« 【在日韓国人】「新大久保での在特会の嫌韓デモを看過できぬ」民団青年会、抗議活動として5月半ばに桜井代表へ公開質問状送付[05/02] | トップページ | 【朝鮮日報】天皇陛下万歳三唱した安倍首相に沖縄が怒り心頭、社民・照屋議員ら「琉球は日王の日本から独立したい」[05/02] »

2013年5月 2日 (木)

【韓国】与野党議連、日本の右傾化に対抗するため慰安婦問題専門機構・中台比米露などによる共同経済制裁を発案[05/02]

【韓国】与野党議連、日本の右傾化に対抗するため慰安婦問題専門機構・中台比米露などによる共同経済制裁を発案[05/02]

1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ [] :2013/05/02(木) 01:32:37.29 ID:???
"慰安婦解決機関"、 "戦争被害国のネットワーク"などの提案

(ソウル=連合ニュース)=国会が安倍晋三首相の侵略戦争否定をはじめとする
日本の急激な右傾化の動きに対処するために、多角的対策作りに乗り出した。

特に、これまで日本の周期的な歴史挑発に対し、政府は '静かな外交'で、
国会は何の実行力のない非難決議案の採択レベルにとどまって消極的な行動を是正するという主張が力を得ている。

与野党の議員で構成される "日帝強占期の人権被害問題対策フォーラム"は30日、国会で記者会見を開き、
国会、政府、市民団体関係者が共同で参加する "慰安婦問題の解決対策機構"の設置を提案した。

フォーラムのセヌリ党イ・ジュヨン議員は、
"安倍首相の暴言と大臣の靖国神社参拝など日本の歴史的認識を明らかに示している"とし、
"国会が昨日糾弾決議案を通過させたことに加え、政府も積極的に対応に乗り出す "と促した。

民主統合党ユンフドク議員は "日帝強制占領期間に行われた人権侵害、反人倫的蛮行、戦争犯罪は、
一つ一つ明らかにして歴史に記録しなければならない"としながら
"今こそ政府が正しい歴史認識を国民の前に堂々と宣言しなければならない時"とと主張した。

セヌリ党"東アジアの平和と繁栄のための歴史の立て直し特別委員会"(仮称)もこの日、国会で初会議を開き、
日本の蛮行を糾弾し、対策を提示した。

ナム・ギョンピル委員長は "日本が本当に痛くて反省することができるように、過去とは別の戦略と方法が必要だ"としながら
"国際協力を通じて人類の普遍的価値を無視する日本の行為を批判しなければならない"と述べた。

ヨサンギュ議員は "中国、台湾、フィリピンなど、日本の侵略を受けた国の米国、ロシアも含めて
戦争被害国のネットワークを構成して一緒に活動すると効果的である"としながら
"抗議訪問はもちろん、経済的な共同対応も検討しなければならない"と明らかにした。

バクミンシク議員は "このようなことがあるたびに怒って糾弾はたくさんしたが、
実質的には緩慢にゆったりとした態度がなかったのか自分達の反省も行われなければならない"と指摘した。

ソース(韓国語)
http://media.daum.net/politics/others/newsview?newsid=20130430150913146

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367425957/

一言断交すると言えばすむ話だろ。
周辺国巻き込まないと、お前は何も出来ないのか

« 【在日韓国人】「新大久保での在特会の嫌韓デモを看過できぬ」民団青年会、抗議活動として5月半ばに桜井代表へ公開質問状送付[05/02] | トップページ | 【朝鮮日報】天皇陛下万歳三唱した安倍首相に沖縄が怒り心頭、社民・照屋議員ら「琉球は日王の日本から独立したい」[05/02] »

韓国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1357395/51460130

この記事へのトラックバック一覧です: 【韓国】与野党議連、日本の右傾化に対抗するため慰安婦問題専門機構・中台比米露などによる共同経済制裁を発案[05/02]:

« 【在日韓国人】「新大久保での在特会の嫌韓デモを看過できぬ」民団青年会、抗議活動として5月半ばに桜井代表へ公開質問状送付[05/02] | トップページ | 【朝鮮日報】天皇陛下万歳三唱した安倍首相に沖縄が怒り心頭、社民・照屋議員ら「琉球は日王の日本から独立したい」[05/02] »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ