« 【韓流】「海峡を渡ればイギリスなのに」「どうかメキシコにも」「ドバイに来て」…世界中のK-POPファンが「私の国にも来て」[6/13] | トップページ | 【韓国】「隣の犬が吠えてうるさい・・・」~隣家の犬7匹殺した60代(大田)[06/15] »

2011年6月14日 (火)

【東京】ドラマ1本、俳優1人で、町が、日本人の視線が変わった…「イケメン」登場で激変した、コリアンタウン・新大久保の今[6/14]

【東京】ドラマ1本、俳優1人で、町が、日本人の視線が変わった…「イケメン」登場で激変した、コリアンタウン・新大久保の今[6/14]

1 :もろだしφφ ★:2011/06/14(火) 00:21:51.97 ID:???
(※抜粋です。全文は週刊ポスト誌面でどうぞ)
 
ソース(週刊ポスト 6/24号 129~132ページ 「現場の磁力」 山藤章一郎氏と週刊ポスト取材班)
 
 土曜日夕刻6時。新宿・歌舞伎町の裏を走る<職安通り>に面した韓国グッズ、コスメ店<オルチャン>。
 
 通りまでこぼれたおばちゃん、娘、コギャルを掻き分けて店内に進む。グッズの棚の隙間を抜ける。すだれ、韓国海苔、韓国コスメ、
マグネット、レターセット、なんでもある。ただし、どれもスターの写真を勝手にプリントしたような粗悪品に見える。プロマイド、ボールペン、
みな正規のものには遠い。しかし彼女らは嬉々と品物を選んでいる。
 
 店名の<オルチャン>の<オル>は顔。<チャン>は「めっちゃいい、サイコー」の意味。つまりイケメン。今回のレポートはこの
「イケメン」をキイワードに、日韓の接点のいまを点描する。
 
 月曜日夜9時。同じ<職安通り>に面した古びたマンションビルの半地下にある韓国料理店<武橋洞(ムギョドン)>に入る。
いまから30年ほど前の1980年代、歌舞伎町から大久保界隈にかけて初めてできた韓国料理店である。<武橋洞>はソウルの
街区の名。その頃、眩しく発熱する歌舞伎町から通りひとつ越えたここは、薄暗がりにかくれていた。
 
 鄭順子(チョン・スンジャ)さんというオンマの店だった。鄭さんは、朝鮮戦争で未亡人となり、子育てのために日本に渡ってきた。
歌舞伎町の韓国クラブの厨房で働いてカネを貯め、この店を出した。辺りには、家賃の安いアパートが軒をつらねて、住みやすかった。
 
 日韓併合、植民地化政策以降、理由のない韓国蔑視が戦後なおはびこっていた時代である。日韓は「はるかに近くて遠い国」で、
鄭オンマは渡日して辛酸を舐めたひとりの女の典型だった。
 
 鄭オンマと<武橋洞>を切り盛りしていた姪の久美子さんの回想。「90年代の始まり、店の前にベニア板のテーブルを出すほど
繁盛したんです。深夜を過ぎると、歌舞伎町で働く韓国の女の子たちが日本人の男を連れて来て。それでも、高い差別の壁が
ありました。『にんにく臭い』『この馬鹿チョウセン女め』と、つらい言葉の唾をしょっちゅう吐かれました」
 
■ドラマ1本、俳優1人で町が激変した
 
 『民団新宿60年の歩み』(民団新宿支部発行)は、敗戦後の新宿界隈に「30~40世帯の<朝鮮部落>らしきものがあった」と
記述している。豚、鶏を飼い、トウモロコシなどの菜園をつくり、日雇いや「立ちんぼう」と呼ばれる労務者の仕切りが朝鮮部落の
主な仕事だった。
 
 その仕切り屋たちのわきに、辛格浩(シン・キョクホ)と名乗る男が小さな工場を建てた。18歳のとき、慶尚南道の寒村から渡ってきて、
蒲田の工場の雑役、荷受仕事をしてきた男だった。
 
 日本の敗戦により、祖国・韓国は植民地から解放された。それから幾日も経たない時期、辛は鍋釜と石油缶で石鹸を作り始めた。
ポマードも石油缶で作った。いずれも飛ぶように売れ、翌年、化粧品に手を出した。これも鍋と釜でできた。商品に名をつけなければ
ならない。
 
 青年時代に深い感銘を受けた『若きウェルテルの悩み』の主人公が恋した相手の名を採った。<ロッテ>。
 
 のちに進駐軍の噛んでいるチュウインガムがいい商売になりそうだと、ガムの製造販売にも本腰を入れるようになった。大久保近辺に
できた初めての本格的な工場だった。<朝鮮部落>の労働力をあてにした。日本名を<重光武雄>と名乗った。歌舞伎町が、
葦の生える湿地と大根畑で、大久保病院にまだ<陸軍伝染病院>の名残りがあった時代である。
 
 在日は、国鉄の国有地や河川の堤防ぎわのゼロ番地のバラック小屋などに住み、貧しく、ゆえのない被差別を強いられた。
「(辛氏は)ハンジという朝鮮風の大きな木製のたらいを使って手作業でガムをつくっていた」と前出の民団冊子にある。いまもそのとき
のままに<ロッテ>は山手線・高田馬場と新大久保の間で操業している。
 
 そして時を経て、1988年、ソウルオリンピック、2002年、ワールドカップ日韓共催から歴史がうねり始めた。うねらせたのは政治でも
国際ルールでもなく、スポーツと芸能だった。
 
 海外と日本のドラマを売買する会社に丸田智子さんという人がいる。丸田さんは100本以上の韓国ドラマを見た。そのなかに
『冬のソナタ』があった。これをNHKのために買い付けた。
 
 交通事故で死んだ恋人とそっくりな男に出会って、婚約者との間で心を揺らすラブストーリーである。ナイーブな恋が一歩一歩、
深い人間的な悲しみに育つ愛情の過程が丁寧に描かれていた。
 
 反響の大きさに、NHKは繰りかえし再放送した。ワールドカップから2年、2004年のことだった。
 
 前出の<武橋洞>を手伝っていた久美子さんは、このドラマの主役・ヨン様の効果に驚嘆した。
 
 「ヨン様で、この辺りの空気が一変しました。それまでは、『この馬鹿チョウセン女め』とさんざん罵られていたんですが。お湯をそそぐと、
ヨン様の声がほんとにかすかに聞こえるカップが売り出されたの。4980円、べらぼうな値段でしょ。それを日本人のおばさまが2個も買う。
 
 それ以来でしょうか、韓国料理の臭いがぷんぷんする通りにも平気で来る、馬鹿にする人もいなくなったの。日本人の韓国観が、
まさかドラマ1本、俳優ひとりで激変するなんて思いもしていなかった」
 
 そしていまの<韓流(ハンリュウ)>の賑わいに続く。
 
 土曜日午後7時。ほぼ300メートルほど隔たって並行に走る<職安通り><大久保通り>ふたつのヨコ通りを結ぶ2本のタテ路地に、
おばちゃん、コギャルが群がっていた。トッポギを売る屋台から唐辛子の匂いが鼻を刺し、韓国アイドルの立て看の前で50過ぎの
4人組のおばちゃんがピースサインを出している。
 
■“聖地”はドラマを完全に再現
 
 土曜日午前11時。JR新大久保駅。この駅のホーム下の線路で日本人を救おうとして命を落とした韓国人青年・李秀賢さんを
追悼するプレートが階段口にある。<韓流>女たちは気づいているか。
 
 駅前に、広場はない。バスの走る大久保通りの舗道に女たちがあふれて前に進めない。(時代は)「原宿から新大久保へ」という
フレーズもあながち誇張でもないのか。
 
 女たちの聖地<コーヒープリンス1号店>をめざす。韓国MBCで放送された全17話+SPのテレビドラマを冠した店名である。
イケメンが大挙出演するラブコメディだった。日本人婦女子の気持ちも鷲づかみにした。<新大久保イケメンコンテスト>の優勝者
がいる<2号店><3号店>もある。いずれも新大久保駅から5分とかからないビルの中。
 
 3階までのエレベーターに乗り、扉がひらくと、店内は女たちですし詰めの状態だった。入れる余地はまったくない。最後尾、美形の
すらりと長いナマ脚の女が答えた。「ここ、ドラマの店を再現してるの。そりゃもう、イケメン従業員がいるカフェだから来たんです」
 
 仕方なく路地を行き来して時間をつぶす。ついこの前まで、コロンビアほか中南米の女たちが夜になると客を引き、安いラブホテルに
駆け込んでいた通りである。日本経済が吹き飛び、ここから、ニセ牧師、やくざ、イラン人、ロシア人、みないなくなった。
 
 新大久保駅にけたたましく降り立ち、一瞬のうちに立ち去る日本人女を彼らはどう見ているのか。<在日韓国飲食業協会副会長>
金徳浩さんの話。
 
 「昨年の末から爆発的に集まってくる日本人は、安いもの、手軽なもの、流行のものだけを求めています。韓国の店の側も、
はやりものばかりを追う。チヂミが良ければチヂミ。餅なら餅。プライドがないから、本物を追求しないのです。遠くない日にブームは
去ります。危機感ばかりです」
 

近寄りたいとも思わんけどね。
新大久保の話からずれるけどさ、韓国のイメージ変わったならなんであんなに辛ラーメンとか韓国の水とか売れ残るんだよ。

« 【韓流】「海峡を渡ればイギリスなのに」「どうかメキシコにも」「ドバイに来て」…世界中のK-POPファンが「私の国にも来て」[6/13] | トップページ | 【韓国】「隣の犬が吠えてうるさい・・・」~隣家の犬7匹殺した60代(大田)[06/15] »

在日」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

韓国は最近やること狂っているね。経済もおかしくなるし、ボチボチ韓国も終わりだねえ。金もかからんことばかりで、背伸びして、くだらんことばかり、もう末期だね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/40392098

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京】ドラマ1本、俳優1人で、町が、日本人の視線が変わった…「イケメン」登場で激変した、コリアンタウン・新大久保の今[6/14]:

« 【韓流】「海峡を渡ればイギリスなのに」「どうかメキシコにも」「ドバイに来て」…世界中のK-POPファンが「私の国にも来て」[6/13] | トップページ | 【韓国】「隣の犬が吠えてうるさい・・・」~隣家の犬7匹殺した60代(大田)[06/15] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ