« 【慰安婦問題】 仏アングレーム国際漫画祭で「日本軍慰安婦特別展」開催~世界にハルモニらの恨を知らせ日本を告発[09/18] | トップページ | 【東京】靖国神社に放火しようとした自称韓国人の男を逮捕 シンナーのような液体を散布する[09/23] »

2013年9月24日 (火)

【韓国】日帝は韓国の歴史書を焼き捨てたり、略奪して正倉院に隠した。古代史が根こそぎ奪われたのだ [09/23]

【韓国】日帝は韓国の歴史書を焼き捨てたり、略奪して正倉院に隠した。古代史が根こそぎ奪われたのだ [09/23]

1:犇@犇φ ★ [] :2013/09/24(火) 07:23:52.80 ID:???
■歴史を忘れた民族には未来が無い

ニューライト教学社の韓国史教科書が400件余りの誤りを記録し、これは他の教科書より
2倍も多かった。修正補完をして最終検定は通過したが、最終版でも誤りが298件あった
と、韓国歴史研究会をはじめとする4つの学術団体が明らかにした。独立運動を扱った35
ページに李承晩は36回出てくるのに金九は8回であり、安昌浩は本文に全く出てこない。
5.16クーデター(訳注:1961年に朴正煕らが起こしたもの)の正当性を擁護しており、現代
の政治家の評価も李明博大統領を金大中、盧武鉉大統領より高く評価している。そうかと
思えば4.3(訳注:済州島四・三事件)、4.19(訳注:1960年に民衆デモで李承晩大統領が
辞任した事件)、5.18(訳注:1980年の光州事件)のような民主化運動を歪曲したり、民間
人犠牲を少なく書いている。

高麗の学者である杏村李灸(1297-1364)は『檀君世紀』の序文で、「国は人体であり歴史
は魂だ」と述べた。また、独立活動家であり民族史学者である丹斎・申采浩先生は日帝
強占期に、「歴史を忘れた民族に未来は無い」という言葉を残した。

我が国の歴史歪曲と言えば今西龍(いまにし・りゅう)と李丙燾(イ・ビョンド)が思い出される
ほど、この2人は日帝強占期に、朝鮮史編集会を中心として我が国の歴史を捻じ曲げる
先頭に立った人々だ。文定昌(ムン・ジョンチャン)(1899-1980)が記した『軍国日本朝鮮強占
36年史』(1967年)によれば、日帝は1910年に朝鮮を強制的に併合した際、1911年末まで
一年余りの間、不穏書籍を捜索するとして初代朝鮮総督の寺内正毅が軍警を動員し、
全国を隅々まで調べて51種20万冊の史書を強奪したり燃やしたという。

1930~1940年代に日本の宮内省王室図書館(書陵部)で12年間にわたり事務嘱託として
勤め、『花郎世記』筆写本(没後の1989年と1995年に発見)を残した在野の史学者である
朴昌和(パク・チャンファ)(1889-1962)によれば、日帝は1916年から3年余り、朝鮮史編纂を
口実に再び史書をかき集めてその中から珍しい秘蔵史書を日本へ持ってゆき、奈良県
東大寺にある王室遺物倉庫である正倉院や東京大学秘密書庫のような隠密なところに
奥深く隠した。日帝は韓民族の魂を抹殺すべく、檀君関連の記録を重点的に強奪・略奪
して日本に不法搬出したという。
今西龍と李丙燾が日帝強占期に韓民族に対して犯した
最大の悪行はおそらく、桓国~神市倍達国~檀君朝鮮と繋がる古朝鮮以前の古代史を
根こそぎ奪ったことである。
<後略>

▽ソース:仏教ドットコム(2013/09/23 14:18)(韓国語)
http://www.bulkyo21.com/news/articleView.html?idxno=22726

▽関連スレ:
【日韓】略奪した文化財に執着する日本 … 東大寺正倉院に韓国文化財が隠されている可能性も [03/01]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1267412922/
【韓国】「親日辞典」名簿記載者の名を冠した「蔡萬植文学賞」を廃止。資料等の処分も検討 [08/31]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1125494038/

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1379975032/

« 【慰安婦問題】 仏アングレーム国際漫画祭で「日本軍慰安婦特別展」開催~世界にハルモニらの恨を知らせ日本を告発[09/18] | トップページ | 【東京】靖国神社に放火しようとした自称韓国人の男を逮捕 シンナーのような液体を散布する[09/23] »

電波」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ