« 【日韓】式典に日本政府招待せず 朝鮮戦争休戦で韓国側[07/27] | トップページ | 【静岡】「社長が通名でなく本名使用を強要し精神的苦痛」 在日韓国人が提訴[07/28] »

2013年7月28日 (日)

【高知新聞】「日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったもの」[07/27]

【高知新聞】「日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったもの」[07/27]

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★[] 投稿日:2013/07/28(日) 01:03:39.97 ID:???
米びつに詰まったお米の中に手を差し入れると夏でもひんやりと感じる。
しかし、宮本輝さんの小説「泥の河」に出てくる少女、銀子は「お米、温(ぬく)いんやで」と言う。

舞台は1955(昭和30)年の大阪。川舟の上で母親と弟と暮らす彼女は、
米びつに手を入れて温もっているときが一番幸せだと友達に打ち明ける。

この翌年、経済白書は「もはや戦後ではない」と宣言したが、
敗戦の影を引きずる庶民の暮らしは貧しかった。食べ物があるというだけで心まで温められる。
飽食日本にもそんな時代があったことを、銀子の言葉は思い出させてくれる。

泥の河が描いた貧しさから、日本は高度経済成長を経て大きく変貌する。
契機となったのが朝鮮戦争による特需だ。
日本の繁栄は朝鮮を南北に分断した民族の悲劇の上に成り立ったものとも言えよう。
さかのぼればそれは日本の植民地支配の歴史にもつながる。

53年に朝鮮戦争の休戦協定が結ばれてからきょうで60年。
米国には「忘れられた戦争」とする風潮さえあるようだが、戦争は終結していない。
分断国家という冷戦の「遺物」をこの先も解消できないのなら、国際社会の敗北と言うしかあるまい。

北朝鮮は朝鮮戦争の勝利を祝う軍事パレードを行うという。
独裁国家の愚かしさを見せられるのはやり切れないが、その陰でお米の温もりを求め続ける子どもたちがいる。
それも忘れてはならないことだ。

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=305562&nwIW=1&nwVt=knd

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1374941019/

別に日本が戦争やらせてたわけじゃないだろうが。
勝手に分断してるだけ。統一したければサッサとすりゃいいだろうが

« 【日韓】式典に日本政府招待せず 朝鮮戦争休戦で韓国側[07/27] | トップページ | 【静岡】「社長が通名でなく本名使用を強要し精神的苦痛」 在日韓国人が提訴[07/28] »

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ