« 【日韓】独島を訪れたキム・ハンギル民主党代表「日本の集団自衛権推進は精神的な宣戦布告」[08/13] | トップページ | 【嫌韓】ドイツが世界一韓国嫌いなワケ 「恩を仇で・・・」 過激な嫌韓行為も~日韓は意外に友好的?[08/13] »

2013年8月14日 (水)

【日韓歴史】 誰が明成皇后を殺したのか~日本を覚醒させるには絶えず彼らの残酷な姿を示すしかない[08/13]

【日韓歴史】 誰が明成皇后を殺したのか~日本を覚醒させるには絶えず彼らの残酷な姿を示すしかない[08/13]

1 名前:蚯蚓φ ★[sage] 投稿日:2013/08/13(火) 14:52:13.77 ID:???
日本の指導者という人々が土に埋めても土にかえらない過去の歴史が、季節ごとに蘇り芽が出て
くる。原罪意識がないからどんな話も聞く耳を持たない。彼らを覚醒させる方法は絶えず彼らの残
酷な姿を呼び覚ます道以外にない。その事例の一つとして明成(ミョンソン)皇后弑害事件に関す
る話を一度してみてはどうだろうか!こういう国が日本だという事実を悟らせるような話だ。

1895年10月8日明け方(陰暦8月20日)。ソウルに駐留中の日本軍人らは突然、景福宮(キョン
ボックン)に侵入した後、他国の皇后を殺害した。侵入兵力中に少しは朝鮮軍服で偽装し加担した
者もおり、禹 範善(ウ・ボムソン)のように第2支隊長という肩書を持った韓国人も動員された。

大院君(テウォングン)も拉致されるように連れられてきて日本軍士らの監視を受けながら、わけも
分からないままクーデターの主人公のように操り人形の役割をした。景福宮の垣根を越えて侵入
したこれらの軍士は王の居所や王妃の寝室を血に染めながら、彼らの暗号「キツネ(明成皇后)」を
探して狂奔した。その時、一国の君主、高宗(コジョン)は喉首を捕えられる侮辱にあっていた。
(中略:現場の惨状)
王妃に刃物をふるった人は日本陸軍少尉、宮本竹太郎であると明らかになった。そして現場を指
揮した人々は8人の陸軍将校であり、今まで浪人の仕業だとされた事実は全て偽りであることが
明らかになっている(東亜日報2010年1月11日)。

しかし今まで日本軍部の仕業であることを自認した資料は一つもない。すべてが偽りの報告資料
だけだ。朝鮮政府の顧問だった石塚英蔵という人が犯行者などの処罰を軽くするために書いた報
告書を見ればあきれることこの上ない。

趙欣坡(チョ・フンパ)は次のように話している。「王妃を引きずり出して二三、四度、刃物を使った
後、裸体にして局部検査を行い、最後に油をかけて火を付けて…」と。これについて小説家キム・
ソンハンはこのように書いている。「…浪人ひとりが出た。…女ははがしてみなくては分からない。
彼は駆け寄ってスカートチョゴリをひったくって下着まではがしてしまった。…王妃の死を確認した
彼らは話せない死体に様々な汚辱をすべて行った。本国に送った報告書で'彼らの同胞というも恥
ずかしい'と書かれていることから十分に推し量れるだろう。」

この部分と関連して小説家キム・ジンミョンはあるテレビインタビューで「局部検査が何を意味する
かを分かりやすく解釈してみなさい」と訴えるように話す。このような犯罪行為について日本政府
は昔も今も一言半句も言葉がない。日本政府が永く緻密に計画して実行した巨大な陰謀だったこ
とだ。三浦梧楼が伊藤博文に報告した内容を見ると、彼の後任領事、内田定槌が作成した報告書
が明治天皇にも伝えられたという事実だけ見ても日本はその真実を知っている。

いつまで口を閉じているつもりなのか訊ねたい。私たちは今までドイツのように'戦犯狩り'もせず、'
日本の蛮行に対する総合報告書'も発行したことがない。今からでもこういう報告書を作成して人
類の歴史に残しておくべきではないだろうか?切迫した心情は筆者だけのものではないようだ。

キム・ジュンウイ元環境部長官国連環境計画韓国副総裁

ソース:大田日報(韓国語) [キム・ジュンウイまっすぐな声]明成(ミョンソン)皇后を誰が殺害したか
http://www.daejonilbo.com/news/newsitem.asp?pk_no=1077234

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1376373133/

>小説家キム・ソンハンはこのように書いている。
ソースは小説か
どこが証拠になるんだ

« 【日韓】独島を訪れたキム・ハンギル民主党代表「日本の集団自衛権推進は精神的な宣戦布告」[08/13] | トップページ | 【嫌韓】ドイツが世界一韓国嫌いなワケ 「恩を仇で・・・」 過激な嫌韓行為も~日韓は意外に友好的?[08/13] »

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ