« 【芸能】パリで2万人が「江南スタイル」11/05] | トップページ | 【鳥取】マンガサミット参加の韓国一行、米子空港に到着[11/07] »

2012年11月 7日 (水)

【インタビュー】「韓中日関係はガラス細工」~中国や韓国に憧れを抱きながらも恐怖し軽蔑する日本=京都大・山室信一教授[11/5]

【インタビュー】「韓中日関係はガラス細工」~中国や韓国に憧れを抱きながらも恐怖し軽蔑する日本=京都大・山室信一教授[11/5]

1:水道水φ ★ [] :2012/11/07(水) 00:10:09.00 ID:???
∞<インタビュー>京都大の山室信一教授「韓中日関係はガラス細工」

【ソウル聯合ニュース】「韓日関係など東アジア3カ国の関係はガラス細工のようです」――。

 京都大学の山室信一教授(近代法政思想史)は、韓中日3カ国の関係をそう表現した。

 「ガラス細工は作るのに非常に長い時間がかかりますが、壊れるのは一瞬です。ガラスがどんな
ものか把握し壊さないのが重要です」と強調した。

 韓中国交樹立20周年と日中国交樹立40周年を記念して2~3日、ソウル・延世大学で韓国政
府系の東北アジア歴史財団が主催する国際学術会議が開催された。会議出席のため韓国を訪れた
山室教授がインタビューに応じた。

 

山室教授は同会議で「曼陀羅(まんだら)としての中国-日本から見た視点」をテーマに基調講演
を行った。近代以降日本が中国と朝鮮を蔑視し、侵略対象として見るに至ったことについて「距離の
苦悩が生んだ憧れと恐怖」という概念で分析した。

 尖閣諸島問題、独島問題は国民感情、「心の問題」を把握しなければ解決はできないと指摘した。

 山室教授は韓国を見つめる日本人の意識世界を説明しながら神功皇后の三韓征伐を例に挙げた。

 「神功皇后が新羅・高句麗・百済の三韓を征伐したという話だが、事実ではなく神話に過ぎません。
しかし、三韓征伐神話は日本が近代化する時期に注目を集め日本の韓日併合や植民地支配に影響
を与えました。神功皇后は新羅に財宝が多かったため新羅を征伐したものの、征伐後は新羅の人たち
を下層の者扱いしたという内容が出てきます。憧れ(財宝)と軽蔑(下層の者)という相反する側面を表
しているわけです」と分析した。

 新羅に憧れを抱きつつも恐れ感じ、軽蔑することで恐怖心を治めたということだ。

 また、脱亜論を主張した福澤諭吉も中国や韓国を下に見たわけではなく、大国になることに恐怖心
を抱いていたと指摘した。その恐怖感が逆に蔑視へとつながったと主張した。

 現代の日本でも同じ現象が見られるという。

 「中国が大国となり、韓国が日本の大企業を上回る成長を見せていることへの反発として、中国と
韓国を蔑視する風潮が強まっています。領土問題をめぐる法的問題が解決しても、心の問題が解決
しなければ意味がありません」と主張した。

 山室教授は歴史認識問題と国民感情の問題は簡単に解決するものではないため、長い時間
努力が求められると指摘した。また、メディアの役割の重要性を強調しながら「国民の感情をあおる
のではなく冷静で迅速に複数の立場から報道すべきです」と話した。

ソース:中央日報日本語版 2012年11月05日17時01分
http://japanese.joins.com/article/575/162575.html?servcode=A00&sectcode=A10

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1352214609/

あこがれてるのお前だけなんじゃね。

福沢諭吉『脱亜論』 明治18年(1885年)3月16日

日本の不幸は中国と朝鮮だ。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、
同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、
日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、
しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、
道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも
「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は
捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよ
い。

悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

恐怖心か微塵もなさそうだけど。

« 【芸能】パリで2万人が「江南スタイル」11/05] | トップページ | 【鳥取】マンガサミット参加の韓国一行、米子空港に到着[11/07] »

捏造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/47752191

この記事へのトラックバック一覧です: 【インタビュー】「韓中日関係はガラス細工」~中国や韓国に憧れを抱きながらも恐怖し軽蔑する日本=京都大・山室信一教授[11/5] :

« 【芸能】パリで2万人が「江南スタイル」11/05] | トップページ | 【鳥取】マンガサミット参加の韓国一行、米子空港に到着[11/07] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ