« 【韓国】「キム・ヨナは最早フィギュアスケート選手の枠に留まる存在でない。ダイアナ妃やマリリン・モンローと比較されるべき存在」[02/20] | トップページ | 【五輪】会見でキム・ヨナ発言中にソトニコワ退席 韓国で「マナーがなってない!」との声[02/23] »

2014年2月24日 (月)

【ライダイハン】テキサス親父「ベトナム戦争当時の婦女暴行について韓国は賠償したのか?」[02/23]

【ライダイハン】テキサス親父「ベトナム戦争当時の婦女暴行について韓国は賠償したのか?」[02/23]

1:そーきそばφ ★ [] :2014/02/23(日) 14:30:02.95 ID:???
朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国は、慰安婦問題で日本を貶めている。全米各地に慰安婦の像や碑を設置したり、
フランス・アングレーム国際漫画祭では、荒唐無稽な企画展を開催した。これに激怒しているのが、
「テキサス親父」こと、トニー・マラーノ氏だ。連載「痛快! テキサス親父」で、韓国の負の遺産といえる「ライダイハン」に切り込んだ。

 ハ~イ! みなさん。この連載へのエールが、夕刊フジにたくさん届いているようだ。ありがとう。心から感謝しているぜ。

 今回は、俺が大好きな日本を貶めている慰安婦問題について、これまでと違った角度から考えてみたい。

 韓国側は、慰安婦に対する日本政府の謝罪と賠償を求めている。1965年の日韓請求権・経済協力協定で
「完全かつ最終的に解決済み」となっているのに、賠償金の“おかわり”を欲しがっているんだ。


 つまり、韓国は国家間の条約や協定を平気で無視するってことになる。とても法治国家とは思えないよな。

 そもそも、慰安婦は性奴隷ではない。何度も連載で指摘したが、ワシントンの国立公文書館に、米軍が太平洋戦争中の1944年、
慰安婦から聞き取り調査した報告書が保管されている。ここには、《慰安婦は強制されたものではなく雇用されていた》
《接客を断る権利を認められていた》《女性たちは大金を持って楽しんでいた》と明確に記されているんだ。

 それでも韓国側は「戦時における女性への人権蹂躙(じゅうりん)だ」と吹聴している。当時、公娼制度は合法だったから、
日本が批判されるいわれはないが、そこまで韓国側がいうなら、自分たちがベトナム戦争で行った、
女性への人権蹂躙についても謝罪して償うべきじゃないのか?

1960~70年代のベトナム戦争で、韓国は米軍以外では最大規模の延べ30万人以上を派兵した。
そして、韓国人兵士は戦争難民だったベトナム人女性を暴行したり、強引に慰安婦にしたという。

 悲劇の結果、韓国人男性とベトナム人女性との間に生まれた子供は「ライダイハン」と呼ばれている。
ベトナム語で「ライ」は混血、「ダイハン(大韓)」は韓国を意味する蔑称だ。3000人とも1万5000人とも
いわれるライダイハンは、ベトナムで差別されている。

 封印されてきたベトナム戦争の「負の遺産」は90年代後半から、韓国の市民団体などが調査・報道して顕在化した。
そこで聞くが、韓国は今までにベトナムやベトナム人女性に賠償金を支払ったのか?


 俺は、韓国による突出した日本批判は、自国がベトナム戦争で行った蛮行の裏返しではないかと思っている。
自分にやましいことがあると、過剰に反応する心理のことだ(苦笑)。日本には「天に唾する」ってことわざがあるらしいが、
まさに、このことじゃないか。あきれ返るぜ。

 親愛なるみなさんと日本に神の祝福がありますように。米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、
さまざまなニュースについて動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。
世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。

ソース 夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140221/dms1402210729000-n2.htm

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393133402/

« 【韓国】「キム・ヨナは最早フィギュアスケート選手の枠に留まる存在でない。ダイアナ妃やマリリン・モンローと比較されるべき存在」[02/20] | トップページ | 【五輪】会見でキム・ヨナ発言中にソトニコワ退席 韓国で「マナーがなってない!」との声[02/23] »

慰安婦」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ