« 【フジテレビ】高岡蒼佑が韓流騒動を語る 「タブーがよく分からなかった」[12/22] | トップページ | 【韓国】「ハートDOKI☆DOKI」(写真)[12/24] »

2011年12月23日 (金)

【韓国起源】韓半島では未発見の植物3種の自生地を発見――日本固有種も自生していた[12/22]

【韓国起源】韓半島では未発見の植物3種の自生地を発見――日本固有種も自生していた[12/22]

1 名前:天の書記φ ★[sage] 投稿日:2011/12/22(木) 18:10:45.11 ID:???
(ソウル=聯合ニュース)パク・デハン記者=

環境部傘下の国立生物資源館は、特異生息地生物相調査事業の実施結果、済州島(チェジュ=ド)と
鬱陵島(ウルルン=ド)、安眠島(アンミョン=ド)で
 「プルンモンウルプル」(푸른몽울풀)(※1)
 「キンッコリヂェビッコッ」(긴꼬리제비꽃)(※2)
 「トランバヌルサチョ」(도랑바늘사초)(※3)
などの、韓半島では未発見だった植物3種の自生の事実を確認したと22日明らかにした。

プルンモンウルプル(Elatostema laetevirens)は日本の固有種として知られているイラクサ科の植物で、
済州島の低地帯、渓谷部に自生していることが分かった。

キンッコリヂェビッコッ(Viola inconspicua、仮称)は、東南アジア・インド・中国・台湾・日本などの熱帯および
亜熱帯地域に主に分布するスミレ科の植物で、済州島や内陸部ではなく半島部と連結したことのない海洋島
である鬱陵島で確認された。

日本と中国南部の一部地域に分布するカヤツリグサ科植物のトランバヌルサチョ(Carex rhizopoda、仮称)は、
安眠島の山地渓谷で50程の個体が自生中だと分かった。

国立生物資源館は、今回発見された3種の分布が限られており個体数が非常に少ないため、種子の確保および
個体数の増殖を推進する計画だ。

聯合ニュース/韓国語(2011/12/22 12:00)
http://www.yonhapnews.co.kr/society/2011/12/22/0701000000AKR20111222040300004.HTML

※1 プルンモンウルプル
学名 Elatostema laetevirens
標準和名 ヤマトキホコリ(山時ほこり)
イラクサ科ウワバミソウ属の多年生草本。
全国的に分布する日本固有種。

※2 キンッコリヂェビッコッ
学名 Viola inconspicua subsp. nagasakiensis
標準和名 ヒメスミレ(姫菫)
スミレ科スミレ属の多年草で、タイワンコスミレ(学名 Viola confusa Camp)の亜種とされる。
本州(秋田県以南)、四国、九州及び台湾に分布。

※3 トランバヌルサチョ
学名 Carex rhizopoda
標準和名 シラコスゲ
カヤツリグサ科スゲ属シラコスゲ節の湿生植物。
スゲ属自体は世界中に分布し、変異の幅が広いために毎年のように亜種が発見される。

2 名前:神條 遼"メタトロン"ねーちん ◆2/P6Chairg [] 投稿日:2011/12/22(木) 18:10:59.01 ID:8yA3jwOn
>>1
『自生していた』って、『人為的な手が加わる前から自然にそこに生えていた』って意味なんだけど……
解ってるか?w

>2で終わってた。
ソメイヨシノ見てたら勝手に植えてても自生といいそうだし。

« 【フジテレビ】高岡蒼佑が韓流騒動を語る 「タブーがよく分からなかった」[12/22] | トップページ | 【韓国】「ハートDOKI☆DOKI」(写真)[12/24] »

起源主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/43478820

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国起源】韓半島では未発見の植物3種の自生地を発見――日本固有種も自生していた[12/22]:

« 【フジテレビ】高岡蒼佑が韓流騒動を語る 「タブーがよく分からなかった」[12/22] | トップページ | 【韓国】「ハートDOKI☆DOKI」(写真)[12/24] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ