」~腹立ちまぎれに放火(光州)[06/21] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ