« 【朝鮮日報】日本の首相が従軍慰安婦に土下座したらどうなるだろうか。日本が国際的な地位を得るには、こうした発想が必要だ[10/19] | トップページ | 【サーチナ/韓国BBS】靖国神社はA級戦犯も慰霊対象「戦犯の子孫が正体を現した」「日本は歴史を捏造する国」[10/19] »

2013年10月20日 (日)

【朝鮮日報】韓日関係、いつまで放置するのか~日本には韓国と共に歩むべきと言う声も多数、日中米の間でバランスを取れ[10/19]

【朝鮮日報】韓日関係、いつまで放置するのか~日本には韓国と共に歩むべきと言う声も多数、日中米の間でバランスを取れ[10/19]

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★[] 投稿日:2013/10/19(土) 15:11:55.60 ID:???
国際会議で隣り合って座る朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と安倍晋三首相の、
冷たい表情と気まずい顔合わせの様子を撮った写真がニュースで報じられた。

先週インドネシアのバリ島で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議と、
ブルネイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の席で、各国首脳は、
感情をむき出しにはしないもののよそよそしい2人の態度を目にして、韓日間のおかしなムードに気付いたことだろう。
そして、心の中で笑っていることだろう。外交とは、
心の中にあいくちを忍ばせていても、表面上は何事もないかのように振る舞うのが普通だからだ。

この約30年、韓日関係が今ほど疎遠になったことはない。互いの国民感情がどれほど険悪でも、
指導者はもっと冷徹で、物事の分別があるべきなのに、今は両国の指導者が互いに知らん顔をしている。
一国の指導者たる者、時には国民感情を乗り越えて未来を見なければならない。
両国関係を、今のような状態のままいつまで放置しておくのか。

時期的に、現在韓国は国際的地位の向上で大いに高揚しており、日本は保守政権の発足を契機として、
これまでの低迷から抜け出して「復活」を試みようとしている。必然的に、両者はどこかで交差する。

それを別の角度から見ると、いまだに過去の過ちを認めない日本の高慢な歴史認識と、
もはやそれに耐えられず乗り越えることもできない韓国の忍耐の限界が衝突するということでもある。

現在の安倍政権の順風満帆な状況から見るに、日本が今になって植民地時代の誤りを認め、
周辺国との関係をその基盤の上で新しく構築すると期待するのは
「木に縁(よ)りて魚を求む(不可能な望みを持つという意味)」ようなものだ。

今の日本経済は勢いを保ったまま、韓国はじめ周辺国を圧迫している。
そして中国の軍事力増強とG2(主要2カ国)に浮上したという勢いに対抗し、
日本を防波堤にしようとする米国の対中戦略が、日本にとって追い風になっている。

何よりも日本は、第2次大戦から60年以上もの間、自分たちにはめられたと信じている「足かせ」から、
抜け出す時が来たと信じている。現在の自分たちの経済力と立場にふさわしい「自負」を取り戻そうという
中興論で沸き立っているのだ。集団的自衛権や、
神社に参拝する指導者層の妄言などに象徴される右傾化が、まさにその手段というわけだ。

こんな日本を制御する道は、今や存在しないように見える。米国が日本の手を取り、中国が一歩下がっている上、
日本経済に影響を受ける世界各国が沈黙している状況では、なおのことそうだ。
韓国が日本の集団的自衛権に警告を発したとしても、国民の6割が支持している安倍政権が後ずさりするようなことはないわけだ。

こうなった以上、韓国は日本と取引する道に進むべきだ。日本の「もの」は日本に与え、韓国の「もの」は取り戻すという「取引」だ。
日本がどこに向かおうが、自衛権であろうが、神社参拝であろうが、韓国が同調しようと反対しようと、それは形式的には日本人の選択だ。
韓国が問題提起しても、日本はその方向に進むだろう。ならば、それらを日本の選択に任せる代わりに、
韓国と直接的に関係する独島(日本名:竹島)問題と従軍慰安婦問題については、韓国に有利な方へ引っ張るというわけだ。
日本にとっても頭の痛い問題に、出口を用意するという大義名分を提供できるだろう。それが指導者の交渉力だ。

現在の韓国にとっても、日本との関係を正常化することは非常に重要だ。経済的にもそうだし、産業・技術の面でもそうだ。
今の硬直した状態が長期化した場合に、韓国が日本から得られる物と失う物とを比較する知恵が必要だ。
日本国内には、「韓国と共に進むこと」を望む世論も反韓世論に負けないくらい存在していると聞く。
さらに韓国が深く考えるべきことは、アジア安全保障戦略の面で「日本を矢面に立たせる」意図をあらわにした米国と、
今度どのように調整していくかということだ。数日前、釜山港を出た米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントンは、
進路を変更して韓中の境界になっている西海(黄海)に入り、そこで韓国の記者を同乗させた。
この行動は、米国が北東アジアのどこに安全保障の「マジノ線」を引いているかを象徴的に示しているとみるべきだ。

韓国は、日中どちらか一方に傾かないよう留意しなければならない。両国どちらも遠ざけてはならない。
そして、その中で米国と歩調を合わせることも重要だ。それが韓国の安全保障の難しい課題だ。
こうした課題を敗北主義の産物だという声もあるかもしれない。
しかし現在、自国を独力で守れない韓国にとっては、それが最上の現実主義だ。

「植民地時代の歴史が繰り返されかねない」という悪夢に、これ以上韓国が悩まされる理由はない。
今は19世紀ではないし、現在の韓国はかつての朝鮮でもない。今こそ被害意識や敗北主義から抜け出し、
周辺国と関係を構築する上で韓国が能動的、主導的、かつ中継的な役割を模索する必要がある。

朴大統領にとっても、周辺国、とりわけ日本との関係を韓国国内の「人気取り」の手段や国内政治の延長にしないという成熟度、
さらには大胆さを示すチャンスでもある。

金大中(キム・デジュン)顧問

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000908-chosun-kr

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382163115/

« 【朝鮮日報】日本の首相が従軍慰安婦に土下座したらどうなるだろうか。日本が国際的な地位を得るには、こうした発想が必要だ[10/19] | トップページ | 【サーチナ/韓国BBS】靖国神社はA級戦犯も慰霊対象「戦犯の子孫が正体を現した」「日本は歴史を捏造する国」[10/19] »

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ