« 【米国】 旭日戦犯旗削除要求に大学「学生に意味知らせ、音声案内流す」と回答→韓人父兄協会、再度削除要請 | トップページ | 【韓国/慰安婦】 韓国で唯一残った日本式寺刹「東国寺」日帝の蛮行暴露する展覧会~慰安婦に支給した軍用小切手など »

2014年4月 2日 (水)

【韓国/慰安婦】 日本の女性はなぜ沈黙しているのか?同じ女性として一言「申し訳ない」と言うべきではないか

315382_745034_4747

http://www.kbmaeil.com/news/photo/201403/315382_745034_4747.jpg
▲イ・ウォンラク、随筆家・慶州チョンハ療養病院院長

60才を超える今日まで生きて、日本帝国主義時代の惨状を感じなかった日は一日たりともない。
日本がしきりに私たちを刺激するからだ。今、この時代を生きる我が国の人々はみな同じ心情だろう。日本に繊細で寛容な隣人としての人情を感じる場面を見たことが一度もない。
国家的に被害にあった私たちの心が狭いからだろうか?
違う。
私たちは何の考えもない。

それでは日本の人々の親切ながらもその裏面に隠れていた傲慢または狡猾のためだろうか?
一度も美しい交流に関する話を聞いたことがない。
数年前に日本で電車から人を救けて死んでいった韓国の青年の話を聞いただけだ。

約15年前に私が所属したクラブと姉妹関係にある日本のクラブ会員が大邱(テグ)を訪問した。
日本語が分かる私が案内し大邱市の歴史を紹介するためトンサン病院内の布教博物館を訪問した。
私たちの歴史には当然日本が登場する。
隣国だから日本と関係ない歴史は不可能だ。
また、日本なら当然、私たち民族を侵犯する歴史につながる。
博物館に展示された写真でも日本人が私たちを困らせる写真が何枚かあった。
彼らはキリスト教信者だったためか、何も言わずに全部を詳しく見た。

倭政時代の一番大きな被害者は慰安婦(comfort girls)ハルモニらだ。
日本政府は慰安婦を否認しているが米軍東南アジア翻訳尋問所(1945.4.28)のプルンダ中佐はミャンマーで逮捕された日本軍を尋問し文書番号OS confidential C.I.D.XL8505報告書を作成した。
そこでは慰安婦当事者の意思に反した強制性の問題があるとあった。
彼らは引きずられて行って青春を踏みにじられ、夫にだけ捧げる純情と未来の希望は集団性暴行にあってちぎれちぎれに裂けた。
そのように加害者の日本軍の子供らである今の日本の政治家は不当な性関係を合理化または全くなかったと全世界に向かって喚いている。

さらにおもしろいのは日本の女性たちだ。
人間は口でご飯を食べたり話をしたりする。
しかし、日本の女性はご飯を食べるだけで慰安婦問題については一言も無い。背を向けてしまうようだ。

慰安婦問題について静かに沈黙するのは夫たちの言葉に従順なためだろうか?
我が国には論介(ノンゲ)という祖国愛にあふれた義妓がいた。
彼女は倭国将軍と踊って抱いて川の水に飛び込んで共に自決した。
それでは彼女は殺人をしたのか?
それとも祖国のため自分の情熱を傾けたのか?

柳寛順(ユ・グァンスン)姉は反日運動をして監獄に閉じ込められ殉教した。
姉は勉強すべきだったのに、なぜ無駄に外に出て反日運動したのか?
違う。
彼女たちの心には民族精神が生きており、それで永遠に私たち民族の姉になった。
慰安婦ハルモニ問題について熱心に声をあげない日本女性たちの貞操観は正常だろうか?
性的集団的悪行を黙認するのも内助か?
自国の数多くの男性が外国の多くの女性を集団性暴行したのを日本女性なら、一言'申し訳ない'と言うべきではないのか?

日本の女性団体はこの問題を最後まで無視するのか、それとも謝罪するのか、その態度を私たちは見守っている。

お隣りに判断力が不足した者が生きていたら非常に気になって不安だろう。
隣国と互いに助けながら良い暮らしをしていく国家はどれほど幸せだろうか!
日本は今、文明・文化が少し先んじたというが、私たちより早く外国の文物を受け入れたからだ。
私たちはまもなく追いつくだろう。

その為に今、私たちは勉強も仕事も熱心にやっている。

ソース:慶北毎日(韓国語)
http://www.kbmaeil.com/news/articleView.html?idxno=315382

« 【米国】 旭日戦犯旗削除要求に大学「学生に意味知らせ、音声案内流す」と回答→韓人父兄協会、再度削除要請 | トップページ | 【韓国/慰安婦】 韓国で唯一残った日本式寺刹「東国寺」日帝の蛮行暴露する展覧会~慰安婦に支給した軍用小切手など »

慰安婦」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ