« 【韓国/電波】 日本人の遺伝子、安倍のDNA~「2000年前移住した韓国人が現代日本人の先祖」/東亜日報コラム | トップページ | 【東京】日本人「安重根義士は日本政府が言うようなテロリストではない」 安重根没後104年、東京で初の追悼式 »

2014年3月28日 (金)

【韓国/電波】日本全体が嫌韓に流れても、「独島(日本名:竹島)は韓国領」と語る学者やテロリスト」と見なす雰囲気の中でも、安重根を世界的な「義挙の人」として追悼・尊敬する日本人がかなりいる

 先週、日本を代表する歴史学者の和田春樹・東京大学名誉教授は、あるインタビューで「従軍慰安婦問題の本質は、慰安所の中で(女性が)本人の意志に反して強いられたというところにある」として、軍や官が慰安婦を強制連行した根拠はないとする右翼の主張は本質から目を背けたものと、語った。
これまでも、韓国併合条約そのものが無効と幾度も語ってきた和田名誉教授は、窮地に陥った安倍首相が一歩後退して表明した「河野談話の継承」も、韓国の大統領の前で直接語ってこそ意味があると主張している。

 日本には、国全体が嫌韓に流れても「独島(日本名:竹島)は韓国領」と語る学者がいる。
「竹島の日」に反対する団体もある。
安重根(アン・ジュングン)を「テロリスト」と見なす雰囲気の中でも、安重根を世界的な「義挙の人」として追悼・尊敬する日本人はかなりいる。

政治的にデリケートで自らの政治生命を断ちかねない、靖国神社参拝問題や慰安婦問題をめぐっても、
勇敢に意見を表明する政治家がいる。

 こうした人々の発言や態度に接して感じるのは、韓国の知識人の誰かが、あるいは政治家の誰かが、例えば「韓国はいつまで過去史に埋もれていなければならないのか」「慰安婦問題はもうこれくらいにしよう」とメディアで公に主張したら、その人物は果たして韓国で生きていけるだろうか-ということだ。
おそらく、メディアや世論の袋だたきに遭って、韓国社会では葬り去られてしまうだろう。

 5000年もの長い歴史を通して、他国を侵犯したことも、他の民族を虐待したこともない韓国人は、謝罪したり過ちを正したりしたことがない。
しかし韓国人は果たして、そうした問題に道理と分別、歴史意識と民族意識、真実と原則をもって臨むことができるだろうか
-と問われるとためらってしまう。
重要な対外問題・民族問題で、国民の一般的感情に反する意見を表明する勇気ある人物が、どの程度いるだろうか。

 いわゆる「ハム・イクピョン医師事件」でも、そうした空気を目の当たりにした。
ある地上波テレビ放送のバラエティー番組にレギュラー出演していたハム・イクピョン医師は、月刊朝鮮のインタビューで「安哲秀(アン・チョルス)議員」を批判し、「独裁」に言及し、女性の憲法上の権利・義務に抵触した罪(?)で世論の袋だたきに遭い、突然番組を降板した。
一人の専門家が、日常の問題や一般的関心事について率直な意見を述べたのに対し、集団でののしってうっぷんを晴らす韓国社会の「わがまま風土」の中で、ほかならぬ国家的関心事をめぐって世論に反する発言を行い、生き残れる人物が、果たしているだろうか。
厳格・非情な国民的検証システムを経てもいないのに、数回のテレビ出演で人気を得て国の指導者クラスに浮上する韓国政治の現実を批判したハム医師の指摘は、拍手を受けるに値する。

ソース:朝鮮日報日本語版
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00001698-chosun-kr

« 【韓国/電波】 日本人の遺伝子、安倍のDNA~「2000年前移住した韓国人が現代日本人の先祖」/東亜日報コラム | トップページ | 【東京】日本人「安重根義士は日本政府が言うようなテロリストではない」 安重根没後104年、東京で初の追悼式 »

電波」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ