« 【日米】「生徒が慰安婦問題に巻き込まれる恐れ、身の安全にも不安」東大阪市の高校、グレンデール市への生徒派遣中止[12/11] | トップページ | 【SPA!】倉山満「韓国は反日で当たり前と思え。だが日韓関係悪化で喜ぶのは米中朝、嫌韓デモはやめよ」[12/11] »

2013年12月12日 (木)

【民団新聞】民団鳥取団長「在日韓国人は『特権階級』どころか今も奴隷。日本で嫌韓デモの自由をなくす法規制を」[12/11]

【民団新聞】民団鳥取団長「在日韓国人は『特権階級』どころか今も奴隷。日本で嫌韓デモの自由をなくす法規制を」[12/11]

1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ [] :2013/12/11(水) 19:28:01.91 ID:???
今年の流行語大賞のトップ10に、憎悪表現を意味するカタカナ語、ヘイトスピーチが入った。
そこに、なにがしかの実感がともなっているのだろうか。

「よい韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」「朝鮮人首吊レ毒飲メ飛ビ降リロ」などと叫ぶ示威行動を、
必ずしも嫌悪したものとは思えない。

あってはならないことだが、日本人が少数者の立場にあるどこかで、
「よい日本人も悪い日本人もどちらも殺せ」
などと面前で罵倒され、示威行為をされることを想像してもらえたらと思う。

日本におけるヘイトスピーチは決して、最近新たに生まれた現象ではなく、
昔からあったものがより公然と行われるようになったに過ぎない。 
《在特会》が発足した2007年は第1次安倍内閣の時代であり、日本社会の空気と共振した感がある。
彼等が1万3000人の会員を擁し、200人規模でデモをかけられるのは、
日本社会の多数派を代表している気分があり、後ろめたさなど微塵もないからであろう。

どこの国でもあることなどと一般化してはならない。このヘイトスピーチは、
日本自らが派生させた在日同胞社会を攻撃しているのだ。

「仲良くしようぜ」や「しばき隊」などのカウンターの出現は、「やっと」とも「まだしも」とも言うべき段階にある。
そのカウンターすらもレイシストと相対化するか、あるいは並列的に批判する傾向もあり、
特殊な条件(在日問題)を勘案しないところに問題の深さがある。

サルトルはかつて「フランスにおいて、さらには世界全体において、
ユダヤ人がひとりでも自分の生命の危機を感じるようなことがある限り、
フランス人も一人として安全ではない」と言った。

ヘイトスピーチやレイシズムは単に在日の問題のみならず、
人類の普遍的人権を踏みにじるものであり、まずは、「日本人も一人として安全ではない」
と言う認識に立つべきだ。そのうえで、在日問題から日本、そして世界の普遍的人間の尊厳に橋を架けねばなるまい。

私たちは日本人と実行委員会を構成し、11月10日、
「永住外国人の人権と在日コリアンシンポジウムin鳥取」を開催し、
その場で、ヘイトスピーチとレイシズムを許さない行動を展開する「のりこえねっと」を支援するとともに、
「のりこえねっと鳥取」の立ち上げを決めた。

在日は、「特権」どころかカイロ宣言が留意した「朝鮮人民の奴隷的状態」の残滓を引きずっている。
ヘイト集団の罵詈と暴力は、日本の体毒から派生したものと見なされねばならない。

応急処置としてまず、「差別禁止法」や人権委員会の設置を含む人権侵害救済法を制定することを
日本に求めていく。ヘイトスピーチ行為は犯罪であり、
差別や人権侵害を許す自由はないことを明確にしなければならない。
(2013.12.11 民団新聞)

http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=5&category=8&newsid=18295

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386757681/

« 【日米】「生徒が慰安婦問題に巻き込まれる恐れ、身の安全にも不安」東大阪市の高校、グレンデール市への生徒派遣中止[12/11] | トップページ | 【SPA!】倉山満「韓国は反日で当たり前と思え。だが日韓関係悪化で喜ぶのは米中朝、嫌韓デモはやめよ」[12/11] »

在日」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ