« 【神奈川新聞/社説】在日韓国・朝鮮人への嫌韓デモ…日本は異文化への寛容さ失った。慰安婦問題など負の歴史も愛国の名のもと隠蔽[11/03] | トップページ | 【読売テレビ】「竹田氏の『在日韓国・朝鮮人は通名変えれば犯罪歴消える在日特権持つ』は不正確」たかじん内で謝罪[11/03] »

2013年11月 4日 (月)

【毎日新聞】入江昭「日本が中韓と歴史認識を共有化できないのは偏狭な国家主義。平和憲法改憲し自衛権行使は世界の流れに逆行」[11/03]

【毎日新聞】入江昭「日本が中韓と歴史認識を共有化できないのは偏狭な国家主義。平和憲法改憲し自衛権行使は世界の流れに逆行」[11/03]

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★[] 投稿日:2013/11/03(日) 15:24:03.58 ID:???
歴史認識を巡り日本が中国、韓国と対立し、好転の兆しが見えない。
そんな時代に国境を超えた民間同士の「つながり」の重要性を指摘してきた米国在住の歴史家が、
今年度の国際交流基金賞を受賞した。

戦時中「日本は神国だから負けることはない」と教え込まれた。国民学校5年生の時に敗戦を迎え、
教科書は一部を切り取ったり墨を塗ったりするよういわれた。
それまでの天皇中心とは異なる歴史を学び直した体験が「歴史は政治的な思惑で書き換えられる。
自由な意思で研究し、独りよがりにならないよう、成果を世界中の人と共有する」との信条の原点だ。

靖国神社参拝や慰安婦問題での発言など、歴史を巡る政治家の振る舞いが中韓の反発を招く現状に
「歴史の事実は一つだけ。まず過去の事実を共有することから始めなければいけない」と、
「偏狭な国家主義」に懸念を抱く。

平和憲法を米国の押しつけとみなす改憲の動きにも
「悲惨な戦争を経て生まれた国際的な良識が憲法を通じて表現されたとみるべきだ」と指摘し、
「武器を持って自衛するというのは国際親善とは逆です。世界の動きをわきまえない非常に危険なこと」と反対だ。

1970年代から歴史はグローバル化という新しい段階に入った、との立場に立つ。
「国家よりもNGO(非政府組織)、企業、個人が力を発揮する時代になった」と話し、
人類が一つになる未来を見据えている。【富裕倫】

【略歴】入江昭(いりえ・あきら)さん 東京都生まれ。専門は米外交史。
米外交史学会長、米歴史学会長などを歴任。ハーバード大名誉教授。79歳。

http://mainichi.jp/opinion/news/20131103k0000m070097000c.html

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1383459843/

« 【神奈川新聞/社説】在日韓国・朝鮮人への嫌韓デモ…日本は異文化への寛容さ失った。慰安婦問題など負の歴史も愛国の名のもと隠蔽[11/03] | トップページ | 【読売テレビ】「竹田氏の『在日韓国・朝鮮人は通名変えれば犯罪歴消える在日特権持つ』は不正確」たかじん内で謝罪[11/03] »

中国」カテゴリの記事

変態新聞」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ