« 【米国】 韓人弁護士が銀行強盗~韓人社会で人望高かった(オーガスタ)[06/08] | トップページ | 【日韓】韓国銀行 ユ・サンデ国際局長「韓銀、日韓通貨スワップ延長は、すでに議論すべき問題ではない」[06/10] »

2013年6月10日 (月)

【ダイヤモンド】森達也「橋下氏の言う通り慰安婦を強制連行した証拠はなく、吉田の発言も虚偽だが強制連行は絶対にあった」

【ダイヤモンド】森達也「橋下氏の言う通り慰安婦を強制連行した証拠はなく、吉田の発言も虚偽だが強制連行は絶対にあった」

1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ [] :2013/06/10(月) 01:03:43.13 ID:???
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の従軍慰安婦をめぐる発言に対しては、
維新の会や自民党の右派政治家などからも、強い批判が向けられている。
今回の騒動のきっかけとなった発言「慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる」については、一部の理はあると僕は感じている。
ただしその一部の理は、慰安婦や公娼制度を保持していたのは日本の軍隊だけだと硬直的に思い込んでいる人たちに対してのみ、意味を持つ理だ。

多くの国(念を押すがすべてではない)の軍隊において、慰安婦や公娼の存在が認められていたことは確かだ。
殺し殺されるという極限状況にある兵士が性欲を亢進させることも、まあ統計的にはあるかもしれない。
だからこそかつて多くの国(これもすべてではない)の軍隊は、略奪やレイプなど非人道的な行為を繰り返した。
それは日本だけではない。アメリカも韓国も旧ソ連も中国も、いやそもそもが有史以前から、
兵士たちは人々を虐殺して女性たちをレイプし続けてきた。それは確かだ。

2012年8月の囲み取材で橋下市長が指摘したように、日本が国家として従軍慰安婦を朝鮮半島の女性に強制したことを示す
(日本側の)文書や一次資料はいまだに見つかっていない。そして慰安婦論争が本格的に始まる契機となった
吉田清治の『朝鮮人慰安婦と日本人』(新人物往来社 1977年)における吉田の告白は、後にフィクションであることを吉田自身が認めている。
ここまでは同意する。いや同意するとかしないとかのレベルではなく、厳然たる事実だ。

でも一部の理はここまで。慰安婦や公娼が軍と切り離せない関係だった時期は、あくまでもモラルや人権意識が希薄だった時代の話だ。
今の価値観は違う。あるいは当時においても、連合国側の軍隊が植民地化した国の女性たちを強制的に慰安婦として
戦地に連れて行ったとの話は寡聞にして聞かない。

つまりこの問題の焦点は、当時は植民地として扱っていた朝鮮半島の女性たちを、日本軍が強制的に連行したかどうかだ。
そして今のところ、文書としての証拠はない。だからここから先は、世界観や歴史観が問われることになる。

慰安所は日本軍が管理していた。そしてその慰安所にいる慰安婦たちのほとんどは、朝鮮半島から連れてこられた女性たちだった。
これは確かな事実。当時は多くの朝鮮人たちが、労働や兵役のために強制的に連行された。そして今も多くの韓国人女性が、
自分たちは強制的に連行されたと訴えている。ならば現場レベルでは絶対に強制はあった。僕はそう断言する。
文書や資料が見つかっていないことだけを理由にして、国家は関与していないとか軍は組織的に関わっていないとの言説は成り立たない。

徹底して韓国と論議すべきだと橋下市長は発言したが、
資料や文書がないから強制したとは認められないとの観点に立つならば、論議はいつまでも平行線だ。

全文は
http://diamond.jp/articles/-/36629
http://diamond.jp/articles/-/36629?page=2
http://diamond.jp/articles/-/36629?page=3

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370793823/

断言してるからには、それ相応の立派な証拠があるんだろうな。
そう言う物を一切出さないで、私が証拠だところころ証言変えてる婆を信じろって言う方が無理だと言ってるんだよ
断言してるくらいなんだから、あるならさっさと出せ。

« 【米国】 韓人弁護士が銀行強盗~韓人社会で人望高かった(オーガスタ)[06/08] | トップページ | 【日韓】韓国銀行 ユ・サンデ国際局長「韓銀、日韓通貨スワップ延長は、すでに議論すべき問題ではない」[06/10] »

慰安婦」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ