« 【朝鮮日報】北朝鮮が改革・開放に乗り出した場合、日本も参加する1000億円規模の開発 基金が必要[02/01] | トップページ | 【朝日新聞】『しつもん!ドラえもん』で「(五輪を)日本と韓国は協力して準備することにしているよ」にネットで疑問の声も[2/1] »

2014年2月 2日 (日)

【テキサス親父】 「慰安婦少女像の背後に中国がいる」~慰安婦嘲弄米国人、韓人メディアのインタビューで卑劣な言葉[02/01]

【テキサス親父】 「慰安婦少女像の背後に中国がいる」~慰安婦嘲弄米国人、韓人メディアのインタビューで卑劣な言葉[02/01]

1 名前:蚯蚓φ ★[sage] 投稿日:2014/02/01(土) 14:24:36.52 ID:???

Mj04072014020108444308

http://photo.hankooki.com/newsphoto/2014/02/01/mj04072014020108444308.jpg
▲日本極右派のラッパ吹きの役割をしている米国人トニー・マラーノ(65)氏が在米同胞メディアと
インタビューして少女像問題に対する意見を明らかにしている。

米国で極右親日言動で物議をかもしたトニー・マラーノ(65)氏がカリフォルニア州グレンデール公
園に慰安婦少女像が立てられた背後に中国があると妄言を続けた。テキサス州ダラス近郊のマ
スケットに暮らす彼は最近、現地韓人メディアの'ダラス・コリアン・ラジオ'との映像インタビューで
「今回の少女像問題の背後には中国が介入していると思う」として「中国は韓国、米国、日本三カ
国が分裂することを望んでいるからだ」
と言ったと週刊誌'ダラス・コリアン・ジャーナル'最新号が報
道した。

彼はホワイトハウス請願サイトで少女像撤去署名運動を始めたのは自分だと明らかにした上で
「少女像は純粋に日本を狙った目的で作られた。公園設立の目的上、韓国戦争参戦米軍勇士だ
けのための記念碑を建設すべきだ」
と主張した。

少女像の顔に袋をかぶせて'愚か者'と馬鹿にしたことについては「米軍兵士が1944年、慰安婦を
逮捕した時の話をそのまま真似したもの。」とし、「とてもぶさいくだったので日本軍人が紙封筒を
かぶせて(関係)しなければならなかったのではないかという意味でいたずらをした」と卑劣な言葉
を述べた。


彼は日本軍の慰安婦強制動員など韓国人強制徴集を否認し、ごり押しの詭弁をならべた。彼は
「韓国少女らが慰安婦に強制動員されたのなら、なぜ朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領はそのよう
な日本軍に将校として参加したのか、なぜ韓国国民はそのような人を大統領に選出し、また、そ
のような人の娘を大統領に選んだのか疑わしい」
と屁理屈の論理を展開した。

日本の過去の歴史謝罪論議に関連しては「韓国マスコミの報道や私に脅迫手紙を送る人々はみ
んな一様に真実の謝罪という表現を使う。それなら前任の日本総理らがした謝罪は何か。その程
度したら謝ったということだ」
とトーンを高めた。

放送会社関係者はマラーノが「国内外の韓国人から深刻な殺害脅迫を受けている」として取材要
請に応じず、今月22日、日本人たちを同行してインタビュー場所にきたと31日、聯合ニュースに
明らかにした。マラーノが韓人メディアとインタビューしたのは今回が初めてだ。彼はフェイスブック
などソーシャルメディアを親日極右派の主張を宣伝する手段として活用してきた。

ソース:韓国日報(韓国語) '慰安婦嘲弄'米国人"少女像背後に中国"卑劣な言葉
http://news.hankooki.com/lpage/world/201402/h2014020100455622470.htm

関連スレ:
【テキサス親父】韓国は「日本叩き」に米国を利用するのはヤメろ!「東海併記」だって?米国の子
供たちの教科書をねじ曲げるな[01/31]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1391151563/

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1391232276/

« 【朝鮮日報】北朝鮮が改革・開放に乗り出した場合、日本も参加する1000億円規模の開発 基金が必要[02/01] | トップページ | 【朝日新聞】『しつもん!ドラえもん』で「(五輪を)日本と韓国は協力して準備することにしているよ」にネットで疑問の声も[2/1] »

中国」カテゴリの記事

慰安婦」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ