« 【食文化】 キムチは日本家庭の常備品!? キムチを日常的に購入している人は77.1%[11/29] | トップページ | 【日韓】 日中韓3カ国共同の歴史教科書の実現を 日韓議員連盟(会長・額賀福志郎)と韓日議員連盟が声明[11/30] »

2013年11月30日 (土)

【日韓】 日本にあふれる嫌韓書籍「強姦天国韓国!」「韓国経済崩壊」~朝日新聞記者「日本の反韓感情は八つ当たり」[11/28]

【日韓】 日本にあふれる嫌韓書籍「強姦天国韓国!」「韓国経済崩壊」~朝日新聞記者「日本の反韓感情は八つ当たり」[11/28]

1 名前:蚯蚓φ ★[sage] 投稿日:2013/11/29(金) 19:39:13.89 ID:???
「中国という蟻地獄に落ちた韓国」(11月20日)
「なぜ「反日韓国に未来はない」のか」(12月2日)
「悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか」(12月4日)
「ニューズウィーク日本版・アメリカも困惑する韓国の世界観」(11月26日)

インターネット書店アマゾン(Amazon)日本版でキーワード‘韓国’を入力すると、最初のページの
上段に表示される本のタイトルだ。最近、発行されたり発行を数日後に控えた書籍など。日本の
書店街で反韓、嫌韓指向の本が爆発的にあふれ出している。

「ニューズウイーク日本版・アメリカも困惑する韓国の世界観」の場合、韓国の最近の親中反日の
歩みを外交戦略の混乱にともなう「迷走外交」と規定、「韓国の日本批判について米国さえ嫌気を
感じている」と書いた。この本の紹介欄は「人気書籍」と表示され、29日現在‘在庫がたった18冊
しか残っていない状態’とアマゾン側は明らかにした。

読者が付けた星は満点の5個。今年1月に出版された「いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけ
の理由」は現在、アマゾン総合ベストセラー100位以内に入っている。書かれた書評は60。この本
は韓国社会に対する根拠不明の歪曲された内容を含んでいる。

△韓国は過度に強姦事件が頻発し△韓国最大のサービス輸出産業は売春△韓国は差別意識が
強い未成熟な文化後進国△ハングルが韓国の成長を妨害△韓国は非衛生社会△韓国文化は
盗みやコピーだらけ、などの内容だ。

この本の読者の一人はオンライン書店書評欄に「日本のマスコミは韓国の実情をちゃんと伝えな
い。韓国がこういう国とは知らなかった。韓国があまりにも哀れで日本人に生まれて幸いだ。韓国
では強姦事件が日本の40倍も発生、米国内売春婦4人に1人が韓国人、世界から憎まれ、世界
一の自殺率…仕方ないことなのか」という文を残した。

このような現象は最近、中国の一方的防空識別区域宣言などで中-日葛藤が深刻化する中で、
日本が感じる‘孤立恐怖感’の発露という解釈が出ている。同盟国の米国が太平洋の向こう側に
ある日本としては経済的・軍事的に急成長する中国を牽制するため、隣りの韓国と仲良くなりたい
のが胸の内だが、韓国は本来、反日情緒が強いうえ、日本の政界も刺激的発言でこれをあおりた
てた結果、韓日関係が悪化の一途をたどっている。

実際、アマゾンの最初の画面で検索される韓国関連書籍の中で反韓性格の半分程度を除けば、
韓国スターや韓国料理などを紹介する本だ。朝日新聞国際部、春日芳晃記者は「今の日本の反
韓感情は国際情勢が日本の思い通りいかないことに対する「八つ当たり」と見られる」として「日本
が本当に中国を牽制したいなら過去の歴史をきちんと謝罪し、誠意の有る態度で隣国に接っすべ
きだろう」と話した。

ソース:朝鮮日報(韓国語) 日本屋さらった嫌韓書籍ら…"強姦天国韓国!""米売春婦25%が韓国女"
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/11/29/2013112902300.html

関連スレ:【日韓】 「世界が嫌悪する韓国人?」~日本の本屋街に吹く「嫌韓」突風[11/28]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385645341/

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385721553/

« 【食文化】 キムチは日本家庭の常備品!? キムチを日常的に購入している人は77.1%[11/29] | トップページ | 【日韓】 日中韓3カ国共同の歴史教科書の実現を 日韓議員連盟(会長・額賀福志郎)と韓日議員連盟が声明[11/30] »

アサヒる」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ