« 【政治】日本人の57%、「譲歩するくらいなら日韓会談急ぐ必要ない」[02/24] | トップページ | 【西日本新聞】姜尚中「日本で嫌韓が進んだのは米国での韓国系米国人や韓国政府の反日活動が大きい。韓国人は日本文化が好き」[02/24] »

2014年2月25日 (火)

【朝鮮日報】日本に何度も裏切られた米国~日本が米国へ原爆投下への謝罪と賠償を求め、第2次太平洋戦争を目論む可能性も[02/23]

【朝鮮日報】日本に何度も裏切られた米国~日本が米国へ原爆投下への謝罪と賠償を求め、第2次太平洋戦争を目論む可能性も[02/23]

1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ [] :2014/02/24(月) 11:29:02.86 ID:???
米日関係は特殊だ。ペリー提督の黒船が江戸末期の1853年に現れてからこれまで、
日本は幾度も米国を裏切ったが、
そんな日本を米国は相変わらず「アジアの戦略パートナー」にしている。

米日の特殊関係の土台を築いた人物は、セオドア・ルーズベルト大統領だった。
アングロ・サクソン優越主義者だったルーズベルト大統領は、
韓国・中国・フィリピンを「未開国家」と見なす一方、
日本については「ロシアの南下を阻止するアジアの優等生」と考えた。

ルーズベルト大統領を「親日派」にした人物は、
ハーバードで共に法学を学んだ金子堅太郎だった。
金子は巧みな話術と洗練されたマナーで「ホワイトハウスの同窓生」を丸め込み、
桂・タフト協定を引き出した。この密約で、日本は韓半島(朝鮮半島)併合の道を切り開き、
その後100年以上にわたり米国の友人となった。

米国は、20世紀初めの日本の工業化も支援した。
1940年に日米通商航海条約が破棄されるまで、米国は日本産の工業製品を大量に輸入する一方、
日本へ石油やスクラップを輸出し、軍需産業の成長を支援した。
6・25戦争(朝鮮戦争)時には兵たん基地の役割を任せ、廃虚と化した島国の経済をよみがえらせた。

19世紀後半以降「恩人」も同然だった米国に対して、日本は太平洋戦争を起こし、
恩をあだで返した。注目すべき点は、米国に対する日本の裏切りは「国益のためならどんなことでもやる」
という日本の権力層の行動特性の延長線上にあるという点だ。日本は真珠湾を攻撃する前、
既に朝鮮の皇后を殺害し、数万人のアジア女性を慰安婦にした上、南京の市民およそ30万人を虐殺し、
生きている人間を動物のように扱って生体実験を行った。

戦後も、日本は米中和解に驚いて、米国よりも先に中国と国交を正常化するという小ざかしさを示し、
2000年代前半に韓国と北朝鮮が接近すると、あれほど嫌悪していた北朝鮮と素早く首脳会談を行った。

最近の安倍政権の行動も、こうした歴史の慣性から大きく外れてはいない。
安倍首相は「侵略の定義は、学界でも国際的にも定まっていない」として、
A級戦犯14人が合祀(ごうし)されている靖国神社を参拝した。

安倍首相の行動は
「日本は戦争で負けたから侵略者とレッテルを貼られただけで、道徳的に非難されるいわれはない」
という認識から出発している。戦争責任や戦犯裁判を否定する考え方だ。それどころか日本は、
むしろ戦争の被害者だと宣伝している。この論理が発展していけば、
日本はいずれ米国に「原爆投下を謝罪し、賠償すべき」と要求するかもしれない。

オバマ政権は「台頭する中国のけん制」という目先の目標に気を取られ、
日本の平和憲法無力化や軍事大国化に隠された「裏切りの種」を見逃しているようだ。
韓中が提起する日本の歴史認識問題は、決して過去のことではなく、未来と直結している-
という点を理解しなかったり、務めて目を背けたりしている。

未来のいつの日か、米国が日本の国益の妨げになっていると感じたとき、
「天皇は神」と学んだ世代は「第2の太平洋戦争」を考えるはずだ。

そんな日が来たら米国人は、2014年初めにソウルを訪れて
トッポッキ(棒状の餅を甘辛く煮込んだおやつ)を食べただけで帰っていった国務長官を恨むことになるだろう。

池海範(チ・へボム)東北アジア研究所長

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/23/2014022300589.html

引用元URL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393208942/

« 【政治】日本人の57%、「譲歩するくらいなら日韓会談急ぐ必要ない」[02/24] | トップページ | 【西日本新聞】姜尚中「日本で嫌韓が進んだのは米国での韓国系米国人や韓国政府の反日活動が大きい。韓国人は日本文化が好き」[02/24] »

電波」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ