« 【ポストセブン/朝日】慰安婦火付け役の朝日新聞に質問 歴史的大誤報どう答えたか | トップページ | 【変態新聞/毎日新聞】 韓国伝統舞踊家の住職に“苦情” 遍路道差別貼り紙に同調の電話 »

2014年4月14日 (月)

【韓国./起源】花の戦争...桜の原産地は?

日本の代表的な桜の名所である東京上野公園は桜を見物しようとする日本の人々で賑わっていました。
ところが、我が国の花見とは風景が少し異なります。
日本語で「お花見」を意味する「花見(花见、はなみ)」文化が日本人の長い伝統に据えたように見えました。
桜の下に座って談笑も交わして桜を楽しむ姿が風景と調和しています。
日本人は桜を日本の精神結びつくものもあります。
一方、我が国は、桜の花自体への愛情はありません。
なぜでしょうか。
韓国で桜は日本の花であるという認識のために、日帝強占期以降そっぽを向いていました。
実際、1980年には、日本が日帝強制占領期の昌慶宮に植えられた日本の桜2千本の宮廷の風格に合わないという理由で昌慶宮復元の過程で削除することもしました。
はい、韓国に植えられた桜のほとんどが日本人たちが植えた桜の木なのです。

しかし、桜の原産地を確かめてみれば話が変わります。
韓国の複数の植物学者たちは、過去の日本人が済州島にあるソメイヨシノを日本に持っていったことが、日本桜の始まりであると主張します。

学界ではすでに桜の原産地についての熾烈な攻防が行き来していました。
韓国と日本の植物学者たちが主軸になったし、米国農務も関心を持って桜の起源を研究しています。
取材陣は、日本の桜の植物学者である日本の山林科学院所属カツキトシオ博士に会った。
カツキトシオ博士は、日本の桜の品種は「染井吉野」で済州の王桜とは別の種だと主張します。
日本は「エドヒガン」と「大島桜」を人為的に交配して一番きれいな品種である今の桜「染井吉野」を作ったということです。
カツキトシオ博士は、非常に親切に取材に応じたが重要な質問は賢く避けて行きました。
桜の自生地を問う取材陣の質問に「まだ探している」と遠まわしに答えたりしました。
しかし、韓国の植物学者の立場は異なります。
国立山林科学院所属のキム·チャンス博士は、日本の桜の原産地が済州島だと主張し、次の根拠を提示しました。
最初は、済州島には自生地があるということです。
済州王桜の自生地は、1908年に済州島を訪れたフランス人の神父'タケ’が漢拏山の海抜500〜600mで発見し、学界に報告され、現在の天然記念物に指定され保護されています。
原産地を判断するには、自生かどうかが重要です。
自然に育ったのか、それとも誰かが別の場所から持ってきて植えたかを判断する基準になることがあるからです。
済州島には、200年以上の桜から子供桜まで様々なソメイヨシノ200本余りが生息していることが確認されたのに対し、日本では自生地がまだ発見されずにいます。

だから、実際に日帝強占期の時に出版された文献には、日本の植物学者たちが日本桜の原産地を済州島と明らかにしました。
1939年、朝鮮総督府でも、韓国全域を直接踏査し、研究結果を発表した「朝鮮森林植物編」でも、桜の原産地が済州島と言うなど、このような内容は、多くの日本の文献で見つけることができました。
1989年には、日本の筑波大学で出てきた農林年報には、「明治時代、日本の船乗りたちが桜を済州島から持ってきて、日本人が崇拝した権現という神に献上した」という内容の推測もあります。
また、一部では、百済時代の僧侶たちが日本に仏教文化を伝えながら、桜も日本に渡っていったと推測したりします。
三国遺事に「桜で作った桶」という意味の「エントン(樱桶)」の記録が出て、八万大蔵経の木版も桜だったという事実を考えると無理な推測もありません。

次に、変異の幅も重要です。
済州王桜は、人為的な交配ではなく、野生で数台に渡って繁殖をしてきたので、変化の幅が大きくなります。
親の下に生まれた兄弟たちが顔立ちが多様するようにね。
一方、日本の桜は、変異多様していないだけではなく、一つの桜を作った後、複製したため、顔立ちが全く同じソメイヨシノの変化幅の中に日本の桜の木が含まれるとします。
DNA分析の結果も、このような事実を裏付けています。
1999年の国立山林科学院では、韓国の桜の木が日本で持ってきて植えたかどうかを確認するために遺伝子検査を行いました。
塩基配列解析の過程で、日本の桜が済州島で自生する王桜の日中の可能性が高いという結果が出ました。
済州王桜のDNAと一致するでしょう。

米国でも同様の研究が進められました。
農林部所属の博士たちが、日本と韓国、米国の桜試料82個を採取して遺伝子を分析した結果でも日本桜が韓国済州ソメイヨシノの変異種の一つが明らかになりました。
まさに「Characterization of wild Prunus yedoensis analyzed by inter-simple sequence repeat and chloroplast DNA」というタイトルの論文です。
しかし、この研究には1つの秘密があります。
<<<<論文発表の直前に済州ソメイヨシノと日本桜は、他の種との結論が逆になっと思います。
「韓国に自生しているソメイヨシノは日本からの雑種交配した吉野の桜とは違う。
(P.yedoensis native to Korea can be considered different from yoshino cherry of hybrid origin from Japan)」ですって。
一緒に研究を進めてきた研究者でさえ驚きました。
当時の研究に主導的に参加したチョン·ウンジュ博士は、結論が変わる前の原本を提示して、誤った結論ので、恥ずかしながらこの論文は、日本側の主張を裏付ける根拠として利用されているとしました。>>>>
百科事典ウィキペディアでも、この論文を引用して「日本と韓国の桜は明確に異なる種に分類される。
(Prunus yedoensis concluded that the trees native to these two places can be categorized as distinct species)」という日本側に有利な説明が書かれていて。
チョン博士は、その事実を覆すために研究内容を補足して、新しい論文発表を控えているとします。
日本は今でも桜を外交的手段として活用しています。
中国が友好のシンボルとしてパンダをプレゼントするように、日本は桜をプレゼントしています。
日本が桜と一緒にお花見の文化を伝播し得る付加価値は、膨大です。
一方、ある人は、桜の原産地を調べることが何の意味があるのか​​と反問します。
民族的感情的に触れるすることは望ましくないという意見も多いのが事実です。
しかし、桜を正しく知ることはしっかりと楽しめて、愛情も大きくなります。
そうすれば数年平行線をたどっている韓国と日本の立場の差を縮めることができないでしょうか。
小さな葛藤を一つずつ解決してみると、さらに日韓関係の改善にも役立つだろうという希望を持ってます。

http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2843708(韓国語)

http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2843708

« 【ポストセブン/朝日】慰安婦火付け役の朝日新聞に質問 歴史的大誤報どう答えたか | トップページ | 【変態新聞/毎日新聞】 韓国伝統舞踊家の住職に“苦情” 遍路道差別貼り紙に同調の電話 »

起源主張」カテゴリの記事

韓国」カテゴリの記事

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

無料ブログはココログ