« v【中韓】朴大統領への厚遇に大喜びの韓国 中韓両国が同盟を結ぶ可能性まで予測 [06/29] | トップページ | 【韓国BBS】「伊藤博文を暗殺した安重根の記念碑を中国に」~日韓ネットユーザーからのコメント[06/28] »

2013年6月30日 (日)

【慰安婦問題】 慰安婦強制連行と北朝鮮拉致事件、いったい何が違うのか/中央日報東京総局長[06/29]

【慰安婦問題】 慰安婦強制連行と北朝鮮拉致事件、いったい何が違うのか/中央日報東京総局長[06/29]

1 名前:蚯蚓φ ★[sage] 投稿日:2013/06/29(土) 13:49:41.73 ID:???
http://pds.joinsmsn.com/news/component/htmlphoto_mmdata/201306/28/htm_2013062823385510101012.jpg
▲キム・ヒョンギ東京総局長

横田めぐみ。生きていれば今年満49才。13才だった1977年11月15日、新潟市から北朝鮮に
拉致された。東海から800メートル離れた学校体育館でバドミントンの練習をした後、下校途中に
めぐみは消えた。2007年12月、めぐみが拉致された現場を探した。めぐみが住んでいた家には他
の家が建っていた。だが、連絡先があった。めぐみの両親がめぐみのことを考えて引越した住所
を残しておいたのだ。あどけない年齢で見慣れぬ土地に連れて行かれ恐怖に震えためぐみ、そし
て娘を思って涙の歳月を送っためぐみの両親の心情を考えれば目がしらが熱くなる思いだ。
拉致は決して許されない犯罪だ。

拉致問題を取りあげた理由は他でもない慰安婦問題だ。橋下大阪市長をはじめとする日本保守
右翼勢力の主張はこうだ。「河野談話には慰安婦を‘国家意志として拉致(あるいは人身売買)した’
という表現がない。従って(慰安婦動員の)強制性を立証できない。」すなわち、軍や官憲が直接慰
安婦を強制連行したという文書などの証拠はない→軍の要請を受けた会社が甘言利説で慰安婦
を募集したのは認められるが日本軍が強制連行したのではない→これによって国家による拉致
ではないから強制性も認められないという論理だ。安倍晋三総理の考えもこれと大きく違わない。
日本がこの鎖から抜け出さない限り、両国関係はいつも薄氷を踏むほかない。

さあ、それではここで場面を2005年4月25日、日本警察庁の公式発表に移してみよう。「78年、
失踪した神戸市のラーメン店従業員、田中実(当時28才)が北朝鮮の指示を受けた店主の甘言に
より海外に誘われた後、北朝鮮に送られたことを強く示唆する証言を得ることができました。従っ
て私たちはこれを‘北朝鮮による拉致事件’と認めます。」

田中は暴行・脅迫によって引きずられて行ったのではない。甘言による誘いだった。直接行動に
出たのは北朝鮮軍や官憲ではなくラーメン屋主人だった。もちろん北朝鮮の公文書のような証拠
物もなかった。周辺証言を認めただけだ。それでも日本政府は田中を‘北朝鮮による拉致’と断定
した。

彼は現在の日本政府が公式に認める‘拉致被害者’17人の一人だ。田中事件を扱った日本政府
(警察庁)の論理に慰安婦問題を代入してみよう。甘言による(慰安婦)海外誘引、業者ではない指
示を与えた者(日本軍)を責任者とみなし、文書がなくても(慰安婦からの)証言を証拠として採択…。
田中を拉致と規定したことと異なるところが全くない。慰安婦は‘日本軍による拉致’となり、慰安婦
動員の強制性を否認する論理も虚構となる。

田中の拉致を否定しようとする考えは毛頭ない。ただし同じ定義で事物を見ようということだ。自国
の悲劇だけが拉致ではない。それは歴史認識を論じる以前に常識の問題だ。

ソース:(韓国語) [グローバルアイ]慰安婦強制連行、田中拉致、何が違っているか
http://joongang.joinsmsn.com/article/803/11936803.html

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372481381/

お前らのところからも拉致被害者でまくってるのはもうないことになってるのか。
そもそも、自由意思で売春婦になってる自称慰安婦(一部騙された奴もいるが)と、朝鮮人に拉致されていきたくもない北朝鮮に連れて行かれた人は全然違うわ。
加害者が朝鮮人というのは一緒か

« v【中韓】朴大統領への厚遇に大喜びの韓国 中韓両国が同盟を結ぶ可能性まで予測 [06/29] | トップページ | 【韓国BBS】「伊藤博文を暗殺した安重根の記念碑を中国に」~日韓ネットユーザーからのコメント[06/28] »

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ