« 【毎日新聞・社説】日中韓のきしみ 誤解や臆測が負を生む…領土や歴史認識が常に妨げに、いずれの国にも不幸なこと[07/14] | トップページ | 【韓国】「遠征性売買あっせん」の日本の事業主に対し、控訴審で追徴金減額[07/14] »

2012年7月15日 (日)

【民団新聞】「日本人が来て種籾用の米まで全部持っていった」…在日1世が語る解放前の体験談-奈良・天理[07/11]

【民団新聞】「日本人が来て種籾用の米まで全部持っていった」…在日1世が語る解放前の体験談-奈良・天理[07/11]

1 名前:水道水φ ★[] 投稿日:2012/07/14(土) 23:06:18.94 ID:???
∞聞かせて!解放前の体験…天理・北中学で市民講座
∞夜間学級で学ぶ在日1世講師に

 【奈良】天理市立北中学校夜間学級で学ぶ在日1世を講師にして、解放前の体験談を聞く市民講座が6月
23日、同中学校で開かれた。

 この市民講座は、夜間中学生の持っている知恵や技、昔の経験を広く市民に伝えようと、約10年前から
始まった。これまでハルモニの糸紡ぎや、キムチづくりなども行ってきた。昨年度からは学期毎の開催と
なり、今回は「聞かせて!ハルモニの昔の話‐植民地にされた朝鮮」と題して、80~90代のハルモニ5人が
講師を務めた。約30人が熱心に耳を傾けた。

 慶尚北道出身の朴尚任さん(93)は、「小正月に村中で楽しく遊んでいると、若い日本人が来て、『日本に
行けばいい暮らしができる』と言って、新婚ほやほやの従兄弟の兄さんを日本に連れていった」と話した。

 姜必善さん(92)は慶尚南道出身。7歳の時、お米の強制供出の現場を目の当たりにした。「収穫したばか
りの米を選別しているとき、日本人が来て、いい米を全部持って行きました。来年にまく種もみの米まで見つ
けて、これも持って行きました。ハラボジが『来年は米を作れない』と嘆いていました」。

 最後に、あるハルモニは夜間学級で学ぶ喜びを次のように語った。「夜間学級に来て先生に久しぶりに
本名で呼んでもらい、名前も書けるようになって、とてもうれしくなりました。この嬉しさは忘れられません。
親につけてもらったこの名前を、あの世まで持っていきます」。

ソース:(2012.7.11 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=18&category=2&newsid=16166

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1342274778/

そんな酷い国に居続ける必要ないんじゃないかな。
差別も何もない祖国にお帰りくださいよ

北斗の拳の種もみ爺さんでも参考にしたの?

« 【毎日新聞・社説】日中韓のきしみ 誤解や臆測が負を生む…領土や歴史認識が常に妨げに、いずれの国にも不幸なこと[07/14] | トップページ | 【韓国】「遠征性売買あっせん」の日本の事業主に対し、控訴審で追徴金減額[07/14] »

在日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/46332405

この記事へのトラックバック一覧です: 【民団新聞】「日本人が来て種籾用の米まで全部持っていった」…在日1世が語る解放前の体験談-奈良・天理[07/11]:

« 【毎日新聞・社説】日中韓のきしみ 誤解や臆測が負を生む…領土や歴史認識が常に妨げに、いずれの国にも不幸なこと[07/14] | トップページ | 【韓国】「遠征性売買あっせん」の日本の事業主に対し、控訴審で追徴金減額[07/14] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ