« 【韓国】ハングルの優秀性をアピール 「ハングル博物館」着工式、2013年開館へ-ソウル[07/13] | トップページ | 【国内】1人1泊1000円 富山市、韓国からのツアーに助成[07/15] »

2011年7月15日 (金)

【韓流】ロンドンのKPOPイベント、参加者は1000人どころか50人!現地メディアも反応なし!イタリアでは参加者が殆ど来なかった[7/14]

【韓流】ロンドンのKPOPイベント、参加者は1000人どころか50人!現地メディアも反応なし!イタリアでは参加者が殆ど来なかった[7/14]

1 : [―{}@{}@{}-] Korean Monkeys (韓国猿)@動物園φ ★:2011/07/15(金) 05:47:51.62 ID:???
ロンドンに最小1000人? Kポップをたたえること酷すぎた 
[現地]期待が失望に... ヨーロッパ新韓流、正しく理解してこそ 
 
11.07.10 18:09 パク・ソンウ 
 
http://ojsfile.ohmynews.com/STD_IMG_FILE/2011/0710/IE001325954_STD.jpg 
▲フラッシュモブに関連し現地韓国文化院が準備した報道資料(c)パク・ソンウYG 
 
9日(現地時間)午後3時、ロンドン都心トラファルガー・スクエアで演芸企画会社YGエンターテインメント所属歌手 
らの現地公演を要求するフラッシュモブ(Flash Mob、互いに知らない不特定多数がインターネットと電子メール、 
携帯電話などの連絡を通じて約束された時間、約束された場所に集まって短い時間の間与えられた遊びや行動を 
取ること)が約50人余りのK-POPファンたちが参加した中で開催された。 

 
午後1時、「Bring YG to the UK」という名前の今回の行事のための合同プレス・カンファレンスがロンドン・韓国 
文化院(院長ウォン・ヨンギ)地下プレスルームで開かれた。韓国から招請されたYG関係者たちと記者団、特派員団と今回の 
行事を主催した代表者3人、そして英国側からテムズ・フェスティバル行事関係者たちが参加した。 
 
文化院があらかじめ準備して配布した資料には、この日の行事の予想参席者が1404人という内容と時間別の行事日程、 
行事の移動動線、行事進行に対する情報、そして移動動線にともなう略図まで添付されていた。合同記者 
インタビューが終わって現場に集まった50人を越える記者団と行事関連者はヨーロッパでの新韓流の実体を 
確認するという限りなく浮き足だった心を持って現場に移動した。 

 
 
K-POPファン1000人以上参加?1時間で期待が心配に 
 
http://ojsfile.ohmynews.com/STD_IMG_FILE/2011/0710/IE001325955_STD.jpg 
▲フラッシュモブ参加者らの熱を帯びたパフォーマンス(c)パク・ソンウYG 
 
午後3時いよいよ行事が始まった。 本来週末ならば足の踏み場がないほど込み合うトラファルガー・スクエアの 
事情を考慮して20分前に到着したが、参加者の群れを探すために東奔西走した。韓国記者たちがいっぱい 
集まっている所で行事を発見した。 
 
あらかじめ告知されていた最小1000人以上が自発的に参加しに集まるだろうという「期待」が新韓流に 
対する「心配」に変わるまでにかかった時間は行事進行後のわずか1時間で充分だった。
本記者が実際に確認 
した中でフェイスブックを通じて前日までに参加申請をした人員は1200人を越えたし、それでも多くの 
人々が予想した400~500人は集まるだろうという期待とは違い、その時間に現場に姿を表わした人は情熱的な 
参加者50人余りに過ぎなかった。
3時に始まる当時30人余りだった人員が少しずつ増えて50人余りに達した。しかし少人数の参加者の熱気は熱く、 
約1時間かけてグループ2NE1とビッグバンのヒット曲をまねて踊って、彼らの熱い情熱を示した。トラファルガー・ 
スクエアを過ぎ去った人々も好奇心からしばらく足を止めて見守ったりもした。
 
 
午後3時45分、予定された17曲のYG関連の歌に対するパフォーマンスを終えた後、参加者は、トラファルガー 
広場を離れ、デモ行進を始めた。彼らはYGの英国コンサートを要求するプラカードを持ってスローガンを叫んだり 
歌を歌ってテムズ川を渡って行って、近隣の韓国文化院の前に最終的に集結した。 
 
彼らは文化院の前で2NE1の「私が一番いい」を最後にみんなで歌った後散在し、次を誓約した。 
参加者たちの面々を見れば英国人を含んだヨーロッパ人らと中国人などアジア系、そして韓国人など 
比較的多様だったし、大部分は10代、20代の女性たちだった。 
 
(中略)このようにヨーロッパでのK-POP普及は、ニューメディアの多媒体使用の普遍化と地域性のグローバルな 
産業化が進行されながら発生した諸地域の大衆文化の自然発生的流行の流れの中の一つと見える。ここに 
我が国のように政府と巨大演芸企画会社主導の文化産業ブランディング戦略が結合しながら現在の「新韓流」の 
ように顕著な動きを作っているのだ。 
 
このような現象は特に韓国メディアらによって「韓流のヨーロッパ上陸」というタイトルの下に大々的に報道 
されているが英国現地言論の反応はほとんど探せない。「韓流の上陸」が現地言論でも特筆大書されたアジア 
地域での反応とはかなり異なると見ることができる。 
 
ただしK-POPはソーシャルメディアに長けていてグローバルな「地域性」を「クール」と受け入れる一部の若い 
収容者層によって少しずつ席を占めていると見られる。 (中略) 
 
イタリア、ミラノから旅行でロンドンを訪問して今回の行事に参加することになったというおよそ20代の韓国 
女性は自身をビッグバンのファンだと紹介した後、イタリアと英国の韓流に対する差を説明した。 
 
「イタリアの人々はさらに狂的で保守的で、幼い友人らを中心に大衆音楽を聞いたためか韓流に対する関心と 
認識が全くない。反面ここにロンドンでは大いに違うようで驚くべきだ。」 
 
それによるとヨーロッパでは主に韓国人が作って主導して外国人が参加する形態のフラッシュモブやパフォー 
マンスが主をなしていると。実際イタリアでも似た意図のフラッシュモブが行われたが参席者がほとんど 
こなくて失敗していたと伝えた。(以下略) 
 
ソース 
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001594312 

海外のほうの反応見ればわかるとおり、日本の推し方がおかしいってことだわ。

« 【韓国】ハングルの優秀性をアピール 「ハングル博物館」着工式、2013年開館へ-ソウル[07/13] | トップページ | 【国内】1人1泊1000円 富山市、韓国からのツアーに助成[07/15] »

寒流」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/40819885

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓流】ロンドンのKPOPイベント、参加者は1000人どころか50人!現地メディアも反応なし!イタリアでは参加者が殆ど来なかった[7/14]:

« 【韓国】ハングルの優秀性をアピール 「ハングル博物館」着工式、2013年開館へ-ソウル[07/13] | トップページ | 【国内】1人1泊1000円 富山市、韓国からのツアーに助成[07/15] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ